Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

女性にオススメ!初めてのローマ観光〜街歩き半日プラン!気分はローマの休日♪

女性にオススメ!初めてのローマ観光〜街歩き半日プラン!気分はローマの休日♪

はじめてのイタリア旅行でローマを選ぶ女性はロマンチストさんかもしれませんね!

ロマンチストな女性向けのローマ観光の楽しみ方を提案します。

映画「ローマの休日」の映画の舞台となった場所はほとんど有名な観光地!

せっかくローマ観光をするなら、旅行でローマを訪れたアン王女になった気分でローマの観光名所を回ってみませんか?

〜ローマの休日をおさらい〜


出典:amazon.co.jp

オードリー・ヘップバーン主演の歴史的名作映画で、ローマを舞台とした王女様と一般人男性のロマンチックなラブストーリー。制作されたのは1953年(65年も前なんですね!)。

ストーリー

ある小さな国の王女アンは、公務でヨーロッパの各国を親善旅行しています。
しかし、多忙な公務に心身ともに疲れ切って、ついには訪問中のローマの宮殿から抜け出してしまいます。

ローマの街を一人で歩き回っているうちに、広場のベンチで寝込んでしまいます。

アン王女が眠っているところへアメリカの新聞記者ジョーが通りかかり、ベンチで眠ってしまっているアン王女を助け起こして、自分のアパートへ連れて帰ります。

助けた時は気づかなかったジョーですが、助けた女性が王女であることに気づくと、スクープ記事をものにするチャンスと考え、アン王女のローマ観光のガイドを引き受けました

一方アン王女は、ジョーがジャーナリストの下心を持っていることには気づかず、床屋で長い髪を短く切ったり、ヴェスパで広場をドライブしたり、一日楽しくローマ観光を楽しみました

ローマでの非日常的な1日を共に楽しく過ごす中で二人の間に恋心が芽生えます。

身分の違う二人の恋は叶わず、恋する女性アンはアン王女に戻ります。

王女に戻ったアンは、記者会見で、このヨーロッパ親善旅行でもっとも印象に残った場所を質問されて、
「もちろんローマです」と答えます。
その質問をしたのは、アメリカ人記者のジョーでした。

目の前にいるのに伝えたい言葉は口にできない、オードリー・ヘプバーンの切ない表情と、ジョー役の俳優グレゴリー・ペックが歩き方や振り返る姿だけで表現する切なさ、ラストシーンは涙が出ちゃいますよね。

 

ローマの休日 [ グレゴリー・ペック ]

ローマの休日なりきり散策ルート

サンタンジェロ城

サンタンジェロ城は、二人が恋に落ちた瞬間のシーンが撮影された場所!

アン王女とジョーは1日ローマ観光を楽しんだ日の夜、遊覧船で二人はダンスを楽しみます。
一方王女が丸一日行方不明、そんな一大事に王室関係者は、秘密裏に追っ手として探偵を雇って王女を探させます。
追っ手がサンタンジェロ城で二人を発見!
アン王女を捕まえようとする追っ手から逃れるために大騒ぎ。
アン王女はギターを振り回して大乱闘。(笑)
ついには追っ手から逃げるために、サンタンジェロ橋から川に飛び込み、危機一髪逃げ切ります!
この瞬間二人の間に恋が芽生えるんです!

サンタンジェロ城は、ローマの五賢帝ハドリアヌス帝が建設した城。
サンタンジェロは大天使という意味です。
ローマで伝染病のペストが大流行した時に、大天使ミカエルが現れて、平和をもたらしたという伝説に由来して、城の頂上に設置された大きな天使の像が特徴的。
サンタンジェロ城に続く橋、サンタンジェロ橋には、10体の大きな天使の彫刻が並んでいて、迫力があります。

オススメポイントは、サンタンジェロ城の屋上からの景色
バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂ドームもローマの街並みも一望できちゃう贅沢なスポットです!

マルグッタ通り

広場のベンチで寝むってしまっていたアン王女を、ジョーが見つけて助けおこしてあげて、眠りこけてどうしようもないアン王女を連れて帰ったのが、”マルグリッタ通り51番”のジョーのアパート

マルグリッタ通りは全長400mほどの短い通り。この小さな通りにセンスの良いショップやレストランが並んでいて、緑も多く、大都市ローマにあるホッとできる穴場ポイント

スペイン広場

スペイン広場の階段でアン王女がジェラートを食べてるシーンが有名ですね!

スペイン広場の中心にはピエトロ・ベルニーニの噴水があり、丘の上の広場に続くスペイン階段で、アン王女になりきってジェラートを楽しんでみるのもいいですね!

スペイン広場の前からは、ローマの中心地ではNo.1ののショッピングエリアが続きます。
ハイブランドショップが並ぶコンドッティ通り(VIA CONDOTTI)、お財布に優しいお店が並んでいるのは、バブイーノ通り(VIA DEL BABUINO)、コルソ通り(VIA DEL CORSO)です。

トレヴィの泉

王宮を抜け出したアン王女が、長い髪を短く切って可愛くイメチェンした床屋さんがある場所が、トレヴィの泉のある広場です!

トレヴィの泉には、コインを投げて願いが叶うおまじないがあります。

トレヴィの泉に背中を向けて、後ろ向きにトレヴィの泉にコインを…
 投げると、再び素敵な街ローマに戻って来られる
 同時に投げると、大切な人と一生一緒にいられる!!(好きな人と一緒になれるっ!とも言います)
 同時に投げると、恋人や結婚相手と別れられるっ!!!

トレヴィの泉のある広場はとっても狭いのに、いつも大勢の観光客で賑わっています。
スペイン階段も記念写真を撮る観光客でいっぱいになることが多いので、スペイン階段で写真を撮りたい場合は、朝の方が空いててオススメ。
午後でも、順番待ちして、観光客同士お互いのツーショットやグループショットを撮り合うのも楽しいですよ!

スペイン広場は地下鉄A線Spagna(スパーニャ)駅から徒歩5分です!

 

コロンナ美術館

お忍びローマ観光を満喫した後、恋するアンは王女アンに戻って記者会見する映画のラストシーン

記者のジョーはアン王女に、ヨーロッパ親善旅行で一番印象に残った場所を尋ねます。
アン王女は「もちろんローマです」と答えた、切ない恋の終わりのシーンです。泣けるっ!

コロンナ美術館は、別名コロンナ宮殿。
実は、土曜日の午前中しか開いてません!(Ayettaは無計画に行って入れなかった…)

記者会見シーンが撮影されたのは、二階の「勝利の柱の部屋」
金色に装飾された柱に、壁に埋め尽くされた絵画、極め付けは圧巻の天井画とシャンデリア!
昔は写真撮影NGだったのがOKになっているようです!

コロンナ美術館でもう一つ面白いのは、ナポレオンがイタリアを攻めた時に打った大砲が、ちょうどこのコロンナ宮殿に飛んできて、宮殿の階段に落ちました。ドーン!と。ナポレオンが打った大砲の弾がそのまま宮殿の階段に残されています(笑)とりあえず写真撮っておきたいですよね。これはw

カンピドリオ広場

アン王女とジョーのローマ散策での名シーンの一つが、アン王女とジョーがヴィスパに二人乗りしているドライブデートシーン

キュンキュンしますよね。*^^*
マルケルス劇場、コロッセオ、カンピドーリオ広場などを気持ちよく駆け抜けていました!

カンピドーリオ広場は、ミケランジェロが設計したおしゃれな広場です。
広場の床には大きな幾何学模様がデザインされています。広場の階段を見上げると両脇に大きな彫刻、カストルとポルックスという双子の神様で、ギリシャ神話の登場人物です。仲良し兄弟だったそうですよ!

フォロ・ロマーノ

アン王女とジョーの運命の出会いの場所が、フォロ・ロマーノ。

王宮を抜け出して、一人で街歩きをして楽しんだアン王女ですが、フォロ・ロマーノのセプティミウス凱旋門そばの石垣の上で眠りこけてしまいます。そんな寝ているアン王女をジョーが見つけるシーンの撮影場所がこちら。

フォロ・ロマーノは古代ローマ遺跡で、市民の広場という意味です。古代ローマ時代には宗教や政治の中心地として栄えた場所です。

広大な遺跡で、普通にざっと見学して1時間くらいかかります。パラティーノの丘まで見るなら2時間は見ておいた方がいいですね!

コロッセオ


出典:https://picjumbo.com

フォロ・ロマーノの石垣の上で眠っていたアン王女をジョーが助け起こした時に、アン王女が自分の家!と言っていたのがコロッセオ笑!寝ぼけすぎっ!

コロッセオは、 アン王女とジョーがヴィスパに乗って、ローマ観光の最初に訪れた場所ですね!
二人の初デートスポット^^*

紀元80年に建てられた古代ローマの闘技場がコロッセオです。
コロッセオが完成した時は、剣闘士と猛獣がバトルする催しが100日間も続いた、と言われています!

外観以外あまり興味のないAyettaと、歴史的な建築物は比較的好きなのっぽさん、二人の場合はコロッセオ観光は30分くらいで終了しても十分満足でしたよ!

真実の口

ローマの休日と言えば絶対外せないのが、真実の口! ローマ観光を一通り終えたアン王女とジョーが訪れた場所ですね。 アン王女を驚かそうとして、ジョーが真実の口に手を入れたら抜けなくなったと大騒ぎ! 純粋なアン王女は大変だと、ジョーを助けようと必死に引っ張る! という名シーンですね。

嘘つきが真実の口に手を入れると手が抜けなくなる、この古い言い伝えが世界中に有名になったのは、ローマの休日がきっかけと言われています。

真実の口の前にはスタッフさんがいて、真実の口に手を入れている写真を撮ってくれます!
いつ行っても割と並んでいますが、回転が早いので、思っているよりもすぐに順番が回ってきます。
陽気なイタリア人のお兄さんかおじさんが写真を撮ってくれるので、イタリア語が分からなくても楽しく笑顔で写真撮影できますよ!

映画の中に入り込んだみたいなローマ散策を楽しもう

映画ローマの休日のアン王女になり切ってのローマ観光いかがでしたか?
せっかくローマに来たら、女子としてはやってみたいですよね。

ローマの休日にはあまり興味がないという人でも、この観光ルートはルート的に効率もいいので、オススメです。 特に映画の名シーンなどで出てきた場所が目の前にあると、その映画に興味がない人でもちょっとテンション上がりますよね。

DVD>「ローマの休日」で英語がどんどん話せるようになるDVDブック (<DVD>)



ローマ観光の前に、ローマの休日を見てみるのはオススメですよ!

映画のワンシーンを真似た写真を撮ったり、ローマ観光楽しんでくださいね!

 

イタリア旅行カテゴリの最新記事