Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

かわいいイタリア語33選!~フルーツ編

かわいいイタリア語33選!~フルーツ編

おしゃれなイメージがあるイタリア語!

日本でもお店の名前(レストラン、エステサロン、美容室、ネイルサロン、雑貨屋さん)、ブログ名、会社の名、ブランド名、ペットの名前、メニュー名などにイタリア語はよく使われています。

 

おしゃれな言葉と言えば、フランス語、英語もよく言われますが、フランス語も英語も、日本人にとっては発音が難しい。。。

せっかくあなたの大切なもの(お店やブランド、会社名、アカウント名、ペットの名前など)に、おしゃれな外国語を使っても、覚えてもらえにくいのはちょっと残念ですよね。

 

イタリア語の発音は、日本人にとって比較的簡単です。基本的にはローマ字読みでOKなので。

 

個人的には、大学生の頃に学んだお隣の国の言葉、韓国語よりもイタリア語の発音の方が簡単でした♪

イタリア語の発音で難しいのはRとLの発音ですが、日本で使うためのイタリア語の名前で、ネイティブの発音を求める必要はないですよね。日本語の「ラ・リ・ル・レ・ロ」で発音すればいいと思います!

 

あなたの大切なものに名前を付けるというのは、子供に名前を付けるように、それに命を吹き込むようなもの

日本では、姓名判断という名前による占いがあるくらい、名前って大事なものです。

 

この記事では、色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語厳選33個を紹介します。

今日のテーマは「フルーツ」

フルーツって言葉そのものが、甘くて可愛いイメージですね。フルーツを「かわいく」イタリア語でなんと言うのか見てみましょう!

「これだ!」というあなたのお気に入りの名前が見つかりますように!

「フルーツ」ってイタリア語でなんて言うの?

Couleur / Pixabay

「フルーツ」はイタリア語で、la frutta(ラ・フルッタ)と言います。

 

フルーツは、実は英語ですがすでに日本語化している和製英語ですね。

 

イタリア語の「frutta(フルッタ)」は、英語に似てますね。

 

フルーツをイタリア的にグループ分けてしてみると、こうなります。

・柑橘系: Gli agrumi(リ・アグルーミ)

・トロピカルフルーツ: La frutta tropicale(ラ・フルッタ・トロピカーレ)

・森の果物: I frutti di bosco(イ・フルッティ・ディ・ボスコ)

・木の実: La  frutta secca(ラ・フルッタ・セッカ)

・その他のフルーツ: Altri tipi di frutta(アルトリ・ティーピ・ディ・フルッタ)

今日の「可愛いイタリア語」は、

上記のグループごとに、具体的にどんなフルーツがあるのか、イタリア語で何と言うのかを紹介していきます。

「可愛いイタリア語」33選 フルーツ編

moreharmony / Pixabay

甘くてかわいいフルーツをイタリア語にすると、「可愛いイタリア語」が集まりました!

あなたの心に響くものが見つかりますように!

ちょっと酸っぱい柑橘系のフルーツ ~Gli agrumi(リ・アグルーミ)

Couleur / Pixabay

1 L’arancia(ラランチア) : オレンジ

2 Il mandarino(イル・マンダリーノ) : マンダリンオレンジ

3 Il kumquat(イル・クムクワット) : キンカン

il mandarino cinese(イル・マンダリーノ・チネーゼ)とも言います。

4 Il limone(イル・リモーネ) : レモン

5 La limetta(ラ・リメッタ) : ライム

6 Il pompelmo(イル・ポンペルモ) : グレープフルーツ

柑橘系の代表はシチリアレモンでも有名なレモンですね!イタリア語では、日本語とよく似ていますが、ちょっとおしゃれな感じで「リモ~ネ♪」と発音するのがポイントです。響きもかわいいですよね!

南国の香り漂うトロピカルフルーツ ~La frutta tropicale(ラ・フルッタ・トロピカーレ)

Pexels / Pixabay

7 L’ananas(ラナナス) : パイナップル

8 La banana(ラ・バナナ) : バナナ

9 La papaia(イル・パパイア) : パパイア

10 Il mango(イル・マンゴ) : マンゴー

13 Il kiwi(イル・キウィ) : キウイフルーツ

14 La noce di cocco(ラ・ノーチェ・ディ・コッコ) : ココナッツ

Il cocco(イル・コッコ)だけでもOKです。

15 L’avocado(ラヴォカード) : アボカド

トロピカルフルーツは、そもそも外国からの入ってきたものばかりなので、日本と同じくそのまま外国語をイタリア語っぽく言ってるものが多いですね。特殊なのは、パイナップルくらいかな。

小人や動物たちも大好き!森の果物 ~I frutti di bosco(イ・フルッティ・ディ・ボスコ)

PublicDomainPictures / Pixabay

16 La mora(ラ・モーラ) : ブラックベリー

17 La rampone(イル・ランポーネ) : ラズベリー

16 I mirtilli neri(イル・ミルティーリ・ネーリ) : ブルーベリー

I mirtilli(イ・ミルティーリ)だけでもOKです。

17 I mirtilli rossi (イ・ミルティーリ・ロッシ) : クランベリー

18 Il ribes nero(イル・リーベス・ネーロ) :カシス

19 Le fragoline di  bosco(レ・フラゴリーネ・ディ・ボスコ) : エゾヘビイチゴ /キイチゴ

オシャレ女子が好きなフルーツたち、ベリー系ですね!どれも日本語とはずいぶん違って、おもしろい&おしゃれですよね。イタリア全土でよく食べられて、ジェラートやケーキ、お菓子にもよく使われる森の果実代表が、ブルーベリーとラズベリーです。イタリアでは男女問わず人気があります!

小鳥やリスの大好物!木の実 ~La  frutta secca(ラ・フルッタ・セッカ)

congerdesign / Pixabay

20 La noce(ラ・ノーチェ) : クルミ

21 L’arachide(ララキデ) : ピーナッツ

22 Le castagne(ラ・カスターニェ) : 栗

23 La nocciola(ラ・ノッチョーラ) : マカデミアナッツ

24 Il pinolo(イル・ピノーロ) : 松の実

25 Il pistacchio(イル・ピスタチオ) : ピスタキオ

コロコロ小さな木の実がカゴから転がりだしそうな言葉ばかりですね♪木の実が大好きな動物代表リスは、「scoiattolo(スコイアットロ)」と言います。

おなじみの可愛いフルーツたち ~Altri tipi di frutta(アルトリ・ティーピ・ディ・フルッタ)

pixel2013 / Pixabay

26 La mela(ラ・メーラ) : りんご

27 La pera(ラ・ペーラ) : 梨、西洋梨

28 La pesca(ラ・ぺスカ) : 桃

29 L’albicocca(ラルビコッカ) : アプリコット

30 La prugna(ラ・プルーニャ) : プルーン、プラム

31 La fragola(ラ・フラーゴラ) : いちご

32 La ciliegie(ラ・チリエージェ) : さくらんぼ

33 La melagrana(ラ・メラグラーナ) : ザクロ

La peraは、基本的にはラフランスのような西洋梨を指します。イタリアにも日本の梨が少し流通していて、そちらは敢えて「Nashi(ナ~シ)」と呼んだりします。「Nashi giapponese(ナ~シ・ジャポネーゼ):日本の梨」と呼ぶ人もいます。一方、秋の味覚の一つの柿は、「Caco/CachiまたはKako/Kaki(カコ/カキ)」と日本語のまま伝わっています。Caco・Kakoは単数形(ひとつの時の言い方)、Cachi・Kakiは複数形(2つ以上ある時の言い方)です。

フルーツの魅力とは?

romanov / Pixabay

フルーツの魅力とはなんでしょうか?

フルーツにはどんなイメージがありますか?ざっと思いつく限り挙げてみました。

・甘さや甘酸っぱさ

・果汁の潤い、新鮮さ

・見た目の可愛いさ

・ビタミンなどが豊富で、身体に健康に良い感じ

・春のフルーツの清らかさ

・夏のフルーツの爽やかさ

・秋のフルーツのほっこりした温かさ

 

カフェやケーキ屋さん、パン屋さんなどに、「Noce(ノーチェ):クルミ」など木の実のイタリア語を店名にしてみたり♪

自慢のケーキやお菓子に、メインのフルーツの名前、例えば「Fragola(フラーゴラ):いちご」と名付けてみたり♪

瑞々しいお肌を手に入れるエステサロンで、「Rampone(ランポーネ):ラズベリー」という肌の潤い補給集中コース名にしてみたり♪

子供服ブランドに「Pistacchio(ピスタキオ):ピスタチオ」という名前をつけるのも、コロンとしたピスタチオの実の雰囲気と元気な緑色、ちょっと恥ずかしそうにカラから顔を出すハニカミ屋さんな感じが、可愛いくマッチしますよね♪

 

そう言えば、木の家具を主に扱う可愛い家具ブランド「Noce(ノーチェ):クルミ」というブランド名がありますよね。すべての商品がクルミの木を使っていなくても、木材の優しく温かい雰囲気が伝わるブランド名/社名として、木の実のイタリア語を使うのもオシャレですね!

 

可愛さ、瑞々しさ、清らかさ、爽やかさ、可憐さ、ヘルシーさ、エコな感じ、ぬくもり、優しさを表現するのに、

フルーツをイタリア語にしてみるのは素敵なアイデアですよね。

 

<おまけ>ちょっと発音チェックしてみる?!

今日紹介したフルーツの「可愛いイタリア語」33選のうちのほとんどが、こちらの動画で発音紹介されています。

 

本物のイタリア人がどんな風に発音するのか気になる方はチェックしてみてくださいね!

イタリアの子供向け教育動画なので、実際のイタリア人同士の会話よりも、ずっとゆっくりはっきり発音しているので、聞きやすいですよ。

 

使用上の注意

☆ 単語の冒頭の「il la l’ lo」は、冠詞(定冠詞)と言います。英語の「The」に当たるものです。ペットの名前や、ID、アカウント名、ハンドルネームでは、「il la l’ lo」は付けなくて大丈夫です。

 

☆ 動物や花など、数えられるもので、「1つの」と強調したい時は、「il la l’ lo」の代わりに「un una un’ uno」を使います。

 「il la l’ lo」→ 「un una un’ uno」 の替え方は、以下のルールです。

  il → un に替える

  la → una に替える

  l’ → un’ に替える

  lo → uno に替える

 

ちょっと難しそうな説明をしてしまいましたが、もし実際に名前を付けるにあたって、不安になってしまったときは、気軽にお問合せくださいませ。可能な限りでお力になりますよ♪

 

 

色んなネーミングに使える!「かわいいイタリア語シリーズ」は、他にもこんな記事があります。

よければ併せてご覧下さいませ♪

 

かわいいイタリア語30選!~小さいもの編

かわいいイタリア語30選!~自然編

かわいいイタリア語30選!~お菓子編

イタリア語カテゴリの最新記事