Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イタリアのレストランや家庭で食事する時の常識〜パンをどこに置く?

イタリアのレストランや家庭で食事する時の常識〜パンをどこに置く?
Ayetta

イタリアに旅行や留学、移住などでいらっしゃった際に、レストランで食事をすること、友人や知人のお家に招かれて食事をする時に、日本のイタリアンレストランではしないイタリアの常識があります。それは、パンを置く場所です!

のっぽさん

イタリアで食事をする時に、パンはどこに置くでしょうか?
(1)自分のお皿の上に置く  (2)テーブルの上に直接置く  (3)自分のナプキンの上に置く

コロコロちゃん

正解は…?!

イタリアのレストランや家庭で食事のときテーブルの上にあるもの

イタリアの食卓に用意される基本的なものは6つあります。テーブルクロス、フォーク、ナイフ、スプーンなどカラトリー(イタリア語では”Posate”ポザーテと言います)、ナプキン、グラス、お皿、パンをテーブルの上に置きます。

食事のときテーブルの上にある基本のもの

  • テーブルクロス
  • カラトリー(フォーク、ナイフ、スプーン)
  • ナプキン
  • グラス(お水用、ワイン用)
  • お皿
  • パン!
Ayetta

そうなんです!パンを直接テーブルの上、正確に言うと、テーブルクロスの上に直接置くんです!これはイタリアの食卓の常識です。

イタリアの食事の常識<パンとテーブルクロス>

イタリアの食卓では、レストランでも家庭でも大抵は、食事の時はテーブルの上にテーブルクロスをかけます。食事用のテーブルクロスはいつもきれいで清潔です。

レストランでは、お客さんごとに新しいお皿を出すように、お客さんごとにテーブルクロスを変えます。

家庭でも食事用のテーブルクロスは、食事ごとに取り替えます。例えば、ランチをしたらテーブルの上の食器を片付けるように、テーブルクロスも片付けます。食事以外の時もテーブルクロスをテーブルにかけている家庭もありますが、その場合は、食事用と通常かけているテーブルクロスは別で、使い分けています。

食事用のテーブルクロスを清潔に保つ理由は、イタリアでは、テーブルクロスの上に直接パンを置く習慣があるからです。イタリアではパンは手でちぎって食べるのが正しいマナーですが、パンを手でちぎる時にパン屑がポロポロテーブルクロスの上に落ちて散らかります。ご安心を!テーブルクロスの上がパンクズだらけになるのは、マナー違反ではありません

一定のレベル以上のレストランでは、パンはカゴなどに入れて提供されますが、清潔なテーブルクロスがお客さんごとに取り替えられている場合は、やっぱり食事中、テーブルクロスの上に直接パンを置いてもOKです。不安な場合は、周りのお客さんを見てみてくださいね。

ちなみに、パンがカゴなどに入って提供される場合、パンの取り皿がないからといって、食べかけのパンをカゴの中に戻すのはマナー違反です!!!テーブルクロスの上に直接置くのがどうしても抵抗がある場合は、食べかけのパンは、料理のお皿に置いてくださいね。高級レストランなどでは、パンの取り皿も用意してくれる場合もあります。その時は取り皿を使ってくださいね。

テーブルクロスの代わりに、簡易の紙のランチョンマットを敷いてある場合は、パンは料理のお皿の隅などの上に置く方が衛生上安心です。

イタリアには、グリッシーニというパンがあります。グリッシーニは、細く長い硬いパンです。太さは色々ありますが、本場ピエモンテのパン屋さんで手作りされるグリッシーニは、日本の千歳飴くらいの太さです。他のパン同様にテーブルクロスの上に直接置かれています。食べる時は、手で一本を取って、食べやすい大きさに手で折って食べます。”パンはお皿の上”が常識の日本人にとってはびっくり!最初はちょっと抵抗があるかもしれませんが、パンは直接テーブルクロスの上に置くのが、イタリアの常識です!確かにグリッシーニのように長いパンをお皿にのせるのはちょっと大変です!

イタリアで食事をする時の常識!パンはテーブルクロスの上に直接置く

イタリア旅行の際に、レストランで、パンがテーブルクロスの上に直接置かれてもびっくりしないでくださいね!

パンをテーブルクロスの上に直接置くのは、イタリアでは常識です!

観光地やお客さんごとにテーブルクロスを変えない、またはテーブルクロス自体を使わないファーストフード店では、パンを直接テーブルの上には置かない場合があります。パンがどういう形で提供されるかとテーブルクロスがお客さんごとに交換されているかどうかで、パンを直接テーブルクロスの上に置くかどうかを判断してくださいね。

以上、日本人にはおもしろい♪イタリアの食卓の常識でした。

イタリアのパンに関するテーブルマナーを詳しく知りたい方はこちらもご覧くださいませ^^*

 

イタリア生活カテゴリの最新記事