Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

飛行機、電車、バスなどので騒ぐ子供にイライラした時の解決策!

飛行機、電車、バスなどので騒ぐ子供にイライラした時の解決策!

夏休みになって、小さな子供連れの家族と飛行機や電車バスで一緒になることが増えると、赤ちゃんが大泣きしたり、元気いっぱいの子供が大騒ぎしているのにイライラしてしまうことってありますよね。


出典:zatugaku1128.com

飛行機、電車、バスなどの公共の場で騒ぐ子供にイライラした場合の解決策3種類ご紹介します!

1 即効性のある応急処置「数分で冷静になれるイライラ対策3選

2 効果的な賢い対策「冷静になったところで助けを求める

3 イライラのメカニズムを理解して「公共の場で騒ぐ子供へのイライラの根本的な解決法

1&2の対策で、逃げ場のない公共の場で騒ぐ子供に遭遇した時のイライラを解決することはできます!

3までマスターすれば、冷静沈着でいられるようになります!!

本記事でご紹介するイライラ対策は、「飛行機、電車、バスなどの逃げ場のない公共の場で騒ぐ子供&親にイライラした時」だけでなく、職場や家庭、日常のイライラ対策に使えるので、知っておいて損はないと思います!

それでは、早速みていきましょう!

数分で冷静になれるイライラ対策3選

1 体を動かしてみる

席を立って、トイレなどに向かって歩きましょう

移動中はできるだけ、自分の筋肉の動きに注目してみてください。できるだけゆっくり動いて、手脚の筋肉の動き、関節の動き、床に接触する部分に意識を向けてみてください。

歩き回れるスペースが無ければ、

トイレの近くの少し広くなったスペースで、脚を肩幅に開いて、両手を上に伸ばして伸びをしてみましょう。

次に伸ばした両手をゆっくり下に下ろしていきます。両手を下ろしながら、腕の筋肉の動き、血液の流れ、重力を感じます

下ろした腕を今度はゆっくり伸ばしてみましょう。腕を下ろす時とあげる時では、筋肉の動きはもちろん、血液の流れや重力の感じ方も違います。それらをじっくり感じてみましょう。

イライラが落ち着いて冷静になるのに、そんなに時間はかかりません。

席を立てない場合は、

座った状態で手首や足首を回してみて下さい。意外とガチガチになってて回らなかったりします。

手首や足首を回しながら、血液の流れや筋肉や筋の動きに注意を向けてみて下さい。右と左でも違います。指の腹の力加減は、指ごとにも違っています。ほぐれてくると、動きの速さも心地いいスピードも変わってきます。可動域が大きくなるのを感じても面白いです。

短時間で心もほぐれていることに気づけますよ。

2 ため息や呼吸をしてみる

出典:organicfit.tv

ため息をしてみましょう。

今度はもっと深いため息をしてみましょう。2度目のため息の時は、息を吐く前に息を胸いっぱいに吸い込んだ時に胸が膨らんで、横隔膜が上に上がって、吐いた時に横隔膜が下がったのに気づきましたか?息を吐いた時に両肩と背中の肩甲骨が下がりませんでしたか?

えっ?!気づかなかった!という人はもう一度観察しながらやってみましょう。わかった人は、今度は落ち着いて息を吸って吐いてみて下さい。ため息の時と筋肉の動きや空気の勢い、が変わっています。

次は口を閉じて鼻で息を吸って、口から吐いてみてください。呼吸を続けながら、筋肉の動き(緊張したり緩んだり、体のどこが動いているか、どの筋肉が動いてるかなど)、空気の流れ、床について足の感覚、座っているお尻の感覚、体のバランスを取っているお腹周りの筋肉などもどんな感じか観察してみてください。

ここまでやり遂げるまでもなくイライラしていた感情は落ち着いていると思います。

ゲーム感覚で試してみてください。

体を動かしたり、呼吸をしながら自分を観察する方法は、マインドフルネスの瞑想法の一つです。(手法は色々あるので、正確なお手本通りではなく、マインドフルネス瞑想をしたことがなくて、しかもめちゃめちゃイライラして瞑想どころじゃない時でもできるようにちょっとアレンジしました。)

今この瞬間の自分にのみとことん集中することで、自分のイライラする感情もイライラする感情が湧き起こる原因となった他人の行動(騒ぐ子供、泣く赤ちゃん、子供に対応できてない親など)から切り離すことができます。

マインドフルネスは、イライラなどのストレスからの解放だけでなく、集中力の向上、幸福感の向上、健康維持など多くの嬉しい効果が期待できる、人生を幸せにするテクニックとして注目されています。GoogleやIBMなどアメリカの有名企業などでも瞑想が導入されているのも有名ですね。

マインドフルネスが気になる方は、最初にこの動画を見るといいですよ♪

3 ガムを噛む

出典:studiodentaire.com

ガムを噛むと、不安な気持ちが減る、心の焦りが減る、精神的疲労が少なくなる、ストレスホルモン(コルチゾール)が減る、注意力が向上するという、嬉しい効果が得られます。しかもその効果は、噛み始めた直後くらいから得られるそうです。

なんでガムがストレスに効くのか、その理由については色んな実験でも明確になってないそうですが、オーストラリアのスウィンバーン工科大学東京医科歯科大学など様々な大学の研究結果からちゃんとしたデータもあるんですよ!

ちなみに、ガムは頭が良くなるかも!という効果を証明する研究データもたくさんあるんです!イギリスのカーディフ大学の研究によると、ガムを噛むことで、記憶力がUP!注意力の維持が向上!判断の正確性もUP!したという結果が出ています。

ガムを噛んで、まずはイライラする気持ちを落ち着かせて、良くなった頭で、誰にどう伝えたら、騒がしい子供が大人しくなる、またはこの辛い状況から抜け出して穏やかになることができるか、と冷静に対策を考えるのもいいかもしれません。

冷静になったところで助けを求める


出典:alphanews.live

イライラする感情を落ち着けて、冷静になってから、効果的なベストの対策を考えましょう。

騒ぐ子供やその親に、勇気を持って直接苦情を伝える、またはもう少し静かにするように努力をしてほしいことを伝えるのもいいのですが、それには5つのリスクがあるのでオススメしません。

子供に直接言っても、子供の年齢によっては理解してもらえない可能性がある

責任放棄している怠惰な親や、周りの迷惑の度合いに気づいてない親であれば、伝えることによって、周りに迷惑をしていることに初めて気づいて、改善してくれる可能性もあるが、逆ギレされることもある

その時は理解してもらえて、状況が改善したように見えても後からSNSなどに投稿されて、しかもうっかりその投稿を目にしてしまって、こちらが傷つくことがある

注意している最中や注意した後も、周りの目が気になる

勇気を持って伝えた結果、何も変わらないので、飛行機を降りるまで結局我慢することになることがある

そこでオススメなのは、CAさんに座席を変更を依頼してみることです。CAさんに座席の変更を依頼するメリットは3つです。

空席があれば、座席を変更してもらえて、残りのフライト時間を穏やかに過ごせる

・空席が無くて、変更してもらえない場合でも、CAさんから上手に注意してもらえる

・空席が無くて座席変更が叶わず、CAさんから注意してもらっても、子供が煩いのが落ち着かず、と状況が変わらなかったとしても、少なくとも相談したCAさんには、今の自分の辛い気持ちを理解してもらえる

 

公共の場で騒ぐ子供にイライラしちゃう理由


出典:globalgilson.com

公共の場で騒ぐ子供にイライラしちゃう理由は、ズバリ2つの理由があります。自分のルールを破られたからです。

自分のルールを破られると、恐怖羨ましさを感じて、自分のルールを破る人を排除したくなります。そして、排除できないとイライラしてしまうんです!

 

自分のルールと恐怖

「飛行機、電車、バスなどの公共の場では、静かにすべき」というのは、社会のルールで、常識で、守るのが当然のルールですよね。

私たちは、今この瞬間に至るまでの人生の中で、親のしつけや学校などでの指導チャレンジして失敗もしたりした体験から、自分のルールを作って、そのルールを守りながら生きています

例えば…

子供の頃に親から「バスなどの公共の場では静かにしなさい」と躾られていたのに、

バスの中で兄弟で大はしゃぎして、親から叱られた「怖い体験」をした。

一緒に騒いだ弟が、怒られたことで大泣きしているのを見て、自分も泣きたい「悲しい気持ちになった」

別の時に電車で騒いで、隣の席の知らないおじさんに大きな声で叱られて「恐怖を感じた」。

母親も一緒に大声で叱られて、真っ赤な顔で辛そうにしている母親を見た「ツライ体験」をした。

公共の場ではしゃいで「怖い」体験をすることで、「飛行機や電車、バスなどの公共の場で、騒ぐべきではない」と思うようになります

「公共の場で騒ぐべきではない」が「公共の場では静かにすべき」となる

こうなると、

「公共の場で静かにすべき」を破ることは、「叱られる」「悲しい」「大切な人が泣いてしまう」「大切な人が辛い思いをする」などの恐怖と結びつく行為となります。

そのため、目の前で「飛行機、電車、バスなどの公共の場で静かにすべき」という自分のルールを破る人を見ると、心の深いところで「恐怖」を感じ、排除したい!と感じます。

恐怖を感じて排除したいものがそこにあるのに、排除できないと、当然イライラします

 

羨ましさ


出典:psychologistworld.com

自分のルールを確立して、そのルールを守って生きている真面目な人は、いつも頑張っているし、正しくあるために自分を「こうすべき」という枠の中に無意識に閉じ込めています

ルールを学び出した子供の頃から自分に制限をかけているんですね。例えば、「騒ぎたいけど、騒ぐと怖いこと、悲しいこと、辛いことになるから、静かにすべき」という風に。

ルールの枠から飛び出て好き放題やっている(ように見える)人、つまり自分が自分を抑制しながら守っているルールを破っている人を見ると、自分のできなかったことをしているから「羨ましい」「なんであいつはそんなことができるんだろう?」

イライラする!となるのです。

 

イライラの原因:自分のルールを破られたことによる恐怖と羨ましさ

社会のルールも常識も、それを自分の人生において、自分のルールとして採用し、守ることを決め他のはあなた自身です。それは自分のためであり、より良い社会のためでも、周りの人を含めたみんなができるだけハッピーでいられるように、という配慮でもあるでしょう。

つまり、「飛行機、電車、バスなどの公共の場では静かにする」という自分のルールを、断りもなく破って騒がしくしている子供やその責任者である親に対してイライラするのは、自分のルールを破られたことによって恐怖羨ましさを感じてイライラしているのです。

公共の場で騒ぐ子供へのイライラの根本的な解決法

公共の場で騒ぐ子供にイライラしてしまうのは、自分のルールを破られたことで、恐怖と羨ましさを感じて、自分のルールを破った子供や、その責任者である親にイライラしてしまうと説明しました。

公共の場で騒ぐ子供へのイライラを根本的に解消する方法、つまりイライラしなくなる有効な方法として提案するのは、他人はコントロールできないと納得することです。

 

他人はコントロールできない

相手が小さな子供でも、言葉も社会のルールも理解できるはずの大人であっても、他人をあなたの気持ちの良いように自由にコントロールすることはできません。

自分の子供でさえ、コントロールするなんて不可能です!子供もまた一人の人間ですから。そして子供もまた子供なりの事情があるのです。あなたにあなたの事情があるように。

あなたには飛行機の中で静かにしたい理由があるでしょう。

疲れているから静かにしてほしい。飛行機の中では穏やかに過ごしたい飛行機の中では眠りたいから静かにしてほしい。

あなたにはこんな事情があるかもしれません。


出典:spectrum360.org

飛行機の中では静かにするものでしょう?私は子供の頃から飛行機の中では静かに過ごすように親から躾けられたし、そうしてきたわ!

というのもまたあなたの事情ですよね。

賛同者が多いかどうか、正しいかどうかは、ここではポイントではないですよ。

一方、騒いでしまう子供にもまた事情があって、騒ぎたい理由があるのです。


出典:funcheaporfree.com

初めての飛行機で大興奮!慣れない場所で落ち着かない

コントロールできない衝動が内から湧き上がってくる。

旅行が嬉しくて嬉しくてたまらない!

特に感情をコントロールする能力が未発達の小さな子供の場合は、”飛行機に乗ってる!というだけのこと”でも、その興奮は、例えば世界の中心で「僕は今、すごく幸せだー!!!!」と叫びたいくらいかもしれません。同じ感情でも、その気持ちの大きさや興奮度は、人によって違います。大人でも「やった!」とつい叫んでしまいたくなったり、人前で溢れる涙が止まらないほど心が揺さぶられることがありますよね。


出典:girlsallaround.com

自分をコントロールすることさえ、大人でもなかなか難しいものです。それが他人を自分の思い通りにコントロールするとなると、メンタリストやマジシャン、詐欺師のようなよほどのテクニックを学び、訓練した人じゃないと難しいでしょう。

私たちのように普通の人は、他人をコントロールすることは不可能だと思った方が、精神衛生上健やかに過ごせます。自分自身のために、他人をコントロールすることは不可能と考えた方がいいです。

 


出典:http:kokoo.jp

他人をコントロールできないと納得することの他にも、「自己意識を変える」「起こりうる怖いことを受け入れる」「頑張らない&我慢しない」「イライラを否定しない」などの、心理的アプローチによる具体的な対策をわかりやすく説明されているサイトがこちにあります。

詳しく知りたい方はぜひ見てみてくださいね。

イライラしてしまうのはしょうがない。できる対策を取ろう!

飛行機、電車、バスなどの公共の場で、自分は静かに過ごしたい中、騒ぐ子供や泣き叫ぶ赤ちゃん、そんな子供を宥めることができない親に出会うと、イライラしてしまうのはしょうがないです。

なぜならあなたの平和が脅かされているのだから!

ところが、あなたの世界にあなたの価値観やルールをベースにした平和やあるべき姿があるように、その瞬間の子供や親にもまた彼らなりの事情があります

あなたが騒ぐ子供や赤ちゃんの泣き声に我慢がならないように、彼らにも自分でどうにもコントロールしきれない何かがあるのかもしれません。(もちろん注意して直せる場合もあると思います。瞬間的に、その場だけでも恐怖で押さえつけることもできるかもしれませんね)

結局のところ、あなた自身以外の他人をあなたの気持ちの良いようにコントロールすることは不可能です。

それよりあなたのエネルギーは、あなたのためにあなたをコントロールすることに使ってみてください。そのためにCAさんなど周りの人やサービスを活用するのも良い手です。

まずは、あなたのイライラする気持ちを少し落ち着かせてから、冷静に効果的な対応をしましょう。

どうぞ良い旅をお過ごしください!

ライフスタイルカテゴリの最新記事