Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

直接目的語代名詞「lo, la,li, le」【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】

直接目的語代名詞「lo, la,li, le」【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】


jarmoluk / Pixabay

イタリア語の直接目的語が「モノ」の場合についての注意点を解説します!

 

この記事は、

「直接目的語代名詞「mi, ti, lo, la, La, ci, vi, li, le」【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】」の補足記事です!

直接目的語代名詞「mi, ti, lo, la, La, ci, vi, li, le」【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】

 

ということで、今日のテーマは

直接目的語代名詞/「lo, la, li, le」

 

この直的目的語代名詞「lo, la, li, le」が表すのは、「モノ」の場合です!

 

注意すべきポイントは、名詞のタイプ

その「モノ」を表す名詞が…

男性名詞女性名詞

単数名詞複数名詞

直接目的語代名詞がモノを表す場合は、

名詞のタイプによって、目的語代名詞を使い分ける必要があるんです!

モノを表す直接目的語代名詞「lo, la, li, le」で注意すべき名詞のタイプの見分け方


guvo59 / Pixabay

モノを表す直接目的語代名詞「lo, la, li, le」を使う時に注意すべき名詞のタイプの見分け方は、2ステップです!

ステップ1 男性名詞女性名詞

ステップ2 単数名詞複数名詞

 

モノを表す直接目的語代名詞は、「lo, la, li, le」の4種類です!

使い方をサクッと簡単に説明するとこうなります!

lo →男性名詞単数

la →女性名詞単数

li →男性名詞複数

le →女性名詞複数

ステップ1、2と順番に解説していきます!

ステップ1 男性名詞女性名詞


Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

最初の仕分け作業で、4つある選択肢を2つに絞ることができます!

 

直接目的語代名詞が表すモノ」=名詞が、

男性名詞なら、選択肢は「lo」「li」になります!

女性名詞なら、選択肢は「la」「le」になります!

 

例えば…

・caffè(カフェ):コーヒー ➡ 男性名詞なので、「lo」「li」

・vestiti(ヴェスティーティ):洋服 ➡ 男性名詞なので、「lo」「li」

・pizza(ピッツァ):ピザ ➡ 女性名詞なので、「la」「le」

・scarpe(スカルペ):靴 ➡ 女性名詞なので、「la」「le」

 

それぞれの単語で、目的語代名詞がどれになるか、選択肢を2つにまで絞ったので、

ステップ2では、正しい目的語代名詞を特定しましょう!

ステップ2 単数名詞複数名詞


geralt / Pixabay

ステップ1で選択肢を2つまで絞ったので、すでに正当確率は50%!

さぁ!もう一歩です! 

というほどのことでもないのですが…( ´艸`)

 

 

直接目的語代名詞が表すモノ」=名詞が、

男性名詞なら、選択肢は「lo」「li」  単数名詞なら「lo」複数名詞なら「li」となります!

女性名詞なら、選択肢は「la」「le」  単数名詞なら「la」複数名詞なら「le」となります!

 

4つの単語で、ステップ1で2つに絞った選択肢から、正しい直接目的語代名詞を特定しましょう!

・caffè(カフェ):コーヒー ➡男性名詞なので、「lo」「li」 単数名詞なので、「lo」

・vestiti(ヴェスティーティ):洋服 ➡男性名詞なので、「lo」「li」 複数名詞なので、「li」

・pizza(ピッツァ):ピザ ➡女性名詞なので、「la」「le」 単数名詞なので、「la」

・scarpe(スカルペ):靴 ➡女性名詞なので、「la」「le」 複数名詞なので、「le」

3 直接目的語代名詞の使い方(名詞タイプから正しいものを選んだら、動詞の直前に置く)


geralt / Pixabay

★モノを表す直接目的語代名詞(lo, la, li, le)は、名詞のタイプで正しいものを選択する! 

lo →男性名詞単数

la →女性名詞単数

li →男性名詞複数

le →女性名詞複数

 

★直接目的語代名詞は、動詞の直前に置く

 

直接目的語代名詞は、ヒトを表す場合も、モノを表す場合も、動詞の直前に置きます!

 

名詞を使った文を、直接目的語代名詞を使った文に変える方法を学んで、

「モノ」を表す直接目的語代名詞の使い方を覚えましょう!

 

Compri quello vestito? (コンプリ クエッロ ヴェスティート) :その服を買うの?

 

→「quello vestito」を「それ」変えてみます♪

Lo compri?(ロ コンプリ) :それ買うの?

 

動詞の直後に置いていた「quella vestito」は、

男性名詞単数なので、

「Lo:それを」という直接目的語代名詞になって、

動詞の直前になりました!

Compri quella gonna? (コンプリ クエッラ ゴンナ) :そのスカートを買うの?

 

→「quella gonna」を「それ」変えてみます♪

La compri?(ロ コンプリ) :それを買うの?

 

動詞の直後に置いていた「quella gonna」は、

女性名詞単数なので、

「La:それを」という直接目的語代名詞になって、

動詞の直前になりました!

Compri dei libri? (コンプリ デイ リーブリ) :何冊か本を買うの?

 

→「dei libri」を「それら」変えてみます♪

Li compri?(リ コンプリ) :それらを買うの?

 

動詞の直後に置いていた「dei libri」は、

男性名詞複数なので、

「Li:それらを」という直接目的語代名詞になって、

動詞の直前になりました!

Compri le scarpe? (コンプリ レ スカルペ) :その靴を買うの?

 

→「le scarpe」を「それら」変えてみます♪

Le compri?(レ コンプリ) :それらを買うの?

 

動詞の直後に置いていた「le scarpe」は、

女性名詞複数なので、

「Le:それらを」という直接目的語代名詞になって、

動詞の直前になりました!

まとめ


StockSnap / Pixabay

今日は、

イタリア語の直接目的語が「モノ」の場合についての注意点を学習しました!

 

直接目的語代名詞がモノを表す場合は、

名詞のタイプによって、目的語代名詞を使い分ける必要があるんです!

 

★モノを表す直接目的語代名詞は、

 名詞のタイプによって(lo, la, li, le)4種類の中から適切なものを選択します!

lo →男性名詞単数

la →女性名詞単数

li →男性名詞複数

le →女性名詞複数

 

モノを表す直接目的語代名詞「lo, la, li, le」を使う時に注意すべき名詞のタイプの見分け方は、2ステップです!

ステップ1 男性名詞女性名詞

ステップ2 単数名詞複数名詞

 

直接目的語代名詞は、ヒトを表す場合も、モノを表す場合も、動詞の直前に置きます!

 

上記ポイントをマスターしたあとは、

★何度も例文を声に出して読む

★その例文を使うシチュエーションを想像して言ってみる

★紙に書いてみる

★例文を参考に「自分のオリジナルの文」を作ってみる!

など色んな角度で練習してみるのが効果的です!

自分で作ったオリジナルの文も、声に出して読んでみたりするのがいいですよ♪

 

日本人×イタリア人ハーフの2歳児コロコロちゃんが

お気に入りの音楽でイタリア語を学ぶ【子供と一緒に♪歌でイタリア語】シリーズの

「Ninna Nanna, Ninna Oh」は歌っているうちにイタリア語の目的語が学べるおすすめ曲です♪

この曲で学べるのは、

直接目的語代名詞の「lo(ロ):彼を」と間接目的語代名詞の「mi(ミ):私のために」。

よかったら、合わせてチェックしてみてくださいね♪

子供と一緒に歌でイタリア語♪Ninna Nanna, Ninna Oh【動画あり】

ちょっと難しいイタリア語の目的語代名詞ですが、

シンプルな歌いやすい歌を口ずさんでるだけで、

イタリア語の文法的に正しい文の形を覚えることができておすすめです♪

ちょっとした勉強の息抜きに、こんな学習方法もありですよね!

【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】シリーズまとめ

イタリア語オリジナル「簡易単語帳」とおすすめオンライン辞書

【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】まとめ

【まとめ】色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語

独学でイタリア語を勉強する!【おすすめ学習方法・コツ・教材・アドバイスまとめ】

動詞の過去分詞【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】

 

質問やご意見、今後の記事に対するリクエストなどありましたら、

お気軽にご連絡くださいませ♪

 

Twitterの質問箱からご連絡頂いても大丈夫です!!!

イタリア語カテゴリの最新記事