Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

かわいいイタリア語13選!~ひんやり寒い冬編

かわいいイタリア語13選!~ひんやり寒い冬編

おしゃれなイメージがあるイタリア語!

日本でもお店の名前(レストラン、エステサロン、美容室、ネイルサロン、雑貨屋さん)、ブログ名、会社の名、ブランド名、ペットの名前、メニュー名などにイタリア語はよく使われています。

 

おしゃれな言葉と言えば、フランス語、英語もよく言われますが、フランス語も英語も、日本人にとっては発音が難しい。。。

せっかくあなたの大切なもの(お店やブランド、会社名、アカウント名、ペットの名前など)に、おしゃれな外国語を使っても、覚えてもらえにくいのはちょっと残念ですよね。

 

イタリア語の発音は、日本人にとって比較的簡単です。基本的にはローマ字読みでOKなので。

 

個人的には、大学生の頃に学んだお隣の国の言葉、韓国語よりもイタリア語の発音の方が簡単でした♪

イタリア語の発音で難しいのはRとLの発音ですが、日本で使うためのイタリア語の名前で、ネイティブの発音を求める必要はないですよね。日本語の「ラ・リ・ル・レ・ロ」で発音すればいいと思います!

 

あなたの大切なものに名前を付けるというのは、子供に名前を付けるように、それに命を吹き込むようなもの

日本では、姓名判断という名前による占いがあるくらい、名前って大事なものです。

 

この記事では、色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語厳選13個を紹介します。

 

今日のテーマは「ひんやり寒い冬」

 

開放的な夏から、おしゃれでアンニュイな秋を過ぎて、

訪れる冬は、ひんやり寒いイタリアですが、かわいいものが溢れていますよ!

 

ひんやり寒い冬の「かわいい」イタリア語を見てみましょう!

 

「これだ!」というあなたのお気に入りの名前が見つかりますように!

「冬」ってイタリア語でなんて言うの?


Pezibear / Pixabay

「冬」はイタリア語で、inverno(インヴェルノ)と言います。

ちょっとオシャレな響きですよね♪

 

「ひんやり」はイタリア語で、fresco(フレスコ)

これをかわいく表現すると、frescolino(フレスコリーノ)となります。

可愛くなりましたね♡

 

「寒い」はイタリア語では、freddo(フレッド)

「今日は寒いね」と誰かに話しかける時は、Fa freddo oggi.(ファ フレッド オッジ)と言います。

 

 

寒い冬と言えば、イメージするのは雪!雪だるま!氷の結晶!などですね。

ひんやりさむ~い冬には可愛いものがいっぱい溢れています!

 

ひんやり寒い冬の「かわいい」イタリア語13選をさっそくご紹介します♪

ひんやり寒い冬の「可愛いイタリア語」13選


Couleur / Pixabay

ひんやり寒い冬の「可愛いイタリア語」を集めてみました!

あなたの心に響くものが見つかりますように!

 

1 la neve(ラ・ネーヴェ) : 雪

2 il ghiaccio(イル・ギアッチョ) : 氷

3 i ghiaccioli(イル・ガッティーノ) : 氷柱(つらら)


parlansky / Pixabay

実は、il ghiaccioloと言うと最初にイメージするのは、アイスキャンディー!(笑)


jill111 / Pixabay

アイスキャンディーはイタリア語でil ghiacciolo。

ジェラートが有名なイタリアですが、甘いもの大好きなイタリア人は、アイスキャンディーも大好きなんです!

 

間違いなく「つらら」と言いたい場合は、

木のつらら:Ghiaccioli su di un albero(ギアッチョ―リ・ス・ディ・ウン・アルベロ)

屋根のつらら:Ghiaccioli su di un tetto(ギアッチョ―リ・ス・ディ・ウン・テット)


HoliHo / Pixabay

と表現するのがおすすめです。ちょっと長くて面倒くさいですけどね。

 

4 la brina(ラ・ブリーナ) : 霜(しも)

5 la nebbia(ラ・ネッビア) : 霧(きり)

6 i fiocchi di neve(イ・フィオッキ・ディ・ネーヴェ) : 氷の結晶

7 il pupazzo di neve(イル・プパッツォ・ディ・ネーヴぇ) : 雪だるま


Couleur / Pixabay

8 il congelamento(イル・コンジェラメント) : 氷結

9 il pattinaggio su ghiaccio(イル・パッチナッジョ・ス・ギアッチョ) : アイススケート

10 il pattinaggio di figura(イル・パッチナッジョ・ディ・フィグーラ) : フィギアスケート

134213 / Pixabay

11 lo sci(ロ・シー) : スキー

12 il natale(イル・ナターレ) : クリスマス

 

かわいいイタリア語20選!~クリスマス編

 

13 il capodanno(イル・カポダンノ) : お正月

NataleとCapodannoは、頭の「il」無しで使うこともよくあります♪

 

PublicDomainPictures / Pixabay

ひんやり寒い冬のイタリア語は、寒さや冷たさの中に輝く美しさを秘めています。

白く透きとおっていて、雪のように目に見えるのに、手で触れると溶けてしまう儚さも、かわいいさの一つなのかもしれませんね。

 

ひんやり寒い冬の「可愛いイタリア語」を

冬の新作商品の名前にしてみるなんてどうですか?

 

例えば、口の中でふわっと溶けちゃうチョコレート菓子やムースのケーキに

「Neve(ネーヴェ):雪」または「Il fiocco di neve(イル・フィオッコ・ディ・ネーヴェ)雪の結晶」。

 

かわいい響きに込められた、美味しさの秘密は、雪のようなくちどけ♪

冬の魔法のようなお菓子、かわいいですよね!

 


冬は寒くて暗くて、なんだか心が晴れない気もしますが、

冬を彩る美しく儚い、可愛いものに目を向けて、冬の幸せを感じてほしい!

そんな想いを込めた「ひんやり寒い冬の可愛いイタリア語」、あなたの大切なものの名前にどうぞご利用くださいませ。

使用上の注意

☆ 単語の冒頭の「il la l’ lo」は、冠詞(定冠詞)と言います。英語の「The」に当たるものです。ペットの名前や、ID、アカウント名、ハンドルネームでは、「il la l’ lo」は付けなくて大丈夫です。

 

☆ 動物や花など、数えられるもので、「1つの」と強調したい時は、「il la l’ lo」の代わりに「un una un’ uno」を使います。

 「il la l’ lo」→ 「un una un’ uno」 の替え方は、以下のルールです。

  il → un に替える

  la → una に替える

  l’ → un’ に替える

  lo → uno に替える

 

ちょっと難しそうな説明をしてしまいましたが、もし実際に名前を付けるにあたって、不安になってしまったときは、気軽にお問合せくださいませ。可能な限りでお力になりますよ♪

 

 

色んなネーミングに使える!「かわいいイタリア語シリーズ」は、他にもこんな記事があります。

よければ併せてご覧下さいませ♪

かわいいイタリア語15選!~ほっこりあったかい冬編

かわいいイタリア語20選!~クリスマス編

 

かわいいイタリア語30選!~自然編

かわいいイタリア語33選!~フルーツ編

かわいいイタリア語30選!~お菓子編

 

イタリア語カテゴリの最新記事