Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「~するところです」Sto+ジェルンディオ【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

「~するところです」Sto+ジェルンディオ【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

今日のフレーズは、

「~するところです」Sto+ジェルンディオ

今これから行おうとしている行為、もうすぐ行う行為を表現する時に使うフレーズです。

 

旅行や日常生活で使えるフレーズなので、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

Sto+ジェルンディオは、「現在進行中であることを表現」することもできます!

(中学英語で習った、現在進行形というやつですな!)

現在進行中のであることを表現するフレーズについて詳しく知りたい場合はこちらをご覧くださいませ♪

「~しているところです」Sto+ジェルンディオ【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

基本フレーズ

pixel2013 / Pixabay

Sto arrivando!

(スト アリヴァンド)

もうすぐ到着するよ!/今向かってるよ!

 

待ち合わせ時間にちょっと遅れちゃった!

あなたが待ち合わせの時間になっても現れないので、心配した待ち合わせ相手はあなたに電話をしてきます。

 

「Pronto? Ciao, Ayetta! Dove sei?(プロント.チャオ アイエッタ.ドヴェ セイ)
:もしもし。チャオ、アイエッタ!今どこ?」

こんな感じに♪

 

あなたは、待ち合わせの場所に向かって歩いているところです!

「Ehi, ciao! Scusa per il ritardo. Sto arrivando!(エイ,チャオ.スクーザ ペル イル リタルド.スト アリヴァンド)
:おっ、やあ!遅れてごめんね。もうすぐ到着するよ!

という風に答えることができます!

覚えるフレーズの形

Sto+ジェルンディオ :~するところです

【サクッと解説】

Stoは、「Stare:いる、ある」という動詞を活用した形です。

 

イタリア語で、今もしくはもうすぐ行う行為を表現するには

「Sto+~nd」という形で表現します。

 

動詞の「~nd」という形を、イタリア語の文法用語で「ジェルンディオ【Gerundio】」と言います。

 

Stareの現在形の活用動詞のジェルンディオについて詳しく知りたい方は、
こちらの記事の「覚えるフレーズの形」の章をご覧ください。

「~しているところです」Sto+ジェルンディオ【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】

ステップアップ1 基本フレーズの形を使った他の「例文」も見てみよう!


sasint / Pixabay

Sto prendendo l’autobus.

 (スト プレンデンド ラアウトブス)

今、バスに乗るところだよ。

 

prendere :(乗り物に)乗る

※主語はio(私)なので「Sto+ジェルンディオ(prendere→prendendo)」

Sto venendo da te. 

 (スト ヴェネンド ダ テ)

今、君のところに到着するよ!

 

venire :来る、行く

※主語はio(私)なので「Sto+ジェルンディオ(venire→venendo)」

Sta partendo l’aereo.

 (スタ パルテンド ラエーレオ)

飛行機はもうすぐ出発します。

 

partire :出発する

aereo :飛行機

※主語の飛行機:”aereo”は男性名詞なので、主語の代名詞はlui(彼)になります。
 なので、「Sta+ジェルンディオ(partire→partendo)」

ステップアップ2 「non」を付けると否定形になるよ!


Alexas_Fotos / Pixabay

Non sto+ジェルンディオ :~するところではありません

頭に「Non(ノン)」を付けるだけで否定形が作れます!英語よりずっと簡単♪

 

Non sta partendo l’aereo.

 (スタ パルテンド ラエーレオ)

飛行機はまだ出発するところではありません。

 

待ち合わせの場所に遅刻して、待ち合わせ相手から電話をもらった場合をイメージしてみましょう。

「今どこなの?もう着く?」

「遅れてごめん。あと30分くらいかかるんだ!」

という場合もありますよね…。

 

この場合に

「Sto arrivando!(スト アリヴァンド)」というと、

「今向かっているよ!」という現在進行中の行為を表す言葉としてはOKですが、

「もうすぐ到着する」とは言えませんね。

 

この場合はもう少し情報を付けると丁寧ですね。

Sto arrivando! Ma ci vuole ancora 30 minuti…Scusa mi…
(スト アリヴァンド.マ チヴォーレ アンコーラ トレンタ ミヌーティ…スクーザ

:今向かっているよ!でも、あと30分くらい(到着するまでに)かかるんだ。ごめんね。

 

ancora :まだ

ci vuole~ :~くらいの(時間・量・ものが)必要だ

Scusa mi :ごめんね、ごめんなさい

 

まだその行為が行われる状態にない、と言う場合は、

「Sto +ジェルンディオ」を現在形【直接法現在】の形に戻してから、

否定形にする「non」を付けるほうが自然な表現になります。

先ほどと同様に、

待ち合わせの場所に遅刻して、待ち合わせ相手から電話をもらった場合をイメージしてみましょう。

 

「今どこなの?もう着く?」

「ごめん、まだ30分くらいは到着できない。」

 

①「Sto arrivando!」を現在形【直接法現在】の文にします →Arrivo.(アリーヴォ):到着する

②否定形にします →Non arrivo.(ノン アリーヴォ):到着しません。

③より丁寧に表現するために、補足情報を追加します。 →Scusa mi, non arrivo ancora 30 minuti.

 

Scusa mi, non arrivo ancora 30 minuti.

(スクーザ ミ、ノン アリーヴォ アンコーラ トレンタ ミヌーティ)

ごめんね、まだ30分(くらい)は到着できないよ。

 =ごめんね、あと到着までにあと30分くらいかかるんだ。

ステップアップ3 語尾に「?」を付けると疑問形になるよ!


geralt / Pixabay

Stai arrivando?

(スタイ アリヴァンド)

あなたは、もう到着しますか?

 

疑問形を作る時に注意することは、

文脈に合った主語を確認&正しい主語の動詞のカタチを選ぶこと。

 

Sto arrivando?

(スト チェルカンド ウン ペンシエリーノ ペル ラ ミア ファミーリア)

私はもうすぐ到着しますか?

と自分のことを人に聞くのは、一般的にはおかしな話ですよね。

 

一般的に疑問文を作る時には、

次のように疑問文にするために、主語を変更、それに伴って動詞の形を変えてあげる必要があります。

Sto +ジェルンディオ(僕は~するところです)→Stai +ジェルンディオ君は~するところですか)?

Stiamo +ジェルンディオ(私たちは~するところです) →State +ジェルンディオあなたたちは~するところですか)?

 

フィレンツェに向かう電車の中で、もうすぐフィレンツェ中央駅(サンタ・マリア・ノヴェッラ駅)に到着するはず!

という時、隣の乗客の人や、電車の車掌さんなどにこんな風に確認することができます。

 

Stiamo arrivando alla Santa Maria Novella della Firenze?

(スティアーモ アリヴァンド アッラ サンタ・マリア・ノヴェッラ デッラ フィレンツェ)

もうすぐフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着しますよね?

 

Sì, arriviamo fra 10 minuti!

(シー、アリヴィアーモ フラ ディエチ ミヌーティ)

:ええ、あと10分ほどで到着しますよ!

 

などと返事がかえってくれば、安心してくださいね!

でも、安心し過ぎて、降りる駅を寝過ごしたりしないようにご注意くださいね!( ´艸`)

ステップアップ4 質問(疑問形)への答え方


RobinHiggins / Pixabay

Yes=Sì(シィ)、No=No(ノォ)でパシッと立場を明確にして、

基本のフレーズの形か、否定形で答えます。

Sta partendo il treno per Milano?

(スタ パルテンド イル トレーノ ペル ミラノ)

 ミラノ行きの電車は、もうすぐ出発しますか?

 

 

 ,  parte alle 10.

  (シィ、パルテ アッレ ディエチ)

 はい、10時に出発します。

 

 No, non parte ancora. E’ 1 ora in ritardo.

  (ノォ、ノン パルテ アンコーラ. 1時間遅れています。)

 いいえ、まだ出発しません。1時間ほど遅れています。

ステップアップ5 あなたのオリジナルフレーズを作ってみよう!


StockSnap / Pixabay

基本のフレーズの形を活用して、

あなたの日常生活で使える、

または

あなたがイタリア語の日常会話を使いたい目的で使える、

あなたのオリジナルフレーズを1つ作ってみましょう!!!

Sto+ジェルンディオ :~するところです

 

Sto facendo la doccia!
 (スト ファチェンド ラ ドッチャ)
もうすぐシャワーをします!

 

Sto uscendo dal’ufficio.
 (スト ウシェンド ダルフィーチョ)
もうすぐオフィスを出ます。

 

 

Stiamo mangiando tra poco!
 (スティアーモ マンジャンド トラ ポコ)
もうすぐ食べ(られ)るよー。

 

作りたいフレーズの単語が分からない場合は、

とりあえずGoogle翻訳を活用するか、

お手元のテキストや辞書を活用するか、

このブログで紹介している単語やフレーズなどを活用してみてください♪

 

イタリア語オリジナル「簡易単語帳」とおすすめオンライン辞書

【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】まとめ

【まとめ】色んなネーミングで使える!可愛いイタリア語

独学でイタリア語を勉強する!【おすすめ学習方法・コツ・教材・アドバイスまとめ】

【イタリア語日常会話チャレンジ】バールで店員さんと会話する!挨拶×注文×支払

【イタリア語日常会話チャレンジ】SNS/SMSのグループチャットで会話する!久しぶり×待ち合わせ×約束×挨拶

質問やご意見、今後の記事に対するリクエストなどありましたら、

お気軽にご連絡くださいませ♪

 

Twitterの質問箱からご連絡頂いても大丈夫です!!!

イタリア語カテゴリの最新記事