Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子供の薬メモ【ひどい外傷・火傷】「Connettivina Plus 2mg/g + 10mg/g Crema」~イタリア生活記

子供の薬メモ【ひどい外傷・火傷】「Connettivina Plus 2mg/g + 10mg/g Crema」~イタリア生活記

子供の薬の整理&備忘録として、ここに記します。

この記事は、イタリアで子育て中の日本人ママが、主に自分の備忘録として、また、同じようにイタリアで子育て中の日本人ママが同じように溜まった薬の整理したい時のために参考になれば、と思って書いたものです。

専門家による薬の具体的な指導などを記載したものではありませんので、悪しからず。

 

出典:shop-farmacia.it

今回の薬は、CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema。

ひどい外傷や火傷の治療に使う殺菌&保湿クリームです。

 

なぜCONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Cremaを使うことになったの?

steinchen / Pixabay

当時娘は、1歳半でした。

爪を切るのが大嫌いな娘に対して、親が娘のかんしゃくに負けて、明日切ろうを繰り返してしまいました。

 

ついに!かんしゃくを起こしたある日、

伸びた自分の爪で、頬をザクっと切ってしまいました。

それはそれはザックリと…。

小さな子供の爪でここまでザックリいくのか。。。と驚いたほどに。

 

慌てて病院(Pediatra:かかりつけの小児科医)へと思ったものの、その日はお休み。

 

イタリア人義父母の勧めで、街の薬局(Farmacia)に連れて行ってみせたところ、

薬剤師さんが処方してくれたのが、この薬「CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema」でした。

 

出典:shop-farmacia.it

なかなか寝てくれない娘なので、せっかく寝た時は「起こしたくない」と、寝ているときに爪を切らず、

爪を切るのは、娘が起きていて、穏やかな時にしていたのが完全に間違いでした。

そんなチャンスは少なすぎるし、

忍耐力の無い1歳児、10本全部の指の爪を1回で切らせてくれるわけもなく…

切り残していた数本のうちの1本で、この事件は起きました。

 

完全に親の責任問題!

猛反省して、今では、毎週末の昼寝でも夜でも朝でも、寝ている時には必ず爪チェック&切るをしています。

1歳頃までは3日に1回くらい切らないといけないくらい、爪もすくすく伸びるので、週一じゃ足りませんが、2歳くらいから週一くらいで良い感じです。

 

まぁ、この事件以降、娘が寝てるのを見ると、爪をチェックしてしまう癖ができましたが…(笑)

CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema 基本情報

出典:shop-farmacia.it

CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema 

Fidia farmaceuticiというイタリア(ボローニャ)の製薬会社の塗り薬です。

 

有効成分は、ヒアルロン酸ナトリウム塩 と スルファジアジン銀

ヒアルロン酸ナトリウム塩は、強力な保湿成分

スルファジアジン銀は、殺菌成分

 

つまり、傷口の殺菌を行い、強力な保湿成分で、皮膚の自己治癒力を高めることで、治療しよう!という薬のようです。

 

イタリアの薬局では、医者の処方箋が無くても購入できます。

娘に使用した感想とその後

StockSnap / Pixabay

実際、思いっきり切った娘の頬の傷は、この薬で1週間ちょっとで治りました

 

ただし…

傷痕がうっすら残ってしまいました(泣)

 

傷痕ケアとして、できることは3つ。

・保湿クリームやオイルを毎日塗ること

・日焼けしないように日焼け止めクリームでガードすること

・夏場や日差しの強い場所では帽子などで日よけすること

 

つまり、傷は薬でサクッと治ったけど、傷痕は、毎日の地道なケアでゆっくり治していくしかないそうです。。。

 

さすがに傷の治りの早い子供でも、この傷痕ケアにはかなりの時間がかかるようで、

このケアを続けていますが、10か月くらい経つ今でも、よぉーく見るとうっすら傷跡が残っています。。。

女の子なのに。。。(´;ω;`)

 

保湿は、多くの皮膚科医も勧める、Cetaphil Crema Idratante(セタフィルクリームモイスチャライジング)を使っています。

 

元々色んなオーガニック商品を使ったりしてましたが、Influenza intestinale(腸にくるインフルエンザ)にかかって、抗生物質を投与されてから、皮膚のアレルギーが発症。

もともと肌はデリケートと思ってましたが、完全に「デリケート肌/敏感肌」と診断されて、

それ以降、ボディーシャンプー、保湿クリーム、クレンジングクリームは、お医者さん指定の敏感肌用の製品に一斉切り替えとなりました。

これ以降、保湿クリームは、セタフィルクリームか、ワセリンです。

 

CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema 使用の注意事項

mohamed_hassan / Pixabay

CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema は、軽い外傷や軽いやけどへの使用は禁止です。

 

強い薬だからです。

 

また、新生児や、低出生体重児への使用は、禁止されています。

その他、「サルファ剤に対し過敏症の既往歴のある患者」への使用も禁止されていると書かれています。

 

まとめ

nastya_gepp / Pixabay

「CONNETTIVINA PLUS 2mg/g + 10mg/g Crema」は、

ひどい外傷やひどい火傷などにのみ使用する、殺菌&保湿の治療クリームです。

 

出典:shop-farmacia.it

軽い外傷や軽いやけど程度で使うような薬ではないので、

1回買ったら、それ以降使わず捨てることになることがほとんどではないかと思います。

薬箱整理の際に、あぁもうずっと前のあれか!となったら、処分しちゃっていいと思います。

 

とってもやんちゃで、なかなかレベルの高い外傷や火傷が絶えない。。。というお子様をお持ちの場合は、保管されていてもいいと思いますが、強い薬なので、よっぽどじゃない限り使わない方がいいと思います。

使用前には、かかりつけの医師か、優秀な薬剤師さんに相談の上、使われることをお勧めします。

 

以上、イタリア子育て、子供の薬メモでした。

 

 

参考

Connettivina plus – Foglio Illustrativo(イタリア語)

ゲーベンクリーム1%(日局 スルファジアジン銀 10mg)

ヒアルロン酸Naとは

イタリア生活カテゴリの最新記事