Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イタリアのバールやカフェでトイレに行く方法

イタリアのバールやカフェでトイレに行く方法

イタリア旅行中、街中で、トイレに行きたくなった時に駆け込むのに適した場所は、バールカフェです!

特にバールは、イタリアでは街中に沢山あるので、近くに1件バールを見つけるのにそんなに苦労することもないでしょう。

 

出典:it.aliexpress.com

観光中にバールやカフェのトイレを利用するシーンは、2種類が想定されます。

シーン1 コーヒーなどを飲んで休憩したカフェやバールを出発する前にトイレに行く

シーン2 街中でトイレに行きたくなって、バールやカフェに駆け込む

この記事では、このシーン別のバールやカフェのトイレの利用方法を解説します!

バールやカフェのトイレを利用する方法

【シーン1】コーヒーなどを飲んで休憩したカフェやバールを出発する前にトイレに行く

トイレの場所が分かれば、勝手にトイレに行って用を足してOKです。

トイレの場所が分からない時は、ウエイターを呼び止めて聞いてOKです。

Dove è il bagno?(ドヴェ エ イル バーニョ?)

お手洗いはどこですか?

支払いの時に、「お手洗いをお借りできますか?」と丁寧に尋ねるのもOKです。

Posso andare in bagno?(ポッソ アンダーレ イン バーニョ?)

お手洗いをお借りできますか?

直訳では、トイレに行っていいですか?となりますが、つまりは日本語で言う「お手洗いをお借りできますか?」くらいの丁寧なニュアンスもこの表現でOKです。

【シーン2】街中でトイレに行きたくなって、バールやカフェに駆け込む

出典:it.aliexpress.com

緊急事態の場合は、バールやカフェに入ってすぐに、カウンターの方やホールで給仕しているウエイターなど誰でもいいので、捕まえて、「お手洗いをお借りできますか?」と素直に聞いて大丈夫です。

尋ね方はシーン1と同じです。入店していきなり仕事中の相手を呼び止めて、「トイレを貸してくれ」はちょっと申し訳ない…もう少し丁寧に…と思われる方もいらっしゃいますよね。

その場合は、「すみません:Mi scusi.(ミ スクージ)」を文頭に付けるといいですよ!

Mi scusi, posso andare in bagno?(ミ スクージ, ポッソ アンダーレ イン バーニョ?)

すみません、お手洗いをお借りできますか?

シーン1でもこの言い方は、もちろん、使えます!

バールやカフェでトイレを借りた後は、最低限、何かを注文するのがマナーです。

コーヒー一杯(1ユーロくらい)で構いません。レジ周りに置いてあるガムやチョコレート、ビスケットなどのお菓子には値段が表示されているので、その中の一番安いものを1つ購入するだけでもOKです。

 

少しトイレい行くのを我慢できるのであれば、まずカウンターで何かを注文してから、「お手洗いをお借りできますか?」と尋ねるのがベターです。

別に何か飲みたいわけではない時は、観光中なら、ペットボトルの水を1本買ったり、カフェマキアートを1杯頼むのがオススメです。

値段は、場所にも寄りますが、一般的には、水のペットボトルは0.5ユーロ〜、カフェマキアートは1ユーロ前後が相場です。高級カフェなどは例外です。

カウンターで立って飲み干す場合と、テーブル席に付いて頂く場合では値段が変わる場合があります。テーブルチャージが取られることがあるのです。トイレだけのためにバールやカフェに入った場合は、テーブルに付かずにカウンター周りで済ませた方がいいですよ!

*イタリアコーヒー豆知識*

カフェマキアートは、エスプレッソ×ホイップミルクで、小さなエスプレッソカップで出てくるのでサッと飲み干すことができますし、ホイップミルクが入っている分、エスプレッソよりも飲みやすいです。

エスプレッソは苦くてちょっと苦手…と言う方でもカフェマキアートなら飲めると言う日本人も割といます。

スターバックスのカフェマキアートとは、全くの別物なので、ご注意くださいね!(笑)

注文さえすれば、商品を受け取る前に、すぐにトイレに立って大丈夫です。

でも、荷物を置いたまま席を離れるのは危険です。荷物を見てくれる連れ人がいない時は、荷物を持ってトイレに行きましょう。

あまりに荷物が大きい場合、スーツケースなどがある場合は、お店の人に相談すれば、あなたがトイレに行っている間は、見て置いてくれる、または邪魔にならない場所に一時保管させてくれる場合もあります。

Mi scusi, posso lasciare il mio grande valigia qui mentre andando in bagno?(ミ スクージ, ポッソ ラッシャーレ イル ミオ グランデ ヴァリージア クイ メントレ アンダンド イン バーニョ?)

すみません。トイレに行く間、(私の)大きな荷物をここに置いておいてもいいですか?

ちょっと長いので覚えるのが大変かもしれません。

トイレを借りる流れで、「Posso lasciare il mio valigia qui?(ポッソ ラッシャーレ イル ミオ ヴァリージャ クイ?):荷物をここに置いて行っていいですか?」と尋ねるだけでも通じます。

ただし、荷物の管理はあくまでも自己責任。お店の人が快く「いいよ!」と言ってくれたとしても、盗まれてしまったり、何かの理由で損傷しても、文句を言ったところで後の祭りです。ご注意くださいね。

まとめ:イタリアのバールやカフェでトイレに行く方法

イタリア旅行中に、街中でトイレに行きたくなったら、バールカフェを探しましょう!

緊急事態なら、店員さんに、素直にトイレに行きたい旨を伝えて、すぐにトイレに向かっても構いません

但し、バールやカフェは飲食を提供するお店で、トイレは付属のサービスなので、トイレを借りた後は、飲み物か食べ物を安いもの1つでいいので、何か買うのがマナーです。

余裕があれば、せめて何かを注文してから、トイレに行きたいことを伝えましょう。

 

あなたの緊張を和らげるための魔法の言葉はこちらです!

Mi scusi, posso andare in bagno?(ミ スクージ, ポッソ アンダーレ イン バーニョ?)

すみません、お手洗いをお借りできますか?

イタリア旅行の前に、何度も声に出して練習しておく、いつでも見れるところにメモしておくと安心です!

 

イタリアのトイレでは、便座がない!水の流し方、手洗い用の水の出し方が分からない!便座が二つある!など困ったことがあることも割とあります。

イタリアのトイレ事情について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧下さいませ。

 

また、イタリアのバールやカフェでトイレに行こうとする時に、自力で解決するのは困難な難関に遭遇することがたまにあります。

この難関を突破してトイレに辿り着く方法をこちらの記事でご紹介しております。良かったら合わせてどうぞ。

 

あなたのイタリア旅行が快適なものでありますように!

Buon viaggio!(ブォン ヴィアッジョ!):良い旅を!

イタリア旅行カテゴリの最新記事