Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アペリティーボってなに?仲間と楽しい時間を過ごすことが最大の目的!イタリアンハッピーアワー!

アペリティーボってなに?仲間と楽しい時間を過ごすことが最大の目的!イタリアンハッピーアワー!

最近日本でも耳にするようになってきました「アペリティーボ」

とっても雑に紹介すると、イタリア式ハッピーアワーです。

 

イタリアのアペリティーボは、北イタリアのトリノ発祥の習慣で、2つの目的があります。

1 仲間と楽しい時間を過ごすこと!

2 胃を刺激して、夕食を美味しく食べる準備♪としての食前酒

アペリティーボって実はイタリアでは200年以上の歴史がある習慣なんです!

Aperitivo(アペリティーボ)を、日本に直訳すると「食前酒」となるのですが、食前酒のはじまりは紀元前5世紀

 

今では、アペリティーボは、イタリアでは定番の仲間とのコミュニケーションスタイル

仕事を終えて、仲間同士が声を掛け合い、食前酒とおつまみ程度の軽食で、おしゃべりして、笑い合い、楽しい時間を過ごすのが、イタリアのアペリティーボ!

 

そうなんです!

アペリティーボは、仲間と一緒に楽しい時間を過ごすこと!

 

ただの飲み会ではありません!!!

 

日本の「ハッピーアワー」とは一味違う、

おしゃれなイタリアの「アペリティーボ」をご紹介します!

アペリティーボってなに?

アペリティーボは、イタリアンハッピーアワーと言われたり、食前酒そのものを指す言葉として、

日本では紹介されることが多いのですが、

 

Aperitivo(アペリティーボ)は、イタリアでは、

夕方、ディナーにはちょっと早い時間に仲間が集まって、食前酒とおつまみ程度の軽食で、仲間と楽しく過ごすことです。

 

アペリティーボのポイントは2つ。

1 仲間と楽しく過ごすこと

2 夕食を美味しく楽しむための食前酒

 

アペリティーボは元来、「夕食を美味しく楽しむための食前酒」として始まったのですが、

現在のイタリアでは、ディナーよりも気軽な「仲間と楽しく過ごす」習慣として定着しています。

 

まずは本来のアペリティーボについて、歴史を紐解いてご紹介いたしましょう。

アペリティーボの歴史 アントニオが作った食前酒?!古代ギリシャの食欲不振対策?!

アペリティーボの発祥の地は、北イタリア、ピエモンテ州の州都、トリノです。

ピエモンテ州は、グルメ大国イタリアの中でも、食の宝庫と呼ばれる、美味しいワインや食材が豊富なエリアです。

 


出典:carpano.com

1786年にAntonio Benedetto Carpano(アントニオ・ベネデット・カルパーノ)さんが、ベルモットと呼ばれるワインとハーブ&スパイスを調合したリキュールを作り、食前酒として売り出したところ、大人気に!

1800年代には、トリノだけでなく、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ、ナポリ、ジェノヴァなどイタリア主要都市に広がり、さらにはヨーロッパ全土で流行しました!

アペリティーボには、

胃腸などの消化器官を刺激して、夕食を楽しむ準備としての食前酒の意味があります。

 


出典:medicaltourismgreece.com

紀元前5世紀、ギリシャの医師ヒポクラテスは、食欲不振の患者に、ワインとハーブを調合したものを「薬」として処方していたそうです。

アペリティーボの発祥の起因となった、アントニオさんのベルモットは、ワインとハーブ&スパイスを調合したリキュールで、夕食の前に食前酒として頂くことで、夕食を楽しく食べる準備になったんですね!

 

イタリアでは、ディナーをしようと声を掛けると声を掛けた友達が、恋人や別の友達を連れてきたりして、新しい交流の場になることもよくあります。

 

始めまして同士だと、会話がなかなか進まないこともありますよね。

ましてやディナーとなるとなんだか緊張しちゃう!って人もいるでしょう。

 

そこで、アペリティーボ!

胃腸だけでなく、場の空気もディナーの前に温めて、ディナーで会話がさらに弾むようにする効果あるんですよ♪

アペリティーボだけでもOK これがイタリア式!

アペリティーボは、「夕食を美味しく食べるための準備」と紹介しましたが、

実は最近のイタリアでは、アペリティーボで終わり!というスタイルもよくあります!

 

仲間と集まってアペリティーボをしたら、

程よく満腹!もう夕食いらないや!と夕飯を軽く済ませてしまう人もいれば、

夕食は別にガッツリ食べたい派の人もいますよね。

 

イタリアのレストランなどのディナータイムは、21時前後、遅いんです。

アペリティーボならもっと早い時間に開始できて、ディナーより安上がりだし、夕食を軽く済ませられるとして、

アペリティーボをディナーの代わりにする人もいます!

 

ということで、

アペリティーボだけして解散することもあるんです!

 

アペリティーボしたら、みんなでディナーに行かなくちゃ!ってことはありません。

アペリティーボだけでもOK!これがイタリア式なんです♪

ハッピーアワーもう古い?!これからはアペリティーボ!

これから夏本番に向けて、職場や友人との飲み会の機会も増える頃かと思います。

お店もお客もハッピーに!という商戦略のハッピーアワーもいいですが、

仲間と楽しく過ごすことを目的とした「アペリティーボ」が日本でも注目が集まってきています!

 

日本では、アペリティーボは、

東京のシャングリ・ラ・ホテルや、大阪のハイアットリージェンシーなど

おしゃれ×高級なハッピーアワーとして、この夏じわじわ人気が出ているみたいですね♪

 

仲間と楽しい時間を過ごせる、アペリティーボ!ぜひ試してみて下さいね。

イタリア語でなんて言うの?「今日は俺がおごるよ!」

アペリティーボって何飲むの?イタリア人20人に聞いてみました!【夏編】

家飲みイタリアンおつまみレシピ【タラとじゃがいものプチコロッケ】おうちでアペリティーボ!

とっさの一言!イタリア語でなんて言うの?まとめ

【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】まとめ

本場イタリアの「ニョッキ」I 美味しい食べ方や献立、作り方を紹介!

イタリア生活カテゴリの最新記事