Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

<ローマ&ヴァチカン観光>宗教施設は日曜&祝日に注意!ヴァチカンは水曜も要注意!

<ローマ&ヴァチカン観光>宗教施設は日曜&祝日に注意!ヴァチカンは水曜も要注意!

 

ローマ&ヴァチカン観光が、日曜&祝日、水曜日に当たっている人は注意が必要です!教会や大聖堂などの宗教施設、ローマ教皇の住む国ヴァチカン市国を観光する場合は、ミサなど宗教関連のイベントが行われるため、一般観光客の入場が制限されます。

ローマ、ヴァチカンを満喫するなら宗教施設の観光は外せませんよね。ヴァチカン市国では、日曜&水曜日には一般の日カトリック教徒の観光客も、ローマ教皇に会うことができますよ!混雑を避けるために平日を狙うか、ローマ教皇に会いに行くか、目的に合わせて計画してくださいね。

宗教施設観光は、日曜&祝日を避けて平日がオススメ!

教会や大聖堂などの宗教施設は、日曜や祝日はミサなどの宗教行事が行われるため、一般入場が制限されます教会や大聖堂などの宗教施設の観光は、平日にするのがオススメです。

教会観光はミサの時間を避けて行うことをオススメします。ミサの行われていない時は、教会内を隅々みることができますし、大抵の教会では写真撮影も許されています。もちろん宗教施設なので、常識の範囲で失礼のないようにしてくださいね。

<ローマ&ヴァチカンのオススメ教会>

ローマ

サンタマリア・デッラ・ヴィットーリア教会(Chiesa di Santa Maria della Vittoria)

出典:http://www.tesoridiroma.net

住所:Via Venti Settembre, 17, 00187 Roma RM

開館時間

平日  7:00〜12:00、15:30〜19:15

日祝日 7:00〜12:00、15:30〜19:15

ミサの時間

平日  7時、8時、18時半

日祝日 9時、10時半、12時、17時、18時

 

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会(Basilica di S. Maria degli Angeli)

出典:https://it.dreamstime.com

住所:Piazza della Repubblica, 00185 Roma RM

開館時間

平日  6:15〜12:40、14:30〜19:30

日祝日 6:45〜12:50、14:30〜19:30

ミサの時間

平日  7時、8時、9時、11時、18時

日祝日 7時、8時、9時、11時半、17時、18時

 

サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂(Basilica di Santa Maria Maggiore)

出典:http://www.itaria.it

住所:Piazza di S. Maria Maggiore, 42, 00100 Roma RM

開館時間

平日  7:00〜12:30、14:30〜18:00

日祝日 9:00〜18:00

ミサの時間

平日  7時、8時、9時、10時、11時、12時、18時

日祝日 7時、8時、9時、10時、12時、18時

ヴァチカン 

サン・ピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro)

住所:Piazza di S. Maria Maggiore, 42, 00100 Roma RM

開館時間

平日  7:00〜18:30、14:30〜18:00

日祝日 9:00〜18:00

ミサの時間

平日  7時、8時、9時、10時、11時、12時、18時

日祝日 7時、8時、9時、10時、12時、18時

一般人でも、カトリック教徒でなくても、ミサに参加することはできます。魅力的な教会で行われるミサは、イタリア語で何を言っているか分からなくても引き込まれてしまいますよ。ミサは途中から参加したり、途中で抜けることもできますが、ミサそのもの、ミサの参加者の邪魔にならないように静かに出入りしてください。教会の入り口(祭壇の十字架が正面の通路の始まり)では、手で十字架を切って、スッと目を伏せて軽く片膝を曲げて敬意を示します。絶対ではないですが、マナー的なものなので、できれば行ってくださいね。

日曜&水曜のヴァチカン観光は要注意!

ヴァチカン市国観光は混雑を避けるなら、日曜日と平日ですが水曜日も避けた方がいいです。ヴァチカンでは日曜日と水曜日に、一般人がローマ教皇に会うことができる定期イベントが開催されます。

日曜日のヴァチカン市国では、ローマ教皇のAngelus(アンジェラス:お告げの祈り)が行われます。

日曜の正午に、サン・ピエトロ広場に向かって、教皇宮殿の最上階の右から二番目の窓から、ローマ教皇がお話とお祈りをされます。ローマ教皇のお祈りとお話を直接聞きたい!と世界中から多くの人が集まり、日曜のサン・ピエトロ広場は大賑わいです。ローマ教皇のお話とお祈りは毎回15分くらいですが、お話&お祈りが終わると、サン・ピエトロ大聖堂の司教祭壇でミサが行われます。ミサに参加する人は、広場から大聖堂に移動します。

広場からはローマ教皇はこのような感じで見えます。↓

ローマ教皇のお祈りとお話は、広場に設置されたスピーカーを通してよく聞こえます!イタリア語が分からなくても、ローマ教皇を一目肉眼で見ることができる貴重な機会です!

ただし、日曜はヴァチカン博物館はお休み(毎月第四日曜日は無料開放されますが、早朝から観光客が行列作ってます)。のっぽさん&Ayettaのオススメ観光スポット「ヴァチカン郵便局」もお休みなので、ヴァチカン市国の観光を堪能するなら平日がオススメです。

水曜日のヴァチカン市国では、ローマ教皇のUdienza generale(ウディエンツァ・ジェネラーレ:教皇一般謁見)が行われます。

教皇一般謁見は、水曜日の朝10時半から行われます。教皇謁見のための謁見ホール(収容人数は12000人)がありますが、現在のローマ教皇、Papa Francesco(パパ・フランツェスコ:教皇フランシスコ)は、できるだけ多くの人と会えるようにと、天気が悪く外で行えないなどの場合を除いて、サン・ピエトロ広場で行われます。

教皇一般謁見の開始は10時半〜ですが、通常ローマ教皇フランシスコは、より多くの人に祝福を与えるために10時半より前に広場に登場します。

水曜日は教皇一般謁見開催のため、サン・ピエトロ広場への入場にもセキュリティチェックがあります。サン・ピエトロ大聖堂も早朝から13時半頃まで閉まっています。水曜日のサン・ピエトロ大聖堂観光は午後から可能となりますが、謁見から流れる観光客の大行列です!

その他祝日や宗教上の特別なイベントが行われる場合は、ヴァチカン市国の観光は大混雑&大聖堂や広場への入場が制限されますので、スケジュールを事前にチェックして計画することが必要です。

ヴァチカン市国の2018年&2019年の祝日はこちらで確認できます!

2018年5月〜12月のヴァチカンカレンダー

(赤くなっている日が祝日です)

せっかくローマ教皇フランシスコに会いたくても、教皇がヴァチカンにいないこともあります。ローマ教皇フランツェスコのスケジュールは、ヴァチカン市国公式サイトでチェックできますよ!

ヴァチカン美術館は午前中がオススメ

いつ行っても混んでいるヴァチカン美術館ですが、開館時間すぐなど午前中は、比較的空いて狙い目です。もっとも混む時間は昼前〜午後15時くらい。

何としても節約したい!という人は、毎月第四日曜日にヴァチカン美術館は無料公開されているのでチャレンジしてみてくださいね!早朝から多くの観光客が無料公開の入場のために行列をなしています。日曜の早朝のヴァチカン市国は、空気も厳かな感じで違った雰囲気です。

第四日曜日にヴァチカン美術館の無料公開&ローマ法王のお祈り&お話を聞いてみたい!人にはこんなルートがオススメ。

ヴァチカン美術館→サン・ピエトロ広場(ローマ法王に会って、お祈り&お話を聞く)→サン・ピエトロ大聖堂(カトリックの大本山でミサを体験)→サン・ピエトロ大聖堂のクーポラに登る→ヴァチカン郵便局(高揚した気持ちをハガキに書いて、日本へ送る)→遅めのランチ

ヴァチカン観光は日曜&水曜以外午前中〜午後早めがオススメ!

 

ヴァチカン観光のオススメの時間帯は、午前中〜午後早め。比較的混雑を避けることができます。午後早めにヴァチカン観光を終えて、ローマ市内のどこから夕日をみるか考えて動くのもロマンチックですよ!ローマ市内でオススメの夕日スポットは、サンタンジェロ城。サン・ピエトロ広場から徒歩10分ほどです。

ヴァチカン美術館の入場券を事前に予約して、並ばずに入場する&多少の混雑を良しとするなら、ローマ観光から始めて午後〜夕方にかけての人気の時間帯に行くのもありです。のっぽさん&Ayettaは、冬のヴァチカンに夕方訪れたことがありますが、厳かにライトアップされたヴァチカンも素敵でした。

あなたのお好みに合わせたヴァチカン観光を計画してくださいね!^^*

イタリア旅行カテゴリの最新記事