3月8日 国際女性デーとは?黄色い花ミモザで祝う理由とイタリア流の過ごし方

3月8日 国際女性デーとは?黄色い花ミモザで祝う理由とイタリア流の過ごし方

3月8日は国際女性デー

イタリアでは女性の日(LA FESTA DELLE DONNE)といって、 70年以上続く特別な日なんです!

国際女性デーのシンボルはミモザの花。 「ミモザの日」とも呼ばれます。 どうしてミモザの花なのか イタリアらしい粋な理由があるんです。

国連が提唱する国際女性デーとはどんな日なのか、 イタリア式女性の日の過ごし方、 シンボルのミモザの花とはどんな花なのか、 国際女性デーにぜひ味わいたい ミモザという名のケーキとカクテルをご紹介します!

 

国際女性デーとは

国際女性デーとは、1975年に国連が制定した記念日です。

 

国際女性デーは、女性が政治や社会に平等に参加できるように呼びかける日として制定されました。

呼びかける日ってどうよ!
具体的に何かをやってくれるわけではないの?
って思ってしまう人もいるかもしれませんね。

男性が女性にプレゼントをあげる日じゃないの?
日本の逆バレンタイン的な?
そんな風に思った人もいるかもしれませんね(笑)

Ayettaはのっぽさんから国際女性デーを教えてもらった時、男性が女性にプレゼントをあげる日だと思って、ラッキー!と思いましたよwww 実際にミモザの花束をプレゼントしてくれたので、何年間かそう信じてました(笑)

実際の国際女性デーは、もっと深い意味がある大切な記念日なんです!

近年は、女性の社会進出が、先進国を中心に増えています。
日本でも阿部政権が、女性の活躍を経済成長の原動力として、全ての女性が輝く社会づくりを推進していますよね。
(推進や政策の中身や効果については色々議論はあると思いますが)

国際女性デーがどうやってできたのか、重要な4つの出来事を説明します!

国際女性デーができたきっかけ

 1904年
   ニューヨークで女性労働者が、女性の政治参加(婦人参政権)を求めてデモを起こしました。

 1910年
   ニューヨークのデモを受けて、ドイツの社会主義者クララ・ツェトキンさんが、コペンハーゲンで行われた国際会議(国際社会主義者会議)で女性の政治的自由と平等のためにたたかう日として、3月8日(ニューヨークでデモが起こった日)を女性が政治や社会に男性と平等に参加できるように呼びかける記念日とするように発表しました。

世界大戦などで女性の日は一時中止されていました。

ところが、戦争中は男性が戦争に駆り出されて、生産現場は人手不足。

危機的な生産現場を救ったのが、女性です! 女性が男性に代わって、工場などの生産現場で働いて、経済を支えました!

こうして女性の社会進出がグッと進みました。

1970年代
   伝統的な女性のポジションは専業主婦だったのが、積極的に社会に出て仕事をすることで、
   女性が社会的自立をはじめ、男社会に対する不満を抱えた女性たちが
   伝統的な偏見や制限から女性を解放しよう!という運動を起こしました。

世界中で女性の活躍が増えてきた反面、男女の社会参加の不平等が問題であるとの声が高まります。

 1975年
   国連は、3月8日国際女性デーと制定し、
   女性の平等な社会参加の機会を整備するように国連加盟国に呼びかけました。  

イタリアの女性の日(LA FESTA DELLE DONNE)

イタリアでは、 LA FESTA DELLE DONNE(ラ・フェスタ・デレ・ドンネ) 女性の日 と言います。

バレンタインが終わると、特にケーキ屋さん(PASTICHERIA)は赤から黄色に変わります。
イタリアでは女性の日を国を挙げて盛大にお祝いします。

イタリアの女性の日の始まりは、第二次世界大戦後の1946年。
女性労働者を中心とした女性連合という組織が、イタリアの女性の日(LA FESTA DELLE DONNE)を提唱しました。

おしゃれなイタリア女性ですから、女性の日の記念日にシンボルの花を決めることにしました。
女性に贈る花として、スミレがいいじゃないか!
という意見も当時は出たそうですが、スミレは高価な花でした。

特に戦争が終わったばかりで貧しい人が多い中、スミレを女性に贈れる男性は限られています。

貧富の差に関係なく、どんな人でも女性への日頃の感謝の気持ちを形にできる、どこにでもある身近な花がいいな、
ということで選ばれたのがミモザでした!

ミモザはイタリアに自生する花で、イタリアでは春の訪れを告げる花です。
春のイタリアでは、日本の桜のようにそこら中でミモザ黄色い花が咲き、甘い優しい香りが広がっています!

ミモザを贈られた女性は、ミモザの花を髪飾りにしたり、胸元に飾ったり、花瓶に挿して食卓や窓際、リビングや寝室に飾ったりします。

イタリアの女性の日、恋人や奥さんだけでなく、
小さな男の子がお母さんに、おばあちゃんにミモザの花束を送ったり*^^* (キュンキュンしますね!)
全ての女性に感謝をして、大切にする日です。

女性は女性であることを幸せに感じ、自分を大切にする日です。

イタリアの女性の日には、男性が家事を全部変わってくれたり、レストランで女性限定メニューが提供されたり、
女性にとっていいこといっぱいです!

基本的にイタリアで食事会などは、夫婦が一緒に参加したり、恋人を連れて参加したり、と男女セットで参加することが一般的です。女子会ってあまりないんです!

女性の日はそこら中のレストランで女子会が行われます!
イタリアの女性の日は、甘い春の香りの黄色いミモザに彩られて、女性であることに幸せを感じるハッピーな日なんです!

ミモザってどんな花?

女性の日のシンボルのミモザは、どんな花か知っていますか?

ミモザは、枝の先にヒヨコの羽毛のような黄色い小さな花が咲き誇る、かわいくて優しい花です。

花が咲くのは3月〜4月。
春のあたたかい優しい日差しの中、小さなポンポンみたいな花が、春風にふわふわ揺れて、心が癒されちゃうお花です。

春色の黄色い花に対して、葉は銀色がかった透き通りそうなグリーンです。優しい色合いの黄色と緑のコントラストは、春を表現するのにぴったりですよね。

ミモザの香り

ミモザの香りは、甘くて優しい香りです。
母性や懐かしさを連想させると言われるミモザの香り、昔から香水の原料にされてきました。
ミモザの香水は、柔らかい女性らしさを表現するのにいいですね!

ミモザの花の楽しみ方

ミモザを花瓶に挿して飾る

ミモザを花瓶に挿して飾る場合は、茎を斜めに切って、水に浸かる分くらいの茎の表皮を剥ぎます。
こうすることでミモザが水をよく吸い上げられるようになり、花もちが良くなりますよ。

ミモザのドライフラワーを作る

ミモザは水落ちしやすく乾燥しやすい花なので、ドライフラワーにするのもオススメです。

ミモザのの茎を紐などで縛って、葉は適度に落としてしまいます。
風通しがいい&直射日光が当たらない場所に、半日〜一日吊るして乾かしておくと、素敵なミモザのドライフラワーが完成します!

 

葉を先に落とすのは、乾燥すると葉がパラパラ落ちやすいからです。先に落としておくと楽ですよ。

女性の日にミモザの花を贈られたら、街でミモザの花を見かけてつい買ってしまったら、お家に飾って可愛いミモザの花を満喫してくださいね。気持ちが優しくなりますよ!

 

ミモザの花言葉

ミモザの花言葉は、

”豊かな感受性” ”真実の愛” ”秘密の恋” ”友情” ”エレガンス(優雅)”

秘密の恋だけ、ムムム…浮気?
なんて思ったりしてしまいましたが、その他の言葉を見ていると、

”友達に恋してしまって、なかなか伝えられずに、何もないかのように普通に過ごしながら、心の中にそっとしまい込んでいる甘ずっぱい恋心”

そんな感じがしますね^^*

国際女性デーに味わいたいミモザのケーキとカクテル

バレンタインが終わると黄色に彩られるチョコレートショップやお菓子屋さん(PASTICERIA)。
それは、女性の日(LA FESTA DELLE DONNE)のシンボル的なケーキ、ミモザケーキ(LA TORTA MIMOSA)があるからなんです!

甘ずっぱいクリームたっぷりのふわふわミモザケーキ

ミモザケーキ(LA TORTA MIMOSA) は、ミモザのような黄色いふわふわのケーキです。

スポンジケーキと黄色いクリームを何層にも重ねてドーム型にしたケーキの土台の表面に、小さく刻んだスポンジケーキがふわふわと飾ってあって、ミモザの花みたいな可愛いケーキです。

黄色いクリームは、カスタードクリーム、ふわふわに泡だてた生クリーム、小さく刻んだパイナップルが混ぜ合わせてある甘ずっぱいクリームです。

ミモザケーキ は、イタリアの女性の日によく贈られるケーキです!

ミモザケーキは、市販のスポンジを購入すればとっても簡単に作れます!
手作りのスポンジ生地は美味しいけど、ちょっと作るの面倒で、Ayettaは買っちゃいます。笑

ネットにレシピもいっぱい出てるし、女性の日に作って召し上がるのもいいですね!

ちなみにAyettaは、女性の日は家事はお休みにしたいので、お気に入りのPASTICERIAのミモザケーキ を、のっぽさんにリクエストしておきます!(笑)

ミモザカクテル

ミモザという名前のカクテルをご存知ですか?

ミモザカクテルは、ミモザの花のように、優しくて甘い香りのする女性らしいカクテルです。

シャンパンにオレンジジュースを加えた、黄色い女子力全開のカクテルです。
アルコール度数は6~8%。女性に優しいですね。

女性の日に女子会をするなら、ミモザカクテルは必須ですよね!
インスタ映えも間違いなし!目にも舌にも美味しいカクテル!とってもオススメです。

 

3月8日は女性の日を楽しもう!

 

フェミニストではありませんが、まだまだ日本もイタリアもどの国も、女性の社会進出を支える環境は伸びしろだらけ!

Ayettaの周りにも家庭と仕事の両立、子育ても追加して、そんな中でも明るく元気に頑張る女性がいっぱいいます!

自身もそんな女性でいたいと思うからこそ、頑張る女性を応援しています!

今の社会を担う私たちが、子供達の世代の女性の自由を左右するんじゃないかしら?!

3月8日は、女性であることを幸せに思って、美味しいものを食べて、たくさん笑って、毎日楽しくハッピーに過ごせることに感謝しながら過ごしたいですね!

いつも頑張っている女性の皆さん、1日だけでも肩の力を抜いて、自分のための時間を作ってみてくださいね。
あなたがいつも笑顔でハッピーでいられますように!

イタリア生活カテゴリの最新記事