Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

カルロス・ゴーン氏の年収10億はやり過ぎ?!日本のトップ役員の年収と比較してみた!

カルロス・ゴーン氏の年収10億はやり過ぎ?!日本のトップ役員の年収と比較してみた!

金融商品取引法違反の疑いで逮捕された、日産カルロスゴーン会長の公表されている年収は、ザクっと10億円!

これまでもゴーン氏の年収はやり過ぎ!と噂になっていました。

 

業界水準、世界との比較、日本トップ役員の報酬と比較して、

カルロス・ゴーン氏の年収10億円は、本当に高すぎるのか?!を調査してみました。

日産カルロスゴーン氏の年収は高すぎ!?


QuinceMedia / Pixabay

日本が世界に誇る産業である、自動車業。その業界規模はザックリ68兆円


sportscar2016 / Pixabay

日本の自動車業界のトップ3が、トヨタ、日産、ホンダです。

 

日本の自動車業界トップ3の社長の役員報酬を比較してみました!


出典:automotive.ten-navi.com

2015年まで他2社と比較にならないほどの役員報酬を記録しているのが、

現会長(あと数日で解任予定?!)カルロス・ゴーン氏が社長を務めていた頃の日産です。

 

bernardsie / Pixabay

世界の自動車売上ランキングで1位のトヨタの豊田章男社長よりも、


出典:dot.asahi.com

19日夜に記者会見を行った現在の日産の西川広人社長の方が、役員報酬も多いんですね。

ちょっと意外。

ゴーン氏の役員報酬多すぎ!!!と大騒ぎしてる日産だから、

日産の現社長西川氏の報酬は、

例えばトヨタの現社長豊田章男氏の社長就任当時(1億代)くらいからスタートでも業界平均からすると良さそうな気もしますが、

そこは、やっぱり企業の給与水準のベースだったりが影響するのでしょうか?!

 

まぁ、ゴーン会長の報酬と比較したら、半分以下なんですけどね。

ゴーン会長の役員報酬は、2016年度は10億9800万円、2017年度は7億3500万円だったそうです。

これは公表されている数字なので、今回のゴーン氏の逮捕を考えると、少なく書いた数字ですよね。

実際にはどのくらいもらっているのでしょうか?

 

カルロス・ゴーン氏は、なんで逮捕された?


出典:tech2.org

巨額の有利子負債を抱えていた日産を立て直した、世界的敏腕経営者のカルロス・ゴーン氏ですが、

グレッグ・ケリー代表取締役と共謀して、

自らの役員報酬を有価証券報告書に過少に記載  報酬額(年収など)を少なく書いて報告

したため、

金融商品取引法違反の疑いで、19日に逮捕されました。

もうちょっと詳しく解説♪

報酬額=収入を少なく書く/報告することで、支払う税金が少なくなります。実際に手元に入ったお金は変わらないので、出ていくお金(税金の支払い額)が小さくなれば、手元に残るお金は大きくなる!!!のです。

皆、稼いだお金の額に対して、日本国で決められたルールに従って、税金を納めています。その税金で日本という国が成り立っているわけなので、ズルをして、税金の支払いを少なくする人がいると、国が集められる税金が少なくなって、国の運営に支障をきたします。 だから、ズルはダメ!ということで、逮捕されました。

このズルを一緒にやった人(グレッグ・ケリー代表取締役)も、共犯者として逮捕されています。

日本のトップ役員の年収を調べてみた!

「日本の給与水準は低い」って知ってた?


PublicDomainPictures / Pixabay

日本は世界と比べて給与水準が低い!!!ということをご存知ですか?

日本の平均年収は、429万円

平均ですよ!新卒~定年まで、中小企業~大企業までひっくるめて、平均した数字です。

 

世界の平均給与ランキング2017で見てみると、日本の429万円は、18位!

 

えっ?!

ijmaki / Pixabay

 

と驚いた方、もっと上だと思ってませんでしたか?

 

 

世界の平均給与トップ3の国は、以下のヨーロッパ3国です。

1位 スイス 1073万円 (95,0002 USドル)

2位 ノルウェー 921万円 (81,508 USドル)

3位 ルクセンブルク 899万円 (79,591 USドル)

 


WikiImages / Pixabay

アジア太平洋地域からは、オーストラリアが5位で791万円

 


Ronile / Pixabay

1位と予想している人もいましたが、アメリカは8位で645万円

ちょっと意外ですね!

 


3dman_eu / Pixabay

金融危機と騒がれて、今もヨーロッパでお騒がせな国イタリアは、17位で431万円

 


cegoh / Pixabay

イタリアに続いて

18位が429万円日本です!

 

世界3位の経済大国日本の平均給与が18位ってなんだかちょっと寂しいですね。。。

日本のトップ役員の年収を調べてみた!ゴーン氏の10億円ってどうなの?


Maklay62 / Pixabay

ゴーン氏の役員報酬10億円は高すぎる!

と兼ねてから批判されていますが、


RobinHiggins / Pixabay

日産社員の方々も、

「私たちの給料とはそもそもけたが違う。過少申告といわれても想像がつかない」

と語っていますから、

 

一般庶民の「平均給与」と比較してもしょうがありません。

 


Cicero7 / Pixabay

日本の自動車業界の社長の年収(1~5億円)と比較すると、

ゴーン氏の役員報酬10億円は圧倒的に高いことがわかりました。

 

しかし、

業界を超えて、日本のトップ役員の報酬比較してみるとどうでしょうか?


858265 / Pixabay

東京商工リサーチが、2018年5月29日に発表した

2017年(1-12月)決算「役員報酬1億円以上開示企業」調査結果』のトップ10をご紹介します。

 

日本のトップ役員の年収ランキング(2017年版)

1位 ニケッシュ・アローラ元副社長 ソフトバンクグループ


出典:kigyotv.jp

年収 103億4,600万円  (前年 64億7,800万円 160%UP)

 

2位 ロナルド・フィッシャー副会長 ソフトバンクグループ


出典:孔明0530さんがNaverまとめにアップロード

年収 24億2,700万円  (前年 20億9,600万円 15%UP)

 

3位 ジョセフ・マイケル・デピント取締役 セブン&アイ・ホールディングス


出典:therichest.com

年収 18億9,500万円  (前年 21億8,700万円 13%DOWN)

4位 エデュアルド・ミナルディ元副社長 ブリヂストン


出典:reifenpresse.de

年収 12億2,400万円  (前年 7億5,000万円 162%UP)

5位 マイケル・リントン元執行役 ソニー


出典:smart-flash.jp

年収 11億4,000万円 (前年開示なし)

 

6位 鈴木敏文元会長 セブン&アイ・ホールディングス


出典:diamond.jp

年収 11億3200万円  (前年 2億8,200万円 403%UP)

7位 カルロス・ゴーン会長 日産自動車


出典:bestcarweb.jp

年収 10億9,800万円  (前年 10億7,100万円 )

※東京商工リサーチの調査結果では、2017年の報酬額は10億9,800万円となっていますが、

 最近の各種報道では、2017年のゴーン氏の報酬額は、7億3000万円(前年比30%DOWN)とされています。

 さて、真相やいかに?!

8位 クリストフ・ウェバー社長 武田薬品工業


出典:toyokeizai.net

年収 10億4,800万円  (前年 9億500万円 109%UP)

 

9位 平井一夫会長 ソニー


出典:playstationlifestyle.net

年収 9億1,400万円  (前年 7億9,400万円 115%UP)

 

10位 加藤修一相談役 ケーズホールディングス


出典:bcnretail.com

年収 8億9,400万円  (前年開示なし)

 

 

ゴーン氏の2017年の報酬額の真相はともかく、

役員報酬10億というのは、業界を超えて見てみると、ありえない金額ではないように感じます。

 

もちろん、業界別に給与水準というものがある程度あるので、

同じ国内の自動車業界のCEOの役員報酬額と圧倒的に違うこと、ゴーン氏のその年の功績を考えると、

やっぱりやり過ぎ?!な気もしますね。

 

 


geralt / Pixabay

ちなみに!!!

外国人役員が圧倒的に報酬額が高い理由は、そのポジションに着くまでの背景にあります!

 

多くの場合、日本人役員が日本企業でそのポジションにつくには、

その会社で下積み時代から功績を上げて、そのポジションを掴み取る形が多く、

社員時代からの給与水準をベースに、役員報酬も決まる傾向にあるため、

比較的役員報酬も低めになりがち。

 

一方、外国人役員の多くが、ヘッドハンティングによってそのポジションに付いています

他社、他業界で優秀な功績を収めた人物を「引き抜く」わけです。

特に海外から引き抜く場合は、その時点ですでに高額な報酬を得ていたりします。

そんな人物を引き抜くには、それなりの好条件で首を縦に振ってもらう必要があります!

また、「当社はそれだけの価値をあなたに見出している!」というメッセージでもあるわけです。

だから、外国人役員は高額報酬が多くなりがちなんですね。

 

出典:arxs-pic08022018.com

カルロス・ゴーン氏の年収について、

世間で言われているとおり、本当に年収10億はやり過ぎなのか?!

日本のトップ役員の年収と比較して検証してみました!

 

10億円の年収はやりすぎなんじゃ?という声も多かったですが、

やっぱり世界的大企業のトップとして、

年収10億は、デタラメな額ではないと思います。

 

それでも、直近の功績や日産の成長具合、日本の車業界の水準から考えると、

年収10億はどうなのかな?やり過ぎかな?と思いますね。

 

ただ背景として、外国人役員のヘッドハンティング事情

ルノー時代、日産立て直し時代に作った過去の功績を価値として認めた年収

と考えると、まぁ理解できる感じです。

 

やり方や結果に賛否両論あれど、日産を立て直した事実は彼の功績です。

敏腕経営者として多くの人に影響を与えたゴーン氏が、

今回のような事件を起こした事実はとても悲しいですね。

せめて、元敏腕経営者として、不屈の精神で、罪を償って、

何かしらのカタチで大物カルロス・ゴーンの姿を見せてほしいと願います。

Ayettaの日記カテゴリの最新記事