Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日本人と外国人が国際結婚すると国籍はどうなる?自分、相手、子供は?

日本人と外国人が国際結婚すると国籍はどうなる?自分、相手、子供は?

国際結婚で多くの人が最初に気になるのは
国籍のことではないでしょうか。

「国際結婚すると国籍がどうなるのか」
私もよく聞かれました。

一般的に国際結婚によって国籍がどうなるのか、
今、私と夫、子供の国籍がどうなっているのか説明しますね。

国際結婚すると外国籍になる?

国際結婚することになって、多くの人に最初に聞かれたのは

「Ayettaはイタリア人になるの?」(笑)

国際結婚をすることで、日本国籍が外国籍になることは、基本的にはありません!
国際結婚をしても、何もしなければ、お互いに自分の元々持っている国籍のままです。

例えばAyettaは日本人です。のっぽさんはイタリア人。
のっぽさんとAyettaが国際結婚をしましたが、
イタリア在住の今も私は日本人。のっぽさんはイタリア人。

もし私たちが日本に住むことにした場合でも、
Ayettaは日本人のまま、のっぽさんはイタリア人のまま。
他の国に住む場合でも同じです。

もしもAyettaが男性で、のっぽさんが女性でも、
イタリアに住んでも、日本に住んでも、他の国に住んでも、
Ayettaは日本人のまま、のっぽさんはイタリア人のままです。

国際結婚をしても、日本人は日本国籍のまま、基本的には変わりません!
安心してくださいね。

国際結婚を機に、外国籍を取得したい!という人もいると思います。
国籍を変えるには、自ら希望する国の国籍を取得する手続きをする必要があります。
例えば、外国人が日本国籍を取得するためには「帰化申請」という手続きがあります。

ただし日本人女性と外国人男性の国際結婚の場合は注意が必要な場合があります。
国によっては自動的に夫の国籍が妻に付与される国があるそうです!

例えば、アフガニスタン、イラン、サウジアラビア、エチオピア、ヨルダン、ジンバブエです。
日本人女性が、夫の国籍がその妻に自動的に付与される国の国籍を持つ男性と結婚する場合、
国籍を選択する手続きをすることです。
日本では、二重国籍は認められていないので、
22歳まで、または二重国籍となった日から2年後の遅い方までに国籍を選択する手続きをする必要があります。
国籍選択の期限を過ぎると、法務省から催告の通知が届くそうです。
法務省がから催告の通知が届いても、さらに1ヶ月以上放置してしまうと自動的に日本国籍を失います。

日本国籍は、よく言われることですが基本的にはとっても便利です。
個人的には、よほどの理由がない限り、
せっかく持っている日本国籍を放棄するのはもったいないと思います。

日本から出なければ、その価値を感じることはあまりないかもしれませんが、
例えば随分と身近になった海外旅行!
日本国籍=日本のパスポートがあれば、ほとんどの国に一定期間はVISA無しで入国できます!

外国人の友人は、
例えばハワイ(アメリカ)に1週間程度の旅行に行くにしても、
大使館に行ってVISAを取得したりと大変な手続きをしたりしていました。

近年、パスポートコントロール(税関)などどの国も厳しくなっていますが、
それでも外国人の友人と一緒に旅行をした時など、
同じ税関の方のチェックでも、日本人の私の方がサラッと通してもらえることが多いです。
(Ayettaの経験によるものなので、保証はできませんけどね)

もしあなたが日本国籍を持っていて、
国際結婚を機に外国籍を取得しようと考えている場合は、
アクションを起こす前に、一度よーく考えてみてくださいね。

国際結婚夫婦の子供の外国籍はどうなるの?

異なる国籍を持つ国際結婚カップルの子供の国籍がどうなるのか
これはズバリ国によって異なります!

 

子供の国籍の取得の仕方として、世界には2つの考え方があります。
「生地主義」「血統主義」です。

生地主義
 両親の国籍に関わらず、生まれた国の国籍を取得するという考え方

血統主義
 親の国籍を取得するという考え方
 血統主義にはさらに2種類の考え方があります。父系優先血統主義と父母両系血統主義。

 

生地主義で有名なのはアメリカ合衆国ですね。
例えば、日本人パパと日本人ママの夫婦がアメリカに住んでいるとします。
(夫の海外駐在とかありますよね)

二人の間に生まれた子供は、
アメリカの生地主義の考え方でアメリカの国籍を得ることができます!
そして日本は血統主義の国籍の考え方なので、その子は日本国籍も得ることができます!

先にお話ししたとおり、
日本は二重国籍を認めていないので、
その子は22歳までにアメリカと日本どちらかの国籍を選択しなくてはなりません。

選択肢があるというのは、素晴らしいことだと思います。
特定の国際結婚カップルしか与えることのできない、
子供へのすごいギフトですよね!

ちなみに日本は、正確には、父母両系優先血統主義という考え方です。
父親か母親のどちらかが日本国籍を持っていたら、
その子どもは日本国籍を取得することができます。
Ayettaが日本国籍なので、
子どものコロコロちゃんは日本国籍を取得できます。

のっぽさんの国イタリアは、父系優先血統主義国です。
父親であるのっぽさんがイタリア国籍なので、
子どものコロコロちゃんはイタリア国籍も取得できます。

コロコロちゃんは二重国籍になるので、
22歳までにどちらかの国籍を選択しなくてはなりません。
どっちを選ぶのか、国籍の選択も含めてコロコロちゃんの将来が楽しみです。

国際結婚しても基本的には夫も妻も国籍は変わらない。子供は将来国籍を選ぶことができる!

今日は国際結婚したら国籍がどうなるか、についてお話ししました。
国際結婚をしても、何もしなければ、例外もありますが、基本的には国籍は変わりません。
国際結婚を機に外国籍も取得したい場合は、外国籍をを取得する申請が別途必要です。
国籍を変える場合は、そのメリットやデメリットをよく考えて決めてくださいね。

また国際結婚のカップルの子供は、生まれた国、両親の国籍によって、
2つ以上の国籍を取得することができます。
その国籍の一つが日本国籍だった場合、
子供は22歳までに一つの国籍を選択する必要があります。日本は二重国籍を認めていません。
国籍を選ぶ権利を与えられるってすごいことですよね!

国際結婚は国や文化を超えた愛の形の一つです。
そのために調べること、手続きなどやることは沢山あって、
途中で挫けそうになったり、その過程で喧嘩したりすることは沢山あると思います。

私たちも喧嘩もいっぱいして大変でしたが、
それを乗り越えて得られる喜びとお互いへの尊敬の念、
一緒にやり遂げた経験と達成感、
得るものはそれ以上です!

あなたとあなたの素敵なパートナーの幸せを
私たちはいつも応援しています!どうぞお幸せに!

 

 

 

国際結婚カテゴリの最新記事