Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヴェネチア名物「アクア・アルタ」って何?時期はいつ?

ヴェネチア名物「アクア・アルタ」って何?時期はいつ?

イタリアの人気観光都市ヴェネツィアには、冬の風物詩と言われる「アクア・アルタ」という不思議な現象があります。

 

最近のニュースでも話題になったので、「アクア・アルタ」という名前をテレビやラジオで聞いたことがある人、インターネット記事やブログ、SNSで目にしたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

近々ヴェネツィア旅行を予定、計画している方、家族・友人・知人がヴェネツィアに行く予定の方にとっては、なんだか分からない不安要素で、心配になりますよね。

 

「アクア・アルタ」とは一体何なのか?

「アクア・アルタ」に気を付けるべき時期はいつなのか?

 

この記事では、「水の都」ヴェネツィアで、しばしば発生する異常現象「アクア・アルタ」について、とっても分かりやすく画像と動画を織り交ぜて解説します!

ヴェネツィア名物「アクア・アルタ」は、異常潮位現象!


出典:ilgazzettino.it

Acqua alta(アクア・アルタ)って、イタリア語で「高潮」のことなんですが、

どこにでもある「高潮」とは一味違っております。

 

アクア・アルタは、ヴェネツィアのあるアドリア海北部で定期的に発生する「異常潮位現象」と言われております。

異常」というのは、この高い潮位が、数十日単位で発生するところが「異常」なんだそう!

「アクア・アルタ」が発生する2つの原因


nextvoyage / Pixabay

なぜこんな異常な潮位現象、アクア・アルタが、この地域でのみ発生するのかというと、

基本的には2つの原因があります。

 

1つ目の原因は、強い季節風

この時期にアドリア海の北沿いに吹き付ける、シロッコという強い季節風があります。

この強い季節風が吹きつけることで、ヴェネツィアがあるエリアの水量が増えます。

 

2つ目の原因は、潮の満ち引きによる満潮

そんな水量が増えているところに、満潮が重なるミラクルが起こると、

「アクア・アルタ」が発生します。

市内の75%が浸水した記録的な「アクア・アルタ」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mikyさん(@michela.sanzovo)がシェアした投稿

2018年10月29日に発生し、世界中で話題になった「アクア・アルタ」は、潮位159cm上昇により、ヴェネツィア市内の75%が浸水した記録的な「アクア・アルタ」でした。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mattia Carlonさん(@mattiacarlon1)がシェアした投稿

これは、かなりレアな高レベルの「アクア・アルタ」で、

上記で説明した条件に、さらに悪天候(暴風雨)が重なったことで起きました

 

ヴェネチアの記録的浸水!今の状況は?水位156センチ上昇!!!!【画像・動画あり】

「アクア・アルタ」の発生頻度が上がってる!!!

出典:「”Statistiche dell’acqua alta a Venezia”」『wikipedia italiano – l’enciclopedia libera』”il 29 ott 2018 alle 09:33″ URL: https://it.wikipedia.org

ここまで説明したように、

「水の都」ヴェネツィアは、「アクア・アルタ」が発生しやすい条件が整っている場所なのですが、

それに加えて、地盤沈下が進んでいること、地球温暖化による海面の上昇という2つの要因で、

最近は「アクア・アルタ」の発生率が上がっているそうです。

 

ヴェネツィアの通常の潮位は、70cmと言われていますが、年間平均潮位は、50cm~120cm

潮位が90cmを超えると、海抜の低い、サンマルコ広場などは浸水し始めます!

 

※サンマルコ広場が浸水している時、する可能性がある時は、サンマルコ寺院への入場はできません。

 

実は!ヴェネツィアで起こる高潮を、すべて「アクア・アルタ」とは言いません。

 

「アクア・アルタ」は、潮位110cm以上の高潮と定義されているので、サンマルコ広場の少しの浸水は、正確にはまだ「アクア・アルタ」のレベルではありません。

 

本物の「アクア・アルタ」、つまり潮位110cm以上に達するのは、

公式データによると、2010年くらいまでは年に6~7回くらいだったそうですが、

現在では1年間に10回くらい発生するそうです!

 

年に10回というと多いようですが、1年のうち「アクア・アルタ」が発生する日に当たる確率は2.7%です。

あなたがヴェネツィアを訪れたまさにその日に「アクア・アルタ」が発生するのは、まさに奇跡ですね。

 

まとめ:ヴェネチア名物「アクア・アルタ」って何?時期はいつ?

bilaleldaou / Pixabay

「アクア・アルタ」って何?

ヴェネツィア名物「アクア・アルタ」とは、

アドリア海北部に、強い季節風×満潮がそろった時に発生する異常潮位現象で、

潮位が110cm以上の高潮のことです。

 

「アクア・アルタ」の時期はいつ?

「アクア・アルタ」の発生時期は、秋~春にかけて。

具体的には10月~3月と言われています。

 

この時期にヴェネツィア観光を予定している人は、「アクア・アルタ」に注意が必要です。

 

近年問題になっている地盤沈下温暖化の影響で、「アクア・アルタ」の発生率は上がっています!

「アクア・アルタ」によってヴェネツィアの街が浸水することは、

もはやヴェネツィアの人々にとっては、よくあること!驚きません。

「アクア・アルタ」は、ヴェネツィアの冬の風物詩と言われて、敢えてこの時期にヴェネツィアを訪れる観光客もいるほどです。

 

季節風満潮に、暴風雨などの悪天候が重なると、記録的な「アクア・アルタ」が発生することがあります。

潮位が150cmを超えると、ヴェネツィアの街の70%が浸水します。

直近では、2018年10月29日に潮位156cm上昇を記録

かなり異常で危険な状況で、世界中のメディアが報道しました。

 

 

以上が、ヴェネツィア名物「アクア・アルタ」の簡単な説明です。

参考になりましたでしょうか?

 

イタリア旅行の計画などに、ご活用いただければ幸いです♪

 

イタリア旅行カテゴリの最新記事