Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「~したかったです」Volevo+動詞の原形【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

「~したかったです」Volevo+動詞の原形【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

今日のフレーズは、

「~したかったです」Volevo+動詞の原形

過去の自分の願望を相手に伝える時に使うフレーズです。

 

旅行や日常生活で使えるフレーズなので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

基本フレーズ

JerzyGorecki / Pixabay

Volevo andare a Venezia.

(ヴォレーヴォ アンダーレ ア ヴェネツィア)

ヴェネツィアに行きたかったです。

 

例えば、イタリア旅行の思い出の写真を眺めている時、

 

「ローマもミラのもフィレンツェも良かったけど、

ヴェネツィアも行きたかったなぁ~!!!」

 

「じゃあ、今度のイタリア旅行では絶対にヴェネツィアにも行こうよ!」

 

こんなシーンで使います。

覚えるフレーズの形

Volevo+動詞の原形 :~したかった

Volevoは、「Volere:~したい」という動詞の活用した形です。

 

イタリア語の動詞の活用はいっぱいありますが、

ここで覚えるのは過去形のみ。

 ※「過去形」は正しいイタリアの文法用語では「直接法近過去」と言います。

 

現在形(直接法現在)の形はこちらの記事でご紹介しています。

ご興味があれば、こちらもどうぞ♪

「~したいです」Voglio+動詞の原形【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

 

イタリア語の動詞は、主語に合わせて動詞が変形=活用します。

これは「覚える」しかないので、何回も読んだり書いたりして覚えます。

主語 volere の近過去形(直接法近過去)
io 私 volevo (ヴォレーヴァ)
tu 君、あなた volevi (ヴォレーヴィ)

lui 彼

lei 彼女

Lei 貴方、あなた

voleva (ヴォレーヴァ)
noi 私たち volevamo (ヴォレヴァーモ)
voi あなたたち volevate (ヴォレヴァーテ)
loro かれら volevano (ヴォレーヴァノ)

 

基本フレーズの「(私は)ヴェネツィアに行きたかった」は、

Volevo+動詞の原形(andare:行く)+「a Venezia :ヴェネツィアに」

→Volevo andare a Venezia. 

(私は)ヴェネツィアに行きたかった

ステップアップ1 基本フレーズの形を使った他の「例文」も見てみよう!


sasint / Pixabay

Volevo andare al mare

 (ヴォレーヴォ アンダーレ アル マーレ)

(僕は)海に行きたかった。

Volevamo bere il vino. 

 (ヴォレヴァーモ ベーレ イル ヴィーノ)

(私たちは)ワインを飲みたかった!

 

bere :飲む

vino :ワイン

ステップアップ2 「non」を付けると否定形になるよ!


Alexas_Fotos / Pixabay

Non volevo +動詞の原形 : ~したくなかった

頭に「Non(ノン)」を付けるだけで否定形が作れます!英語よりずっと簡単♪

 

Non volevo andare a Venezia. 僕はヴェネツィアに行きたくなかったんだ

 

Non volevo andare al mare.

 (ノン ヴォレーヴォ アンダーレ アル マーレ) 

僕は海に行きたくなかった。

 

Non volva andare in montagna.

 (ノン ヴォレーヴァ アンダーレ イン モンターニャ)

彼は山に行きたくなかった。

ステップアップ3 語尾に「?」を付けると疑問形になるよ!


geralt / Pixabay

Volevi andare a Venezia?

(ヴォレーヴィ アンダーレ ア ヴェネツィア?)

君は、ヴェネツィアに行きたかったの?

 

疑問形を作る時に注意することは、

文脈に合った主語を確認&正しい主語の動詞のカタチを選ぶこと。

 

Volevo andare a Venezia?

 ヴォレーヴォ アンダーレ ア ヴェネーツィア?

(私は、ヴェネツィアへ行きたかったの?)

と自分のことを人に聞くのは、一般的にはおかしな話ですよね。

 

一般的に疑問文を作る時には、

次のように疑問文にするために、主語を変更、それに伴って動詞の形を変えてあげる必要があります。

Volevo(僕は~したかった)→Volevi君は)~したかったの??

Volevamo(私たちは~したかった) →Volevateあなたたちは)~したかったの??

 

ステップアップ4 質問(疑問形)への答え方


RobinHiggins / Pixabay

Yes=Sì(シィ)、No=No(ノォ)でパシッと立場を明確にして、

基本のフレーズの形か、否定形で答えます。

Volevi andare a Venezia?

(君は)ヴェネツィアに行きたかったの?

 

 , volevo andare a Venezia.

  (シィ、ヴォーリョ アンダーレ ア ピエディ)

 うん、ヴェネツィアに行きたかったの。

 

 No, non volevo andare a Venezia.

  (ノォ、ノン ヴォーリョ アンダレ ア ピエディ)

 いいえ、ヴェネツィアに行きたくなかったよ。

ステップアップ5 あなたのオリジナルフレーズを作ってみよう!


StockSnap / Pixabay

基本のフレーズの形を活用して、

あなたの日常生活で使える、

または

あなたがイタリア語の日常会話を使いたい目的で使える、

あなたのオリジナルフレーズを1つ作ってみましょう!!!

 

Volevo+動詞の原形 :~したかった

 

Volevo giocare di più!
 (ヴォレーヴォ ジョカーレ ディ ピュ)
もっと遊びたかった!

 

Volevo dire che vi amo, amore miei!
 (ヴォレーヴォ ディーレ ケ ヴィ アーモ、アモーレ ミエイ!)
僕が言いたかったのは、僕は君たちを愛してる!ってことだよ、僕のアモーレたち!

 

Volevate imparare  il giapponese?
 (ヴォレヴァーテ インパラーレ イル ジャッポネーゼ?)
あなたたちは、日本語を勉強したかったのですか?

 

作りたいフレーズの単語が分からない場合は、

とりあえずGoogle翻訳を活用するか、

お手元のテキストや辞書を活用するか、

このブログで紹介している単語などを活用してみてください♪

 

【イタリア語日常会話チャレンジ】バールで店員さんと会話する!挨拶×注文×支払

イタリア語オリジナル「簡易単語帳」とおすすめオンライン辞書

イタリアのバールやカフェでトイレに行く方法

イタリアのバールやカフェでトイレに行くときにたまに遭遇する2つの難関を突破する方法

【まとめ】色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語

独学でイタリア語を勉強する!【おすすめ学習方法・コツ・教材・アドバイスまとめ】

 


質問やご意見、今後の記事に対するリクエストなどありましたら、

お気軽にご連絡くださいませ♪

 

Twitterの質問箱からご連絡頂いても大丈夫です!!!

イタリア語カテゴリの最新記事