スポンサーリンク

CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello B2>中級③

イタリア語
StockSnap / Pixabay
スポンサーリンク

イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします!

 

この記事では、

「初級レベルのLivello B2

2013年6月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」無料でご提供します!

スポンサーリンク

リスニングテストにチャレンジする前にチェック!4つのポイント

1 これは、2013年6月CILSの模試(レベルB2)のリスニング科目の抜粋です!

Modelli di esame di Italiano CILS Giugno 2013(Livello B2):ASCOLTO

過去問ではなく、模試ですが、過去問と同じように試験対策の学習ができますので、ご安心を!

 

2 CILS Livello B2のリスニング科目は、3つのパートで構成されています!

CILSのAscolto(リスニング科目)は、「Prova n.1」「Prova n.2」「Prova n.3」の3つのパートで構成されています。

この模試では、それぞれ2回ずつ音声が流れます。

 

ちょっと分かりにくいのですが、下記のようになっています♪

 

Prova n.1の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(1回目

Prova n.1の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(2回目

 

解答用紙に回答を書き込む時間が、分間設けられています。

 

Prova n.2の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(1回目

Prova n.2の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(2回目

 

解答用紙に回答を書き込む時間が、分間設けられています。

 

Prova n.3の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(1回目

Prova n.3の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(2回目

3 リスニング科目が始まると、音声アナウンスが流れ、Prova n.1から始まります。

最初に下記のアナウンスが流れます。

Apri quaderno alla pagina della prova di ascolto numero 1.

(試験問題ブックレットを開いて、リスニング科目の「n.1」を開いてください。)

Ascolta i testi.

(試験問題の文を聞いてください)

Sentirai due volte i testi.

(問題文は2回流れます)

 

<アナウンスを理解するのに必要なボキャブラリー>

・apri →「aprire:開く」の命令法現在tuの活用 :開きなさい

・quaderno :ノート、ブックレット、問題用紙

・alla →a【前置詞】+la【定冠詞】

・pagina :ページ

・della →di【前置詞】+la【定冠詞】

・prova di ascolto :リスニングテスト

・ascolta →「ascoltare:聞く」の命令法現在tuの活用 :聞きなさい

・testi →文、文章、問題文

・sentirai →「sentire:聞こえる」の直接法未来tuの活用 :聞こえるでしょう→日本語っぽくすると「問題文が流れます」

4 リスニング科目の問題用紙にはこんな説明文が記載されています!

Ascolta i testi: sono brevi dialoghi o monologhi. Poi completa le frasi. Scegli una delle quattro proposte di completamento. Alla fine del test di ascolto, DEVI SCRIVERE LE RISPOSTE NEL ‘FOGLIO DELLE RISPOSTE’.

(会話または1人が話す、問題文の放送を聞いて、4択から1つを選んで、問題の文を完成させなさい。リスニングテストの最後に、解答用紙に回答を記入しなければなりません。)

 

<説明文を理解するのに必要なボキャブラリー>

・brevi :短い

・dialoghi :会話

・monologhi :1人が話すもの、独り言、独演劇

・completa →「completare:完成させる」の命令法tuの活用

・frasi :文

・scegli →「scegliere:選ぶ」の命令法tuの活用

・una delle quattro :4つの中から1つ

・proposte :選択肢

・testi :文、文章、問題文

・alla fine del  :~の最後に

・devi →「dovere:~しなければならない」の直接法現在tuの活用

・risposte :回答

・nel →in【前置詞】+il【定冠詞】

・foglio delle risposte :解答用紙

 

Ascolta il testo: E’ un’intervista radiofonica. Poi completa le frasi. Scegli una delle quattro proposte di completamento. Alla fine del test di ascolto, DEVI SCRIVERE LE RISPOSTE NEL ‘FOGLIO DELLE RISPOSTE’.

(問題文を聞きなさい。あるラジオ放送のインタビューです。4択から1つを選んで、問題の文を完成させなさい。リスニングテストの最後に、解答用紙に回答を記入しなければなりません。)

<説明文を理解するのに必要なボキャブラリー>

・intervista :インタビュー

・radiofonica :ラジオ放送

 

Ascolta il testo: E’ una trasmissione radiofonica. Poi leggi le informazioni. Scegli le informazioni presenti nel testo. Alla fine del test di ascolto, DEVI SCRIVERE LE RISPOSTE NEL ‘FOGLIO DELLE RISPOSTE’.

 

(問題文を聞きなさい。あるラジオ放送です。問題の選択肢を読んで、聞こえてきた問題文の中に存在した情報のみを選びなさい。リスニングテストの最後に、解答用紙に回答を記入しなければなりません。)

<説明文を理解するのに必要なボキャブラリー>

・trasmissione radiofonica :ラジオ放送

・leggi le informazioni :情報を読みなさい …情報=「問題の選択肢」

・le informazioni presenti nel testo :「testo」=放送された問題文 →聞こえてきた問題文と確実に一致する情報のみを選択する 

※不確かなものや推測した情報、間違った情報は選ばないように気を付けます。

※大抵、選択肢の半分くらいを選択することになります!目安にしてくださいね。

スポンサーリンク

リスニングテストにチャレンジ!問題×音声×解答

問題

Modelli di esame di Italiano CILS Giugno 2013(Livello B2):ASCOLTO

Prova N.1

Apri quaderno alla pagina della prova di ascolto numero 1.

Ascolta i testi :

 

Ascolta i testi: sono brevi dialoghi o monologhi. Poi completa le frasi. Scegli una delle quattro proposte di completamento. Alla fine del test di ascolto, DEVI SCRIVERE LE RISPOSTE NEL ‘FOGLIO DELLE RISPOSTE’.

 

1. A Udine, Claudia vorrebbe trovare

A) un appartamento da dividere.

B) un posto letto in camera doppia.

C) una camera alla residenza universitaria.

D) una pensione economica.

 

2. La studentessa chiede al personale della biblioteca

A) come può ottenere dei volumi in prestito.

B) come deve fare per effettuare delle fotocopie.

C) dove può trovare i materiali per la consultazione.

D) dove deve riporre i libri dopo la consultazione.

 

3. Il ragazzo cerca il professor Chiantini perché

A) deve sostenere un esame.

B) deve consegnargli una tesina.

C) vuole parlare con lui.

D) vuole seguire la sua lezione.

 

4. Enza va in Svezia per

A) seguire un master in Scienze Naturali.

B) lavorare in un progetto di volontariato.

C) svolgere attività di tirocinio in un’azienda.

D) partecipare a un convegno internazionale.

 

5. I Negramaro fanno un concerto a San Siro

A) per presentare il loro ultimo album.

B) per festeggiare un evento culturale cittadino.

C) per celebrare il 10° anno della nascita della band.

D) per raccogliere fondi da donare in beneficenza.

 

6. L’Università degli Studi di Bologna organizza

A) una serie di lezioni per l’esame di certificazione linguistica.

B) alcuni incontri con professori provenienti da atenei internazionali.

C) corsi di lingue straniere online con docenti madrelingua.

D) scambi linguistici tra studenti di diverse nazionalità.

 

7. Il professore di Storia medioevale spiega ai suoi studenti

A) il programma che intende affrontare nell’anno accademico.

B) il modo in cui gli studenti devono scrivere una tesina.

C) l’importanza di avere una bibliografia aggiornata.

D) le modalità con cui prendere appunti durante le lezioni.

Prova N.2

Apri quaderno alla pagina della prova di ascolto numero 2.

Ascolta il testo:

 

Ascolta il testo: E’ un’intervista radiofonica. Poi completa le frasi. Scegli una delle quattro proposte di completamento. Alla fine del test di ascolto, DEVI SCRIVERE LE RISPOSTE NEL ‘FOGLIO DELLE RISPOSTE’.

 

1. Il progetto InnovactionLab ha lo scopo di

A) specializzare i partecipanti in alcuni settori delle discipline economiche.

B) dare strumenti utili ai giovani che vogliono diventare imprenditori.

C) formare giovani che vogliono lavorare negli istituti bancari.

D) preparare i giovani a lavorare nelle Pubbliche Amministrazioni.

 

2. Il progetto InnovactionLab ha avuto origine

A) da un seminario della Facoltà di Economia dell’Università Roma Tre.

B) dall’iniziativa di alcuni imprenditori romani.

C) dall’osservazione dei limiti della formazione universitaria.

D) da una decisione del Consiglio Accademico dell’Università Roma Tre.

 

3. Secondo gli ideatori del progetto InnovactionLab, la formazione dei partecipanti deve favorire

A) la cooperazione e l’apertura ad altre discipline.

B) l’ingresso immediato nel mondo del lavoro.

C) il dialogo con economisti di fama internazionale.

D) il confronto tra le diverse teorie economiche.

 

4. Al progetto InnovactionLab possono partecipare

A) gli studenti del professor Pratesi.

B) gli studenti di tutte le facoltà scientifiche.

C) giovani con un’alta istruzione scolastica.

D) giovani con una minima formazione di base.

 

5. Alla fine del corso i partecipanti dovrebbero avere acquisito

A) contatti per entrare nel mondo del lavoro.

B) informazioni sulle novità in campo industriale.

C) conoscenze sulle teorie economiche più innovative.

D) nuove idee per la costruzione di aziende.

 

6. Il professor Pratesi consiglia ai giovani di

A) frequentare scuole prestigiose a livello internazionale.

B) studiare con il maggior profitto possibile.

C) avere un approccio multidisciplinare nell’affrontare i problemi.

D) accettare proposte di lavoro in qualunque settore professionale.

 

7. Nelle passate edizioni, alcuni partecipanti di InnovactionLab

A) hanno trovato lavoro in aziende all’estero.

B) hanno creato nuove giovani aziende.

C) hanno effettuato stage in molte aziende.

D) hanno trovato finanziamenti per aziende in difficoltà.

Prova N.3

Apri quaderno alla pagina della prova di ascolto numero 3.

Ascolta il testo:

 

Ascolta il testo: E’ una trasmissione radiofonica. Poi leggi le informazioni. Scegli le informazioni presenti nel testo. Alla fine del test di ascolto, DEVI SCRIVERE LE RISPOSTE NEL ‘FOGLIO DELLE RISPOSTE’.

 

1. Il Comune di Milano ospita presso la propria sede il Salone del Risparmio.

2. In base alle preregistrazioni, quest’anno al Salone del Risparmio si prevedono oltre 11.000 visitatori.

3. I visitatori intervengono al Salone del Risparmio perché desiderano acquisire gli strumenti per capire meglio l’attuale crisi economica.

4. Il programma della manifestazione prevede circa trenta ore di conferenze per la formazione nel settore finanziario.

5. Il 17 e il 18 aprile il Salone del Risparmio organizza un corso di prima formazione rivolto ai piccoli risparmiatori.

6. Il 19 aprile il Salone del Risparmio dedica una serie di conferenze agli studenti universitari delle facoltà di economia.

7. Durante la manifestazione i piccoli risparmiatori hanno a disposizione alcuni consulenti finanziari a cui rivolgersi per avere consigli.

8. Quest’anno il Salone del Risparmio ha predisposto al suo interno un’area attrezzata per le famiglie dove far giocare i figli.

9. L’obiettivo principale della manifestazione di quest’anno è quello di aiutare le famiglie a selezionare più consapevolmente i prodotti finanziari.

10. Il 15 e il 16 aprile il Salone del Risparmio organizza una trasmissione televisiva in una piazza di Milano sui temi finanziari.

11. I piccoli risparmiatori intervengono numerosi al Salone del Risparmio per poter accedere a forme di finanziamento vantaggiose.

12. Attraverso i social network il pubblico può seguire in diretta le conferenze del Salone del Risparmio.

13. Al termine della manifestazione i partecipanti che si sono registrati sul sito del Salone del Risparmio vincono l’abbonamento all’edizione digitale di quotidiani.

問題文音声

問題文音声動画は、約30分間7つのパートで構成されています。

問題はProva n.1、n.2、n.3の3つですが、それぞれ2回音声が流れます。【第1~6パート】

最後に解答用紙に記入する時間が設けられています。【第7パート】

【第1パート】00分00秒~

Prova n.1の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(1回目

【第2パート】06分07秒~

Prova n.1の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(2回目

【第3パート】12分11秒~

Prova n.2の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(1回目

【第4パート】16分53秒~

Prova n.2の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(2回目

【第5パート】21分28秒~

Prova n.2の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(1回目

【第6パート】25分12秒~

Prova n.2の問題音声が、最初から最後まで流れて、分間の考える時間が設けられています。(2回目

【第7パート】28分56秒~

解答用紙に回答を書き込む時間が、分間設けられています。

解答

近日アップします!ちょっと待っててくださいね!

 

問題文の音声教材は、

問題を解く以外にも、何度も聴いたり、真似して口にしてみたり、色んな角度での学習にぜひ役立てて下さいね!

CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello B1>中級②
イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします! この記事では、 「初級レベルのLivello B1 2013年12月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」を無料でご提供します! リスニングテストにチャレン...
CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello B1>中級①
イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします! この記事では、 「初級レベルのLivello B1 2013年6月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」を無料でご提供します! リスニングテストにチャレンジ...
CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello A1>初級①
イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします! この記事では、 「初級レベルのLivello A1 2013年6月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」を無料でご提供します! リスニングテストにチャレンジ...
CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello A1>初級②
イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします! この記事では、 「初級レベルのLivello A1 2013年12月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」を無料でご提供します! リスニングテストにチャレン...
CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello A1>初級③
イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします! この記事では、 「初級レベルのLivello A1 2014年6月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」を無料でご提供します! リスニングテストにチャレンジ...
CILS対策!無料の学習教材【リスニング/Ascolto】レベル別<Livello A2>初級④
イタリアから無料のCILS対策学習教材をお届けします! この記事では、 「初級レベルのLivello A2 2014年6月のリスニングテスト対策模試の、音声&問題」を無料でご提供します! リスニングテストにチャレンジ...
CILS対策!無料のレベル別学習教材【リスニング/Ascolto】まとめ
CILSの試験対策用学習教材は、かなり少なく、個人での学習のハードルが高いが悩みですよね。 イタリア語をある程度勉強した方なら、一度はチャレンジしようと考える、 イタリア政府認定のイタリア語検定「CILS」。 CILSの試験は...
一番使えるイタリア語検定「CILS」の過去問と【最新】の無料リスニング問題【Ascolto】の入手方法を徹底解説!
イタリア語をある程度勉強した方なら、一度はチャレンジしようと考える、 イタリア政府認定のイタリア語検定「CILS」。 CILS(チルス)は、 Certificazione di Italiano come Lingua Str...

 

この問題に関して、イタリア語学習全般に関して、CILS受験について、

その他イタリアの生活やイタリア旅行など、

質問やご意見、記事に取り上げてほしいテーマのリクエストなどありましたら、

お気軽にお問合せ下さいね。

 

お問合せ方法は、各記事のコメント欄、本ブログのお問い合わせフォーム、Twitterや質問箱を活用頂いてもOKです!

あなたにとって都合のよいものでご連絡頂ければと思います♪

 

お問合せに対しては、個別にお返事を返すだけでなく、

頂いたご意見やリクエストに応じて、記事を作成することもあります!

せっかく巡り合ったあなたのお役に立てるブログになるために、

何かありましたら、ぜひお気軽にご連絡下さいね♪

【英語でイタリア語】イタリア人が日常会話でよく使うフレーズ25①
イタリア語を勉強しようと思う人って、 「英語が好き」「できれば英語も合わせて勉強したい!」って人が結構いるんですね! 実は、私もそうでした。 しかも、英語の知識を活用してイタリア語を勉強すると、効率が良いのです! なぜなら、...
独学でイタリア語を勉強する!【おすすめ学習方法・コツ・教材・アドバイスまとめ】
イタリア語を勉強したい!と思われた動機は色々あると思います。◆ とにかくイタリアが好き!◆ 料理・芸術・ファッションなどイタリアの文化にハマった!◆ イタリア旅行の計画がある!◆ イタリアに旅行に行って、ちょっと勉強したく...
イタリア語を独学で始める初心者に絶対オススメな1冊の本と勉強法!
イタリア語を独学でゼロから始めたい初心者の方へ、 私がイタリア語を独学でゼロから初めて3ヶ月で実用イタリア語検定3級に受かった時に使った 独学初心者におすすめの本とその本を使った勉強法をご紹介します! Ayettaは最初は...
<独学でイタリア語>「日常会話ができるようになる」を目指すのにオススメの本
イタリア語を独学で勉強するには、第一にインプット。 聞いたり、読んだりしてイタリア語の語彙やフレーズを増やす! そしてアウトプット。書いたり、話したりしてみる。 言葉は所詮ツールなので、使わないと意味がない! ...
英語やイタリア語...外国語をしゃべれるようになりたい!を叶えるための5つのポイント!
英語やイタリア語など、外国語をしゃべれるようになりたい!と思っているけど、 なかなか思うように結果が出せなくて、悩んでいる人は多いですよね。 60代の母が数年前に英会話のレッスンを始めました。 イタリア人と結婚した娘、イタリア...
意思の弱い人の目標の立て方!行動は具体的に!目標は幅を持たせて曖昧に!
明けましておめでとうございます。 2019年、今年も宜しくお願い致します! 意思が弱くても、立てた目標を達成できるようになるために、 知っておくべき大切なことを学んだので、 ★自分の理解を定着させるため ★私と...

教材提供:Esempi prova di esame lingua

スポンサーリンク
イタリア語
スポンサーリンク
Ayettaをフォローする
スポンサーリンク
イタリア家族のブログ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました