Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

若い男性の急性心筋梗塞とは?頑張りすぎる夫に妻ができる4つのこと

若い男性の急性心筋梗塞とは?頑張りすぎる夫に妻ができる4つのこと

結婚して、一緒に生活するようになると、自分の健康だけでなく、夫や家族の健康も気になりますよね。

2018年3月4日のイタリアで衝撃的なニュースがありました。
イタリアサッカーセリエAのイケメンサッカー選手、ダビデ・アストーリ(Davide Astori)さん(31才)が、急性心筋梗塞で急死しました。彼の死を悼み、今日予定されていたサッカーの試合は全て延期になりました。

ダビデ選手には、奥さんと2週間前に生まれたばかりの子供がいます
子供が生まれたばかりのお父さんの突然死、ダビデ選手の無念はもちろんですが、残されたダビデ選手の奥さんのことを思うと、心が辛くなります。

ヨーロッパでは、若いスポーツ選手の心臓発作による突然死は、時々耳にするニュースです。

実は、20代〜30代の男性の心臓疾患による突然死は、スポーツ選手だけのものではないって知っていましたか?
Ayettaはのっぽさん(旦那)のことが急に心配になりました。

アメリカの医者が、心臓疾患になりやすいタイプを発見しました。
調べてみるとどうやら心臓疾患になりやすいタイプは、”頭のいいデキル人”のようです。

若い男性の急性心筋梗塞とはどんな病気なのか、心臓疾患になりやすい”タイプA”ってどんなタイプか、夫を心臓疾患による突然死から守るために妻ができることを Ayetta調べで解説します!

 

若い男性の急性心筋梗塞ってどんな病気?

若い人の急性心筋梗塞は、スポーツ選手のように過度な運動で身体に負担がかかることが多い人だけのものではありません。一般的には40代から発症率が上がる高齢者の病気と思われがちの心筋梗塞ですが、20代〜30代の若い人(特に男性!)に起こりやすい病気なんです。

心筋梗塞とは、

心臓に栄養を送る血管が詰まり、心臓の筋肉の一部が部分的に死滅する病気

最悪の場合に至る

 

前回の健康診断では何も問題がなかった!という健康な人でも、 急性心筋梗塞を起こすことがあります。心筋梗塞は、元々心臓が悪い人だけではありません。動脈硬化により、冠動脈という血管が詰まることで心筋梗塞は起こります。 血管の壁に悪玉コレステロールの塊ができて、コブができ、そのコブが突然何かの原因で破れ、破れたところを補うために血栓ができます。突然何かの原因でできた血栓が血管に詰まって、急性心筋梗塞は起こるのです。

 

 

旦那は大丈夫?心臓疾患になりやすい”タイプA”

アメリカの医師R.ローゼンマンとN.フリードマンが、冠動脈疾患による心臓疾患を発症しやすい性格があることを発見しました。このタイプのことを”タイプA”と言います。

死蔵疾患を発症しやすい”タイプA”とはこんな人

  • 目的を明確に掲げ、それを達成するために努力を惜しまないタイプ
  • 成功願望や競争心がとても強く、野心的で負けず嫌い
  • 責任感が人一倍強い 出世意欲が強く、ワーカーホリック的な働き方をする
  • 競争意識が激しく野心があり、計画に沿ってバリバリ働く
  • 熱くなってときどき他人と争いになったり、けんか早いところがある
  • いつも忙しく時間的な切迫感やよくイライラしている
  • 他人に対する攻撃性や敵対心が強く、相手が反対したり抵抗するとすぐに怒る
  • 何があっても頑張って”やり遂げなければならない、と頑なに強く思ってる
  • 絶対に”競争に打ち勝って”成功しなければならない、と頑なに強く思っている

こうして見てみると、タイプAは、会社や組織で、優秀とされる”デキル男”に多そうなタイプですよね。
仕事を頑張りすぎる人、出世意欲が強くて仕事が趣味みたいになっている人、責任感が強くて、ノーと言えずに仕事を引き受けてしまう人、野心家で自ら目標を立てて、その達成のためにとことんのめり込んで頑張りすぎてしまう人、
そんな人たちかな、と思います。

このセルフチェックは、多く当てはまればその人は必ずタイプAで心臓疾患になりやすい、というわけではありませんが、当てはまる項目が多ければ多いほど、可能性は高まります。

Aタイプの人は、基本的にいつも時間に追われています。だからイライラしやすく、人に対して攻撃的な面があります。
時間に追われているから、時計を頻繁にチェックする癖があり、物事が計画通りにいかないと怒り出したりします。

”イライラしやすい”&”人に対して敵意を感じやすい”人は、常にストレスを そうでない人より2倍も心疾患になりやすい、ことがわかっています。

タイプAの人はこんな特徴があります
競争心が強い、気持ちの面で余裕がない、時間的に余裕がない、他人と敵対して怒りやすい

いつもストレスを感じやすく、ちょっとした不満や失敗などがあると、あっという間に激怒して興奮します。すると、一気に血圧が上昇して、心臓の血管にも過剰な負担がかかりやすくなる

さらに、負けず嫌いなので、自分の体調が悪いことを認めるのも苦手なので、精神的ストレスを知らず知らずのうちに溜め込んで、気づいた時には心も身体も疲労していることがあるようです。それがつもり積もって、心疾患を発症する、というのがタイプAの人の心疾患を発症するメカニズムです。

 

のっぽさんは、基本的に穏やかで優しい人ですが、目的意識が強い、責任感が強い、(他人との待ち合わせなどの計画がある場合)時間に対して厳格でありたい意識が強い、(人を待たせることが嫌いで、特に自分以外の理由で)約束の時間に遅れそうor遅れる場合はすごくイライラする、こんなところがあります。

さらに、マイペースなAyettaと小さいコロコロちゃんと一緒だと、ときどき人との約束に遅れそうor遅れてしまうことがあるんですが、そんな時は時間に遅れることに対するイライラが見て取れます。
でも、人に対して常に優しくありたいと思っている人なので、Ayettaたちの理由でイライラすることがあっても、他人にはもちろん、遅刻の原因のAyettaたちにも怒りをぶつけることなく、自分の中で消化しようとしちゃいます。
鉄壁のポーカーフェイスでわかりにくいけど、のっぽさんの中に発生したイライラはどうするんだ、と心配になることがあります。

 

夫を心臓疾患による突然死から守るために妻ができる4つのこと

心疾患を発症しやすい”Aタイプ”の特徴を見てきましたが、あなたの旦那さまは大丈夫でしたか?

つまりAタイプの人は、真面目&目的意識が強い性格のため、ストレスをためやすいなんですね。

”Aタイプ”の特徴にドキッとするところがあった奥様必見!

夫のストレス対策として妻ができる4つのこと

  1. ストレス対策に効果が期待できる栄養をできるだけ意識して食事に取り入れる
  2. 睡眠環境を整える
  3. 週末や早く仕事が終わった平日の夜など散歩に連れ出す
  4. 夫婦の会話で工夫する

1 ストレス対策に効果が期待できる栄養をできるだけ意識して食事に取り入れる

ストレスを和らげる食材には、ビタミンC、タンパク質、ビタミンB6、ビタミン12、パントテン酸、カルシウム、マグネシウムがあります。

ビタミンはCは、加熱調理することで失われやすいので、生で食べれる果物で摂るのがおすすめ。キウイ、オレンジ、グレープフルーツ、いちごなどに多く含まれますよ。

良質なタンパク質は、ビタミンB6、ビタミン12、パントテン酸も含むものが多いので合わせて摂ることができます。肉、魚(マグロ、カツオ、トラウトサーモン、サンマ、シシャモなど)卵、納豆などの大豆食品、レバーなどにバランスよく含まれます。

カルシウムは、牛乳、チーズやヨーグルト、ちりめんじゃこ、木綿豆腐、小松菜などに多く含まれます。
マグネシウムは、アーモンド、落花生、大豆、投入、ほうれん草などに多く含まれています。
カルシウム&マグネシウムの摂取には、お味噌汁がおすすめですね。

2 睡眠環境を整える

良質な睡眠はストレスを解消させるのに効果的 寝具はその人にあった、気持ちの良いものを選んで、清潔に保つことが大切です。 鈍い旦那さんだと気づいてくれないかもしれないですが、気づかないくらい自然にさらっとやってのけるのも妻の腕です(笑)

3 週末や早く仕事が終わった平日の夜など散歩に連れ出す

外を歩くと意外と頭がスッキリするものです。 「散歩」を”目的がよくわからないこと”として苦手とする男性も時々いますが、 じゃあコンビニまで付き合ってなど、適当な目的を設定して少し連れ出してみてくださいね。 自分にとってもいい気分転換になりますよ!

4 夫婦の会話で工夫する

会話の最大の目的はイライラ対策です。 このイライラを軽減して、血管への負担を減らしたいから(笑) 会話のポイントは4つ ストレス発散 、ストレスを感じていることを自覚してもらう 、イライラポイントを自覚してもらう 、自分ではしなさそうなすぐできる対策を提案する

イライラ対策1 ストレス発散

自分が心を穏やかに大きな器で、旦那の話を聞いてあげる(聞き手に徹する)  

イライラ対策2 ストレスを感じていることを自覚してもらう

相手の気持ちに寄り添いながら、ストレスを感じていることをやんわり指摘してみる  

イライラ対策3 イライラポイントを自覚してもらう

相手のイライラポイントを聞き取って、相手の話を遮らない相槌としてイライラポイントをさらっと言葉にする

イライラ対策3 自分ではしなさそうなすぐできる対策を提案する

相手が一通り話終わったら、ちょっと一呼吸置いてから、相手がどうしてイライラしているかを自分に置き換えて感想のように言葉にしてみる。

例えばこんな感じです。

↓ ↓ ↓

妻: 仕事いつも大変そうだね。なんかあったの?大丈夫?
夫: 今担当しているプロジェクトが遅れてるんだよ。いつも遅れるんだよね。 

   なんでみんな計画通りに物事を進められないのか意味不明!…
妻:うわぁ。大事な仕事が遅れるのって、責任感の強い〇〇(夫)にとってはかなり辛いね。ストレス溜まってるね。
夫: ストレス溜まるよ!今2週間遅れそうなんだけど、1週間に縮められないか必死でやってるんだ。
妻: 2週間!それは大変だね。どうして遅れちゃったの?
夫: 特に営業が無理なスケジュールををクライアントに約束してくるからだよ!そもそも無理な計画だったんだよね。最初から無理だって俺は言ってたんだよ。
妻: わぁ。。。最初から厳しいスケジュールだったんだね。
夫: そう!しかも、ギリギリのスケジュールなのに、期限守らない奴がいるし!
   このプロジェクトに次の昇進かけてるのに、どうしてくれるんだよ。
妻: えええ。そんな人がいるのかぁ。。。例え部下でも、他人はコントロールできないから、他の人が原因だとどうしようもないよね私だったらそんな時、とりあえずちょっとオフィス抜けて散歩&お茶してくるな。
夫: ダメじゃん!何それ現実逃避?!
妻: そうそう(笑)。とりあえずイライラを自分の中から出さないと、集中できないし、効率悪いじゃん!
夫: おいおい。何も解決してないじゃん。
妻: まずは自分のイライラ解消が最優先だもん。仕事のことはそれから考えるっ!
夫: お前は気楽でいいなぁ。
妻: へへへ。そうかな? これ案外効くんだよ!〇〇も試してみなよー。イライラした時は一瞬サボる!おすすめ!(笑)
夫: はいはい。

こんな会話を1回だけじゃなくて、時々やる
そうすると、毎回同じポイントでイライラしてるとか、イライラポイントが変わったとかイライラ度が上がったor下がったとか小さな変化に気づきます相手もあなたとの会話をとおして、そういったことに気づくようになると、
少しずつでも具体的なイライラ対策ができるようになると思います!

最初は全くスルーだったとしても、何度か繰り返すうちに、あれ?と思ったり、気づいたらイライラが減っていたりします。

 

若い男性の急性心筋梗塞は、日頃から過酷な運動で体を酷使するスポーツ選手だけのものではありません。
自分の旦那さまにも起こりうることです。

国際結婚カップルだと、夫が妻の国=外国で頑張ってる、自分の国妻を海外から呼び寄せた責任があるから頑張りすぎちゃう、そんな風に実は旦那さんがすごく頑張っていることってあったりしますよね。

なかなか表に見えずらくても。 旦那さんの性格がタイプAとは異なるものでも、妻として夫の心&身体の健康に気をつけていきたいものだ、とダビデ選手の急死のニュースから改めて考えさせられました。
Ayettaなりの妻が夫にできること、参考になれば嬉しいです。

ダビデ選手の冥福を心から願うと共に、ご家族の悲しみが少しでも早く癒えることを心からお祈り申し上げます。

 

 

国際結婚カテゴリの最新記事