<独学でイタリア語>応用編 #1「これは〜です」イタリア語テキスト1冊徹底活用法!

<独学でイタリア語>応用編 #1「これは〜です」イタリア語テキスト1冊徹底活用法!

使うことを前提としてイタリア語を学習するなら、フレーズ学習がおすすめ!

フレーズ学習で、おすすめの1冊を徹底活用したイタリア語学習企画!

この1冊でどのくらい話せるようになるか?!

使えるイタリア語を楽しく学びたいのために、

テキスト1冊を徹底的に活用する方法を、

応用範囲の可能性やイタリア雑学を織り交ぜて、ご紹介します。

 

たったの72パターンでこんなに話せるイタリア語会話

Ayettaがイタリア語のフレーズ学習でおすすめする一冊は

「たったの72パターンでこんなに話せるイタリア語会話」です。

 

この企画は、こちらのテキストをベースに行います。

今日の基本フレーズ

Questo è il mio indirizzo.(クエスト エ イル ミオ インディリッツォ)

これが私の住所だよ。

Questo è il mio indirizzo.(クエスト エ イル ミオ インディリッツォ)というフレーズで覚えるのは、

Questo è 〜(クエスト エ 〜) これは〜です。 という意味です。

Questo è 〜(クエスト エ 〜):これは〜です。

基本のパターンで言ってみよう。


出典:medicitalia.it

テキストでは、基本パターンを使った5つのフレーズが紹介されています。

Questo è carino! :これかわいいね!

Questo è la mia camera. :ここが私の部屋だよ。

Questa è la famosa pizzeria. :ここは有名なピザの店です。

Questo è il mio numero di telefono.:これが私の電話番号だよ。

Questo panino è buono.:このパニーノは美味しいね。

今日の基本フレーズの文法ポイント

Questo + è + 名詞・形容詞(単数)

Questo(クエスト)は、「これ」という意味の指示代名詞

è (エ)は、「〜です」という表現。英語でいうところの be動詞。動詞です。

チャレンジ!応用編

初回なのに2つのチャレンジを提供します!

その日の基本の学習まで終わって、ムリムリ!頭がいっぱいだよ!となった場合は、そこでストップ。覚えたところまでを復習して終わりにしましょう。

ちょっと物足りないくらいなら、基本編の学習までその日の学習は終了し、翌日以降、チャレンジしたい!という気持ちが強ければ、チャレンジしてみて下さい!

基本編の学習だけでは全然足らない!もっとよこせ〜!という方は、衝動に従って応用編にチャレンジしてみて下さいね!

では、応用編を始めましょう!

チャレンジ1 否定形(これは〜じゃないよ)

Questo + non+è + 名詞・形容詞(単数)

否定形の作り方は超簡単です!基本の形に「non(ノン)」をつけるだけです。

「non」を付ける場所は、Questoとèの間

 

チャレンジフレーズ①

Questo non è il mio libro.(クエスト ノ ネ イル ミオ リーブロ)

これは私の本じゃないよ。

この簡単さは日本語に似てますよね。

この本は私の本だよ。を否定形にしてみましょう。

この本は私の本…じゃないよ。

日本語は、最後まで聞かないと否定するのか分からないので、変なところで溜められると、ちがうんかいっ!とツッコミたくなりますね(笑)

イタリア語は、「Questo:これ」「non è:じゃないよ」「il mio libro:僕の本」と言う順番が基本の形ですね。

チャレンジ2 疑問形(これは〜なの?)

Questo + è + 名詞・形容詞(単数)?

疑問形の作り方は、否定形よりもっと簡単!!!

基本の形の後ろに”?”を付けるだけ。会話では、語尾を上げるだけ。

 

チャレンジフレーズ②

Questo è il mio libro?(クエスト ノ ネ イル ミオ リーブロ)

これは私の本?

テキストでは、疑問文らしく「il tuo libro:あなたの本」になってますが、これって私の?と聞くことももちろんできます。

 

聞かれたら、答えたいですか?

答え方は、英語にそっくりです。

イタリア語のYesは、Sì(シー)Noはイタリア語でもNo(ノー)です。

 

基本に従って、正しく答えるなら、こうなります。

<質問>

Questo è il tuo libro? (クエスト エ イル トゥオ リーブロ?):これはあなたの本ですか?

<回答>

Sì, lo è.(シー、 ロ エ):はい、そうです。

No, non lo è.(ノー、 ノン ロ エ):いいえ、違います。

lo(ロ)は、「そのこと」とか「それ」という代名詞です。

日本語で「これはあなたの本ですか?」と聞かれた時に、「はい、これは私の本です」と答えるのはちょっとくどいですよね。「はい、そうです」と省略します。

イタリア語では、質問で出てきた名詞を省略せずに、短い代名詞に置き換えます。繰り返すとくどいので。

 

質問に回答する場合のèも、基本の形と同じで、「〜です」「〜だよ」と覚えておきましょう。

チャレンジ!応用パターンで言ってみよう!


出典:medicitalia.it

テキストでは、応用パターンを使った5つのフレーズが紹介されています。

Questo non è buono! : これはおいしくないよ。

Questo film non è interessante. :この映画はおもしろくない。

Questa non è la mia roba. :これは私のものではありません。

Questa è la tua macchina?.:これはあなたの車ですか。

Quello è mio fratello.:あれは私の兄です。

Questo non è buono! : これはおいしくないよ。


出典:storyjumper.com

とても残念ですね。大抵、何を食べても美味しいイタリアですが、お口に合わないものに出会った時には、チャンス!と思って使ってください。

Questo film non è interessante. :この映画はおもしろくない。

イタリア映画は、日本でもマニアなファンがいて、クオリティが高いです。

独特の雰囲気の味わいや、文化や社会背景が分からないと理解できないユーモアなどもあります。

有名どころは、アカデミー賞を受賞、カンヌ映画祭でもグランプリに輝いた、La vita è bella(ラ ヴィタ エ ベッラ)、邦題はライフ・イズ・ビューティフル

by カエレバ

日本でも人気の高いエンニオ・モリコーネの音楽と共に有名な、Nuovo Cinema Paradiso(ヌオーヴォ・チネマ・パラディーゾ)邦題はニュー・シネマ・パラダイスも有名です。

by カエレバ
by カエレバ

生きたイタリア語会話を聞けるし、イタリアの文化や社会、価値観を理解する良い学習ツールでもあります。興味を持って1作品見てみて下さいね。

 

Questa non è la mia roba. :これは私のものではありません。

ホテルや空港、バスなど、預けた荷物を間違って渡された時などに使えます!

roba(ローバ)は、borsa(ボルサ):カバン、zaino(ザイーノ):リュックサック、borsetta(ボルセッタ):小さいカバン、valigia(ヴァリージア):スーツケースなどどれにも使えるので、とっさに単語が出てこない時に便利な言葉ですね。

 

Questa è la tua macchina?:これはあなたの車ですか。

イタリア旅行、レンタカーで郊外に出かけるのはとってもオススメです!日本で簡単にできる国際免許を持っていれば、イタリアでも運転できますよ!

日本と違うのは、イタリアは、右ハンドル、右側通行です。日本で運転に慣れている人なら、最短20分くらいで、右ハンドル&右側通行にも慣れちゃうようです。

イタリアで運転歴10年以上のイタリア人ののっぽさんが、国際免許で日本で運転した時は、ドキドキしたのは最初の30分だそうです。

日本のサービス業は親切丁寧!セルフのガソリンスタンドでも、日本の機械は、言葉の問題以上に、ユーザーに優しい!と思います。イタリアでドライブする前に、イタリアのガソリンスタンドで給油する方法はチェックしておくと安心ですよ!

Quello è mio fratello.:あれは私の兄です。

「Questo(クエスト):これ」を使いこなせるようになると、ちょっと遠くのものを指す代名詞「Quello(クエッロ):あれ」も使えます!

 

「Quello(クエッロ):あれ」使い方は、Questoの場所にQuelloを当てはめるだけです。とっても簡単!

 

Quello è carino! :これかわいいね!

Quella è la mia casa. :ここが私の部屋だよ。

Quella è la famosa pizzeria. :ここは有名なピザの店です。

 

こんな感じで色々文を作って、口にしてみて下さいね。

「Questo è 〜:これは〜です」基本の応用編まとめ

Questo + è + 名詞・形容詞(単数)

Questo è la prima lezione.(クエスタ エ ラ プリマ レツィオーネ):これは最初のレッスンです。

「イタリア語で日常会話ができるようになる」を目指したフレーズ学習、最初のレッスンはいかがでしたか?

 

今回紹介したフレーズは13個。

基本のフレーズはつ、応用フレーズはつでした。

<基本フレーズ>

Questo è il mio indirizzo.(クエスト エ イル ミオ インディリッツォ):これが私の住所だよ。

Questo è carino! :これかわいいね!

Questo è la mia camera. :ここが私の部屋だよ。

Questa è la famosa pizzeria. :ここは有名なピザの店です。

Questo è il mio numero di telefono.:これが私の電話番号だよ。

Questo panino è buono.:このパニーノは美味しいね。

<応用フレーズ>

Questo non è il mio libro.(クエスト ノ ネ イル ミオ リーブロ):これは私の本じゃないよ。

Questo è il mio libro?(クエスト ノ ネ イル ミオ リーブロ):これは私の本?

Questo non è buono! : これはおいしくないよ。

Questo film non è interessante. :この映画はおもしろくない。

Questa non è la mia roba. :これは私のものではありません。

Questa è la tua macchina?:これはあなたの車ですか。

Quello è mio fratello.:あれは私の兄です。

13個全てのフレーズを覚える必要はありません。この中から好きなものを選んで、まずは1つ覚えましょう。

基本パターンをマスターすれば、13個フレーズを丸暗記する必要なく、単語を入れ替えるだけで、13パターン、それ以上のフレーズをサラリと言えるようになりますよ!

これがフレーズ学習のいいところ!

72パターン使ってどのくらい会話ができるようになるか、一緒にチャレンジしてみましょう!

 

フレーズ学習では、「Questo è 〜:これは〜です」を1フレーズで覚えて、「〜(名詞・形容詞)」を入れ替える練習だけできればOKです。

フレーズ学習では、文法はサラリと流すくらいでもいいです。大切なのは、覚えたいと思ったフレーズを、どんなシチュエーションで使うかイメージしながら、何度も自分で口にしてみることです。実際に声を出して練習する方が効果的です。

応用はあくまでも基本を固めた上で行うチャレンジです。まずは、基本をマスターすることを重視して下さいね。

<独学でイタリア語>「これは〜です」テキスト1冊徹底活用法!#1 は以上です。

次回は『<独学でイタリア語>「私は〜です」テキスト1冊徹底活用法!#2』の予定です。

次回も頑張っていきましょう♪

シリーズ『<独学でイタリア語>「これは〜です」テキスト1冊徹底活用法!』全部で72回を予定しています。

このシリーズでは、『<独学でイタリア語>「日常会話ができるようになる」を目指すのにオススメの本』で紹介しているテキスト「たったの72パターンでこんなに話せるイタリア語会話」をベースにしています。テキストについて詳しくはこちらをどうぞ。

イタリア語カテゴリの最新記事