Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

子供と一緒に歌でイタリア語♪Ninna Nanna, Ninna Oh【動画あり】

子供と一緒に歌でイタリア語♪Ninna Nanna, Ninna Oh【動画あり】

 

 

日本語でも英語でもイタリア語でも!

は子供のボキャブラリー(語彙力)、表現力、コミュニケーション力を豊かにします!

 

我が家の2歳6か月の日本×イタリアハーフちゃん、コロコロちゃんもお歌が大好きです♪

 

今日はコロコロちゃんがイタリア語の先生!!!( ´艸`)

 

子供の歌う歌は、メロディーもリズムも耳なじみが良く
口ずさんでいるうちに、イタリア語のフレーズや文法をサラリと覚えてしまえる良い教材です♪

 

ちょっと肩の力を抜いたイタリア語の勉強に!
我が子にイタリア語を教えたい♪グローバルな子に育てたい♪

 

そんな方のために、今日は…

イタリアの子守歌、Ninna Nanna Ninna Oh (ニンナ ナンナ ニンナ オー)をご紹介します♪

 

まずは、どんな歌なのか、聞いてみましょう♪

 

Ninna nanna, ninna oh, questo bimbo a chi lo do?

Ninna nanna, ninna oh, questo bimbo a chi lo do?

 

Se lo do alla Befana me lo tiene una settimana.

Se lo do al Bove Nero me lo tiene un anno intero.

Se lo do al Lupo Bianco me lo tiene tanto tanto.

 

Ninna nanna, nanna fate il mio bimbo addormentate!

発音、単語、文法、意味を詳しく見てみよう♪


White77 / Pixabay

Ninna nanna, ninna oh,  (ニンナ ナンナ ニンナ オー)

ねんねんころりよ、ねんころり

 

・Ninna nanna :日本語の「ねんねんころり」ような子供を寝かしつける時の歌いかけの言葉。

 

 

questo bimbo a chi lo do? (クエスト ビンボ ア キ ロ ド)

この子(赤ちゃん)を誰にやろうか?

 

・questo :この

・bimbo :(男の)赤ちゃん

・a chi :誰に

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています

・do →dare(与える)の直接法現在【Indicativo presente】のioの活用

※dareの活用について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ♪

【英語でイタリア語】イタリア人が日常会話でよく使う「動詞」25語を使った例文学習③

 

Se lo do alla Befana (セ ロ ド アッラ ベファーナ)

この子を魔女に渡したなら、

 

・Se :もし~したなら

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています。

・alla →前置詞「a:~へ」+定冠詞「la」

・Befana :魔女

 

 

me lo tiene una settimana. (メ ロ ティエネ ウナ セッティマーナ)

(魔女は)私のためにこの子を1週間預かってくれるだろう

 

・me →目的代名詞「mi :私に、私のために」

※miに続く直接目的語代名詞「lo」とくっついて、「mi→me」と音が変化したもの

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています。

・tiene →tenere(保持する、持つ)の直接法現在【Indicativo presente】leiの活用

※tenereの活用を確認したい方はこちら

・una settimana :1週間

 

 

Se lo do al Bove Nero  (セ ロ ド アル ボヴェ ネロ)

この子を黒い牡牛に渡しなたら、

 

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています。

・al →前置詞「a:~へ」+定冠詞「il」

・Bove Nero :黒い牡牛

 

 

me lo tiene un anno intero. (メ ロ ティエネ ウナンノ インテロ)

私のためにこの子を丸一年預かってくれるだろう

 

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています。

・un anno :1年

・intero :~いっぱい

  ※英語の「full」や「whole」

 

Se lo do al Lupo Bianco  (セ ロ ド アル ルーポ ビアンコ)

この子を白オオカミに渡したなら

 

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています。

・Lupo Bianco :白オオカミ

 

 

me lo tiene tanto tanto. (メ ロ ティエネ タント タント)

私のためにこの子を長いこと預かってくれるだろう

 

・lo →人称代名詞の「lo:彼を」。この場合は、「questo bimbo:この子」を指しています。

・tanto :たくさん

 

 

Ninna nanna, nanna fate il mio bimbo addormentate! (ニンナ ナンナ、ナンナ ファーテ イル ミオ ビンボ アッドルメンタテ)

ねんねんころりよ、さぁみんな、私の赤ちゃんを寝かしつけておくれ!

 

・fate →fare(~する)の命令形【Imperativo】voiの活用 →~しておくれ!

・mio :私の

・addormentate →addormentare(眠りに落ちる)のvoiの活用

・fate il mio bimbo addormentate →「il mio bimbo」を「addormentate」の状態にすることを「fate」してください 

→私の赤ちゃんを寝かしつけておくれ!

この歌の楽しみ方♪イタリア語の自然な音の流れと目的語人称代名詞「lo」「mi」の使い方を学ぶ


PublicDomainPictures / Pixabay

この歌は、イタリア語の「自然な音の流れ」を作るために使われる直接目的語代名詞の lo間接目的語代名詞 miが学べます。

日本語や英語など他の言語でもそうですが、1つの文章の中に何度も同じ言葉が登場するのは、ちょっと騒がしい感じがして、読みづらいですよね。

 

この歌の中では…

★何度も「この子/この赤ちゃん」と繰り返さないために、直接目的語代名詞「lo(ロ):彼を」が使われています。

★同じく何度も「私のために」を繰り返さないために、間接目的語代名詞「mi(ミ):私のために」が使われています。

★目的語代名詞の設置の仕方について、イタリア語の文法上、次の3つのルールがあります!

 ①動詞の前に置く

 ②間接目的語代名詞の後に直接目的語を置く

 ③「間接目的語代名詞の後に直接目的語を置く」場合、前にある間接目的語代名詞の語尾が変形する

 

Ninna Nanna, Ninna Ohの歌の中では、「me lo tiene una settimana.:私のためにこの子を1週間預かってくれる」とありましたね。

①目的語代名詞のセット「me lo」は、動詞「tiene:保持する→預かる」直前に置いてます!

②目的語代名詞のセットは、間接目的語代名詞「mi(ミ):私のために」+直接目的語代名詞「lo(ロ):彼を」順番になってます

さらに、

③「mi」の語尾が「me」に変化して、「me lo」となっていますね!

 

歌の中のほんの短い1フレーズを覚えて、口ずさむだけで、こんな複雑な文法をマスターすることができちゃうんですよ!

イタリアの子供たちはこんな風に、最初は自然なイタリア語の形を歌や会話の中で体感的に覚えて、後々学校で理論的に学んで知識として補足するんですね。

Ninna nanna, ninna oh, questo bimbo a chi lo do?

Ninna nanna, ninna oh, questo bimbo a chi lo do?

 

Se lo do alla Befana me lo tiene una settimana.

Se lo do al Bove Nero me lo tiene un anno intero.

Se lo do al Lupo Bianco me lo tiene tanto tanto.

 

Ninna nanna, nanna fate il mio bimbo addormentate!

 

Ninna nanna, ninna ohの歌は、子守歌なのでゆっくりしたリズムで流れるように歌われます。

覚えやすいメロディーに乗って、ゆっくりしたリズムで口ずさむことができるので、

歌っている間に、イタリア語の文法の最初の難関?!とも言われる

イタリア語の目的語の使い方(どの位置に置くのか)をサラリと学ぶことができますよ!

 

イタリア語の目的語について詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ♪

直接目的語代名詞「mi, ti, lo, la, La, ci, vi, li, le」【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】

間接目的語代名詞「mi, ti, gli, le, Le, ci, vi」【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】

 

イタリア語学習において「発音」を押さえておくべき6つの理由

<イタリア語の発音>これだけ押さえておけば安心なポイント3点

 

我が家のコロコロちゃんに最初に歌ってあげたイタリア語の子守歌が、Ninna nannna, ninna ohでした。

歌ってあげたくて、臨月に一生懸命練習しました~( ´艸`)

真面目に勉強してると、むむむ。。。難しい…と思うようなイタリア語の特徴も歌だとサラリと歌詞の中に入っています。

試験の時や会話の際に、あれ?どうだっけ?と頭の中で考えてしまう時、

この歌を思い出して、あぁ!そうだった!!!となること、ありますよ!( ´艸`)

 

意外とバカにならない子供の歌!

音を聞いて文字を読む、この音はこの文字列で表現する!ということを覚えて(インプット)、

実際に書いたり、話したりしてみる(アウトプット)

という順番で学ぶのは、効率のいい学習方法です!

 

ぜひお子様と一緒に、

大人だけでも、楽しくイタリア語を勉強するために、

イタリア語の自然で美しい音の響きを意識した、イタリア語の文法学習やってみてくださいね♪( ´艸`)

 

Cantiamola insieme!!! (カンティアーモラ インシエーメ)
一緒に歌おう!

↑cantiamolaの「la」は「la canzone(ラ カンツォーネ):歌」のこと。

canzoneは女性名詞だから「la」になって、

音の響きを自然で美しいものにするために、「cantiamo→cantareの命令形noiの活用」にくっついちゃったんです!

このブログでは、何度も繰り返したりするサラリと記憶に残りやすそうなフレーズに、ちょっと難しい文法要素を仕込むように意識しています♪ あ!と気づいたら、そのフレーズでぜひ難しそうな文法も覚えちゃってくださいね♪

 

チャオ!チャオ!

コロコロちゃんが教えてくれる♪お歌でイタリア語♪

子供と一緒に歌でイタリア語♪まとめ【動画あり】

【子供と一緒に歌でイタリア語】シリーズ 第三弾!

子供と一緒に歌でイタリア語♪Giro Giro Tondo【動画あり】

【子供と一緒に歌でイタリア語】シリーズ 第二弾!

子供と一緒に歌でイタリア語♪Stella Stellina【動画あり】

【子供と一緒に歌でイタリア語】シリーズ 第一弾!

子供と一緒に歌でイタリア語♪Bella lavanderina【動画あり】

イタリア語の数字の勉強におすすめな子供用の数字の歌を動画付きで紹介してます!

10まで数えられるのは何歳くらい?幼児が数字を好きになる「数え歌」日本語、英語、イタリア語

独学でイタリア語を勉強する!【おすすめ学習方法・コツ・教材・アドバイスまとめ】

イタリア語カテゴリの最新記事