Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

かわいいカラフルなイタリア語12選~12色の色

かわいいカラフルなイタリア語12選~12色の色

おしゃれなイメージがあるイタリア語!

日本でもお店の名前(レストラン、エステサロン、美容室、ネイルサロン、雑貨屋さん)、ブログ名、会社の名、ブランド名、ペットの名前、メニュー名などにイタリア語はよく使われています。

 

おしゃれな言葉と言えば、フランス語、英語もよく言われますが、フランス語も英語も、日本人にとっては発音が難しい。。。

せっかくあなたの大切なもの(お店やブランド、会社名、アカウント名、ペットの名前など)に、おしゃれな外国語を使っても、覚えてもらえにくいのはちょっと残念ですよね。

 

イタリア語の発音は、日本人にとって比較的簡単です。基本的にはローマ字読みでOKなので。

 

個人的には、大学生の頃に学んだお隣の国の言葉、韓国語よりもイタリア語の発音の方が簡単でした♪

イタリア語の発音で難しいのはRとLの発音ですが、日本で使うためのイタリア語の名前で、ネイティブの発音を求める必要はないですよね。日本語の「ラ・リ・ル・レ・ロ」で発音すればいいと思います!

 

あなたの大切なものに名前を付けるというのは、子供に名前を付けるように、それに命を吹き込むようなもの

日本では、姓名判断という名前による占いがあるくらい、名前って大事なものです。

 

この記事では、色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語厳選12を紹介します。

今日のテーマは「カラフルな色」

イタリアって、緑・白・赤のおしゃれな3色の国旗、ファッションやデザイン雑貨や家具も、カラフルなものが多いですよね!そんなおしゃれセンスの光るイタリアでは、色をどんな風に表現するのでしょうか?

カラフルで「かわいい」イタリア語を見てみましょう!

「これだ!」というあなたのお気に入りのイタリア語が見つかりますように!

「色」ってイタリア語でなんて言うの?


Couleur / Pixabay

「色」はイタリア語で、colore(コローレ)と言います。

コロコロコロン♪と転がりそうな響きが、かわいいですよね♪

 

イタリア語には、単数形と複数形という2つの形がありまして、

その言葉で表すものが1つなら、「単数形」

その言葉で表すものが2つ以上なら、「複数形」

という形に言葉が少し変化します。

 

「色」はイタリア語で、colore(コローレ)と言いましたが、

これは「単数形」。色が1色とか、1つのものの色を表現する時に使います。

2色以上のときは、colori(コローリ)となります。

ちょっとだけ語尾が変化したの分かりますか? コローとコローです。

 

ムムム!なんか難しい話になってきた!!!

と思った方、ご心配なく!

 

ルールはとってもシンプルで簡単なのです。

ただルールに従って、自分で変化させるには、ちょっとイタリア語を勉強する必要があります。

でも、この記事は、

おしゃれで可愛いイタリア語を気軽に取り入れたい!という方のために書いているので、

イタリア語の文法を勉強してもらう気は全くありません♪

 

悩まなくていいように、ものすごく分かりやすい表を後ほど紹介します!

表を見て、

黄色で、1色だから、こっち!

赤と緑と白の3色だからこっち!

という感じで、表から選んで使ってもらえれば大丈夫です♪

 

では、早速、かわいい&おしゃれなイタリア語で、12色の色をどのように表現するのか見ていきましょう♪

カラフルで「可愛いイタリア語」12選


Carlosgmenezo / Pixabay

カラフルで「可愛いイタリア語」を12色集めてみました!

 

あなたの心に響くものが見つかりますように!

 

1 rosso(ロッソ) : 赤


ponce_photography / Pixabay

2 giallo(ジャッロ) : 黄色


pixel2013 / Pixabay

3 blu(ブルッ) : 青


pasja1000 / Pixabay

4 verde(ヴェルデ) : みどり


Security / Pixabay

5 bianco(ビアンコ) : 白


sfetfedyhghj / Pixabay

6 nero(ネロ) : 黒


wdt0505 / Pixabay

7 arancione(アランチオーネ) : オレンジ、だいだい色


PhotoMIX-Company / Pixabay

8 viola(ヴィオラ) : むらさき


pixel2013 / Pixabay

9 grigio(グリッジョ) : グレー、灰色、ねずみ色


xusenru / Pixabay

10 azzurro(アッズーロ) : 水色


skeeze / Pixabay

11 marrone(マッローネ) : 茶色


Alexas_Fotos / Pixabay

12 rosa(ローザ) : ピンク


castleguard / Pixabay

 

色のイメージも大切にしつつ、響きやアルファベットの文字の並びなどの雰囲気を大切に、色んな想いを自由に込めて名づけることができるのが、色のイタリア語の魅力

 

ブライダルサロンやウェディングアクセサリーの専門店に、花嫁の純白なウェディング姿をイメージして「Bianco(ビアンコ):白」と名付けるの素敵です。


出典:biancasposa.com

「真っ白な花嫁」という意味のイタリア語「Bianca Sposa」というウェディングドレスのブランドが実際にありますよ♪

 

 

ロマンチックで清潔感のある、ピンクのバラの香りがほのかに漂ってきそうなオシャレなカフェ「Rosa Rosa(ローザ・ローザ)ピンクのバラ」って名前も可愛いですよね♪

ピンクのバラの花言葉は、上品、感謝、幸福です♡

 


言葉の音や響き、意味の可愛さの中に、色のイメージや、色が示すもののイメージを添えてキュートに表現できるのは、カラフルなイタリア語の魅力です!

色によって、明るい感じ、元気な感じ、ポップな感じ、キュートな感じ、清楚さ、上品さ、はかなさ、爽やかさ、落ち着きや癒しの雰囲気も表現できる、バリエーションが豊富な言葉たちです♪

使用上の注意

☆ 単語の冒頭の「il la l’ lo」は、冠詞(定冠詞)と言います。英語の「The」に当たるものです。ペットの名前や、ID、アカウント名、ハンドルネームでは、「il la l’ lo」は付けなくて大丈夫です。

 

☆ 動物や花など、数えられるもので、「1つの」と強調したい時は、「il la l’ lo」の代わりに「un una un’ uno」を使います。

 「il la l’ lo」→ 「un una un’ uno」 の替え方は、以下のルールです。

  il → un に替える

  la → una に替える

  l’ → un’ に替える

  lo → uno に替える

 

ちょっと難しそうな説明をしてしまいましたが、もし実際に名前を付けるにあたって、不安になってしまったときは、気軽にお問合せくださいませ。可能な限りでお力になりますよ♪

 

色んなネーミングに使える!「かわいいイタリア語シリーズ」は、他にもこんな記事があります。

よければ併せてご覧下さいませ♪

【まとめ】色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語

かわいいイタリア語30選!~自然編

かわいいイタリア語33選!~フルーツ編

かわいいイタリア語30選!~お菓子編

イタリア語カテゴリの最新記事