Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お食い初め用【尾頭付き「祝い鯛」】簡単レシピ<作業時間10分!材料2個!>

お食い初め用【尾頭付き「祝い鯛」】簡単レシピ<作業時間10分!材料2個!>

愛娘のために作った「お食い初め膳」の【祝い鯛】のレシピです。

 

下準備30分+調理時間30分のトータル1時間で完成します。

実際に手を動かす作業時間は、10分程度です!

 

必要なものは、鯛、塩、オーブン、アルミホイルとゆるいヤル気。

 

海外在住だし、大変そうなので、お食い初めするか悩んだんですが、

思ったよりも簡単に、海外でもできることが分かったので、やってやりましたー!

やってみると意外とできちゃうもんなので、ぜひチャレンジしてみてください!

お食い初め用【尾頭付き「祝い鯛」】簡単レシピ<作業時間10分!材料2個!>

用意するもの(道具)

・オーブン

・天板、または鯛が頭から尾まで丸ごと入る耐熱容器

・アルミホイル

・油(オリーブオイルがおすすめ)

材料

1尾
大さじ1

作り方

【下準備】

内臓&鱗を取ってキレイにしてもらった鯛の表面に小さじ1と1/2の塩をまぶして30分以上放置

オーブンを200度に温める

【調理】

1 天板または魚が丸ごとはいる耐熱容器に、アルミホイルを敷いて、表面に薄く油を塗る

2 下準備の終わった鯛を、キッチンペーパーで包むようにして水気を取る

3 鯛表面にもう一度塩小さじ1と1/2の塩をまぶす

4 尾びれ、胸びれ2枚が焦げないように、薄く油を塗ったアルミホイルでくるむ

5 200度に温めたオーブンで30分~40分焼く

6 焼けたら、箸と手を使って、そぉーっと優しく尾びれ&胸びれをカバーしていたアルミホイルを取る

7 お皿に盛りつけて完成♪

【ポイント&コツ】

・お皿に敷紙や、和風折り紙などを敷いて、鯛を盛ると素敵になる!

・飾りが無くても、和風折り紙を折って飾るのもいい感じになる♪

 

参考にしたレシピはこちら

Cpicon お食い初め 鯛の塩焼き by クックU28HBE☆

 

北イタリアの田舎に住んでいるので、ちょっと頑張って手作りしましたが、

日本に住んでいたら、もっと楽に用意する方法あります。

「祝い鯛」だけでも、日本の魚屋さんは、焼いて盛り付けまでしてくれるとこもあります!

日本の友人によると、スーパーに入ってる魚屋さんでも事前に頼めば「祝い鯛」を作ってくれるとこもあるそうです!

通販でもありますしね♪

 

通販なら、お食い初め膳のセットあるんです!

届いたら、温めて盛りつけるだけなんて、素敵すぎる!!!

 

プロのお食い初め膳を優雅に楽しむなら、

お食い初め膳プランのあるお店で外食にするのもいいですね。

しゃぶしゃぶの木曽路は、外食お食い初めで利用される方が多いようです。

我が子のせっかくのセレモニーなので、奮発して、料亭や旅館・ホテルで行う家族もいます。

たまには贅沢するのもいいですよね。

 

残念ながら、北イタリアのピエモンテにはそんなサービスはないので、

我が家はすべて自宅で手作りお食い初めにしました。

お金は最小限に抑えられて、アットホームで達成感もありました。

時間と労力はかかりましたが、準備も含めて経験と思い出はプライスレスかな。

好みもあると思いますが、自宅で手作りお食い初めも良いものです。

 

お食い初め膳の簡単レシピ集はこちらをどうぞ。

自宅で手作り「お食い初め膳」海外でもできた簡単レシピ集【調理時間:約2時間】

お食い初め用煮物【筑前煮】簡単レシピ<25分!フライパンでできちゃう!>

お食い初め用【赤飯】圧力鍋で20分でできちゃう簡単時短レシピ

お食い初め用【貝のお吸い物】簡単レシピ(ハマグリでもアサリでもOK!)

簡単おかず【タコの煮つけ】レシピ お食い初めに「多幸(タコウ)を祈って♪」

マンマのレシピカテゴリの最新記事