2018年のサマータイムが始まった!サマータイムとは?家の時計を変えるタイミングは?日本との時差はどうなるの?

2018年のサマータイムが始まった!サマータイムとは?家の時計を変えるタイミングは?日本との時差はどうなるの?

3月25日、今日からイタリアはサマータイムになりました!

昨夜は睡眠時間が1時間短くなったので、ちょっと眠たいです。。。

「サマータイムって何?」

「お家の時計の時間はいつ帰るの?」

「サマータイムで日本との時差はどうなるの?」

Ayetta
よくを聞かれるので、ヨーロッパのサマータイムについてご説明します♪

 

サマータイムとは

サマータイムは日本語でいうと「夏時間」。3月の最終日曜日の午前2時〜10月の最終日曜日の午後3時まで。

日の出の時間が早くなる3月〜11月の時期に、太陽の出ている時間を有効活用するために、時計の時間を1時間早めたのがサマータイムです。

のっぽさん
なぜ日の出の時間が早くなるのかというと、地球の地軸が垂直ではなく、24.3度傾いているから

Ayetta
・・・。

のっぽさん
地軸が24.3度傾いているということは、北半球と南半球で日が当たっている面積が違うよね。例えばこの絵なら、北半球は昼間の面積が広い、南半球は夜の面積が広くなってる。昼の面積が広いということは、日照時間が長くなる、つまりお日様の光が当たり始める時間が早くなる=日の出の時間が早くなる!ということです。

地球は公転(太陽の周りをぐるっと回っている)ので、場所によって太陽に対する傾きが変わるから、北半球が冬に(夜の面積が広く)なったり、南半球が夏に(昼の面積が広く)なったりするんだよ!

Ayetta
なるほど。

以上、のっぽさんの”わかりやすい?”理科の講義「どうして季節によって日照時間が変化するの?」でした♪

ちなみにヨーロッパは、ざっくり3つの時間帯があります。中央ヨーロッパ時間、西ヨーロッパ時間、東ヨーロッパ時間の3つ。

中央ヨーロッパ時間の国は、私たちの住むイタリア、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、スペインなど。日本との時差はマイナス8時間。(日本が朝9時の時、中央ヨーロッパ時間は午前1時)

西ヨーロッパ時間は、イギリス、アイルランド、アイスランド、ポルトガル、カナリア諸島など。日本との時差はマイナス9時間。(日本が朝時の9時、西ヨーロッパ時間は午前0時)

東ヨーロッパ時間は、東ヨーロッパの国々、フィンランド、ギリシャなど。日本との時差はマイナス7時間。(日本が朝9時の時、東ヨーロッパ時間は午前2時)

サマータイムはそれぞれ1時間早まります。

家の時計の時間はいつ変える?

正式には3月最終日曜日午前2時に、時計の時間を1時間進めて、午前3時に変えます

2018年は3月25日(日)です。

でもそんな時間大抵の人は寝てるので、家の時計は、寝る前に変えるか、朝起きて変えるかのどちらかです。携帯を持つのが当たり前になった今日では、昔に比べて家の中の時計の数は減っていますが、一人暮らしと違って家族で生活しているとなんだかんだで何個か時計があるので、一応家中の時計をチェックして変更します。

この日は睡眠時間がいつもより1時間短くなります。毎日8時間寝るとします。11時に就寝して7時に起きる人なら、夜中に1時間進んでいるので、いつも通り7時に起きても実はまだ6時なので、7時間しか寝てないことになります。なので、この日はちょっと眠い。。。

2018年の我が家は朝起きて、家中の時計を変更しました。携帯などは自動的に変更されるので楽チンですが、時々うっかり変え忘れた時計は、タイミングを逃して冬時間のまま、気づけば夏なんてことも割とあります。特にちょっと古い車の時計とか!

 

サマータイムで日本との時差はどうなる?

日本とイタリアの時差は、マイナス8時間。日本が朝8時の時、イタリアは午前0時です。

サマータイムでイタリアは1時間進むので、サマータイムの期間中の日本とイタリアの時差はマイナス7時間。日本が朝8時の時、イタリアは午前1時です。

サマータイムになってすぐの頃などは、日本の家族とSkypeの約束をしていたりすると、間違いやすいので注意が必要です。

イタリアで生活する分には、特に大きな変化はありません。サマータイムへの変更って社会が一気に1時間進むってすごいことのようですが、実際はサラリと過ぎます。サマータイムに馴染みのない日本人からすると何か不思議な感じがしますね。

ちなみに、サマータイム以上に日本人のAyettaにとって不思議なのは、春夏の日照時間の長さです。5月になれば9時頃まで明るいので、なんか騙されたような気分です。夏は10時頃まで薄明るいこともあり、北ヨーロッパの方の白夜ほどではありませんが、不思議です。

Ayetta
以上、ヨーロッパ(イタリア)のサマータイムについてでした。

 

 

 

イタリア生活カテゴリの最新記事