Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

<独学でイタリア語>「私は〜です」テキスト1冊徹底活用法!#2-2(応用編)

<独学でイタリア語>「私は〜です」テキスト1冊徹底活用法!#2-2(応用編)

使うことを前提としてイタリア語を学習するなら、フレーズ学習がおすすめ!

フレーズ学習で、おすすめの1冊を徹底活用したイタリア語学習企画!

この1冊でどのくらい話せるようになるか?!

使えるイタリア語を楽しく学びたいのために、

テキスト1冊を徹底的に活用する方法を、

応用範囲の可能性やイタリア雑学を織り交ぜて、ご紹介します。

 

たったの72パターンでこんなに話せるイタリア語会話

Ayettaがイタリア語のフレーズ学習でおすすめする一冊は

「たったの72パターンでこんなに話せるイタリア語会話」です。

 

この企画は、こちらのテキストをベースに行います。

このレッスンは「<独学でイタリア語>「私は〜です」テキスト1冊徹底活用法!#2-1(基本編)」の続きの「応用編」です。基本編をご覧になりたい方はこちらから。

基本の復習

今日の基本フレーズ

Sono una studente.(ソノ ウナ ストゥデンテ)

私は学生です。

Sono una studente.(ソノ ウナ ストゥデンテ)というフレーズで覚えるのは、

Sono 〜(ソノ 〜) 私は〜です。 という意味です。

「Sono 〜(ソノ〜):私は〜です。」

自己紹介など自分のことを相手に伝える、コミュニケーションの基本のフレーズです。

基本のパターンで言ってみよう。

出典:medicitalia.it

テキストでは、基本パターンを使った6つのフレーズが紹介されています。

Sono impegnato! :僕は忙しい!

Sono giapponese. :僕は日本人です。

Sono stanca. :私は疲れたわ。

Sono io!:僕だよ!

Siamo di Roma:僕たちはローマ出身だよ。

Siamo appassionati della cultura italiana.:僕たちはイタリア文化が大好きです。

今日の基本フレーズの文法ポイント

Sono + 名詞・形容詞(単数)

Siamo + 名詞・形容詞(複数)

Sono と Siamo

Sono(ソノ)、Siamo(シアモ)、è (エ)は、全てessere(〜です)という動詞の形が変化したものです。

動詞essere(エッセレ)の活用

「人称代名詞」と「動詞essere」の活用の覚え方は簡単3ステップ

「人称代名詞」と「動詞essere」の活用の覚え方3ステップ

●ステップ1 

 「私、あなた、彼、彼女、貴方、私たち、あなたたち、彼ら」を順番通りに覚える

●ステップ2 

 「io sono、tu sei、lui è、lei è、Lei è、noi siamo、voi siete、loro sono」を順番通りに覚える

●ステップ3 

 ステップ2を唱えながら、下の表を書いてみる

単数と複数

Sono + 名詞・形容詞(単数)

Siamo + 名詞・形容詞(複数)

イタリア語は、主語が単数か複数かによって名詞も形容詞も単数形、複数形と形を変えます。

基本編を復讐されたい方はこちらをどうぞ。

基本はOK!という方は、このまま一緒に応用編に進みましょう!

*基本が「完璧(100%詳細まで理解している)」じゃなくても、「大体OK」=60%〜70%は分かったな、くらいなら応用編のインプットに入ってOKです。

ポイントは、モヤっとしているところ、良くわからないところを納得がいくまで復讐することです。学びを進める中で理解できることもありますしね。

でもずっと残っているようだと、そこは集中的に学習し直した方が、精神衛生上も言語学習の効率としても良いかと思います。

質問などあればどうぞコメント欄でご連絡くださいませ。

チャレンジ!応用編

調子に乗って第2回目レッスンの今回は、3つのチャレンジを提供します!

初回レッスン「Questo è 〜(クエスト エ):これは〜です。」では、否定形と疑問形の2つの表現にチャレンジしました。

今回の「Sono〜(ソノ):私は〜です」では、初回同様の否定形と疑問形に加えて、過去形の表現にチャレンししてみましょう!

前回のチャレンジと同じで、否定形と疑問形はとっても簡単です。サラッと行きましょう。ちょっとレベルが上がるのが、過去形です。これもガッツリ構えるほどではありませんが、少し丁寧に説明しますね。

では、応用編を始めましょう!

チャレンジ1 否定パターン(私は〜じゃないよ)

 Non+sono + 名詞・形容詞(単数)

 Non+siamo + 名詞・形容詞(複数)

否定形の作り方は超簡単です!基本の形に「non(ノン)」をつけるだけです。

「non」を付ける場所は、Sonoの前、Siamoの前

 

チャレンジフレーズ①

Non sono uno studente.(ノン ソノ ウノ ストゥデンテ)

僕は学生じゃないよ。

チャレンジフレーズ②

Non siamo degli studenti.(ノン シアモ デッリ ストゥデンティ)

僕たちは学生じゃないよ。

簡単!

だけど、なんかuno studente が degli studentiと変化するのが意味わかんらない!気持ち悪い。。。

という方は、イタリア語の文法書で定冠詞を調べて読んでみることをオススメします。

イタリア語を独学する初心者におすすめの文法書「あなただけのイタリア語家庭教師」。マルコ先生に聞いてみて下さい。

あなただけのイタリア語家庭教師

この文法書がおすすめな理由が気になる方はこちらの記事をどうぞ。

 

そのまま覚えればいいんだな!と素直に受け入れられちゃう方は、今はそのまま覚えておけばOKです。

そのまま覚える派の方のために、そのまま覚えられるように全4種類をご紹介しておきます。

①主語が男性1人(僕、俺、私)の場合

Non sono uno studente.(ノン ソノ ウノ ストゥデンテ):僕は学生ではありません。

 

②主語が男性2人以上(僕たち、俺たち、私たち)の場合

Non siamo degli studenti.(ノン シアモ デッリ ストゥデンティ):僕たちは学生ではありません。

 

③主語が女性1人(私)の場合

Non sono una studentessa.(ノン ソノ ウナ ストゥデンテッサ):私は学生ではありません。

 

④主語が女性2人以上の(私たち)の場合

Non siamo delle studentesse.(ノン シアモ デッレ ストゥデンテッセ):私たちは学生ではありません。

 

では、問題です!

男性と女性が混ざったグループで、「僕たち、私たち」という場合はどうなるでしょうか?

 

答えは、②主語が男性2人以上(僕たち、俺たち、私たち)の場合と同じです。

Non siamo degli studenti.(ノン シアモ デッリ ストゥデンティ):僕たちは学生ではありません。

この変形は、否定形の時だけでなく、肯定文(Sono〜:私は〜です)、疑問形の時も同じように使えます!

学生が〇〇になったらどうなるの?など質問があれば、コメント欄にてお問い合わせくださいね♪

チャレンジ2 疑問パターン(あなたは〜ですか?)

 Sei + 名詞・形容詞(単数)?

 Siete + 名詞・形容詞(複数)?

「Sono〜:私は〜です」の疑問形の練習をする時に、注意したいのは使うシーンをイメージすること。

 

疑問形は基本的には、基本の文の後ろに「?」を付けて、語尾を上げて発音すればOKですが、

「Sono una studentessa?:私は学生ですか?」ってフレーズ使うシーンはあまりないですよね(笑)

 

大抵の場合、あなたに対して、またはあなたたちに対して、聞かれて、答えるのが自然なパターンですよね。

そこで思い出して欲しいのは、前回のレッスンで覚えた動詞essereの活用表

主語が1人の時は、相手に対しては「Tu sei(トゥ セイ):あなたは〜です」を使います。

主語が2人以上の時は、相手に対しては「Voi siete(ヴォイ シエテ):あなたたちは〜です」を使います。

 

チャレンジフレーズ③

Sei uno studente?(セイ ウノ ストゥデンテ)

あなたは学生ですか?

チャレンジフレーズ④

Siete degli studenti?(シエテ デッリ ストゥデンティ?)

あなたたちは学生ですか?

やっぱり簡単ですね!

質問されたら答えましょう。

答え方は、「はい」か「いいえ」の2パターンです。

<質問>

Sei uno studente?(セイ ウノ ストゥデンテ):あなたは学生ですか?

<回答>

Sì, sono uno studente.(シィ、ソノ ウノ ストゥデンテッセ):はい、僕は学生です。

 

No, non sono uno studente.(シィ、ソノ ウノ ストゥデンテッセ):いいえ、僕は学生ではありません。

「はい」と答えるときは、基本のパターンの前にSì(シィ):はいをつけるだけです!

「いいえ」と答えるときは、否定形のパターンの前に「No(ノー):いいえをつけるだけです。

否定形と同じく、疑問形も簡単です!

チャレンジ3 過去形(私は〜でした。)

 Sono stato/a + 名詞・形容詞(単数).

 Siamo stati/e + 名詞・形容詞(複数).

「Sono〜:私は〜です」の過去パターンは、基本パターンの「Sono→Sono stato/a」「Siamo→Siamo stati/e」に変えるだけです。

チャレンジフレーズ⑤

Sono stato impegnato ieri.(ソノ スタート インペニャートイエリ)

僕は昨日、忙しかった。

チャレンジフレーズ⑥

Siamo stati impegnati ieri.(シアモ スターティ インペニャーティイエリ)

僕たちは昨日、忙しかった。

主語が女性単数の場合は、

Sono stata impegnata ieri.(ソノ スタート インペニャートイエリ)

私は昨日、忙しかった。

 

主語が全員女性で複数の場合は、

Siamo state impegnate ieri.(シアモ スターテ インペニャーテイエリ)

私たちは昨日、忙しかった。

チャレンジ!応用パターンで言ってみよう!

出典:medicitalia.it

テキストでは、応用パターンを使った3つのフレーズが紹介されています。

Non sono sicuro. : 確かではないです。

Sei guarito? :体調は良くなった?

Siamo stati fortunati. :僕たちはラッキーだった。

Non sono sicuro.(ノン ソノ シクーロ) : 確かではないです。

道を聞かれたり、飛行機、電車、バスなどの情報を聞かれて、答えてみたものの、確実な情報かどうか分からない時などに使えます。

何かを尋ねられたけど、分からない時などは「Non lo so!(ノン ロ ソ!):わかりません!」とスッパリ答えた方がいいです。

「たぶんね」くらいの軽い感じで不確かなことを伝えたいときは、「Magari…(マガーリ):たぶんね」とふわっと伝えることもできます。

 

Sei guarito?(セイ グアリート) : 体調は良くなった?

体調が悪いと言っていた相手に、翌日などに「具合はどう?」と聞く時に使えます。実際に会って直接尋ねるときにも使えますが、WhatsappなどのスマホメッセージやEメールなどでメッセージを送る時にも使えます。

Sei guarito?は相手が男性の時の言い方、尋ねる相手が女性の場合は、Sei guarita?(セイ グアリータ):体調は良くなった?と言います。

 

Siamo stati fortunati.(シアモ スターティ フォルトゥナーティ) : 僕たちはラッキーだった。

自分たちめっちゃツイテル!ということですね。

ホテルが無料で部屋をグレードアップしてくれた!お店で値引きしてくれた!超人気のレストランで食事した!人気ホテルが格安で予約できた!

人気のホテルを安価に予約するには、1つの予約サイトだけで決めるのではなく、色んな予約サイトを比較するのがオススメです。のっぽさん&Ayettaは旅行でホテルを予約する際には、必ず1回はtribagoもチェックします。同じサービスを受けるなら、お得な方がいいので♪

ホテル予約の比較をする際は、ホテル名と価格だけでなく、部屋のレベルやサービス、条件なども合わせて比較しないと本当にお得かどうかわかりませんので、利用される際にはご注意くださいね!

色んなラッキーがあるたびに、Siamo fortunati! のフレーズをぜひ使ってみてくださいね!

「Sono〜(ソノ〜):私は〜です」(応用編)まとめ

今日のパターン「Sono 〜(ソノ〜):私は〜です。」基本フレーズは

Sono una studente.(ソノ ウナ ストゥデンテ)

私は学生です。

でした。

応用編では、3つのチャレンジパターンをご紹介しました。

チャレンジ1 否定パターン(私は〜じゃないよ)

 Non+sono + 名詞・形容詞(単数)

 Non+siamo + 名詞・形容詞(複数)

否定形の作り方は超簡単です!基本の形に「non(ノン)」をつけるだけです。

「non」を付ける場所は、Sonoの前、Siamoの前

 

チャレンジフレーズ①

Non sono uno studente.(ノン ソノ ウノ ストゥデンテ)

僕は学生じゃないよ。

チャレンジフレーズ②

Non siamo degli studenti.(ノン シアモ デッリ ストゥデンティ)

僕たちは学生じゃないよ。

 

チャレンジ2 疑問パターン(あなたは〜ですか?)

 Sei + 名詞・形容詞(単数)?

 Siete + 名詞・形容詞(複数)?

主語が1人の時は、相手に対しては「Tu sei(トゥ セイ):あなたは〜ですを使って、疑問パターンを作ります。

主語が2人以上の時は、相手に対しては「Voi siete(ヴォイ シエテ):あなたたちは〜です」を使って、疑問パターンを作ります。

 

チャレンジフレーズ③

Sei uno studente?(セイ ウノ ストゥデンテ)

あなたは学生ですか?

チャレンジフレーズ④

Siete degli studenti?(シエテ デッリ ストゥデンティ?)

あなたたちは学生ですか?

 

チャレンジ3 過去形(私は〜でした。)

 Sono stato/a + 名詞・形容詞(単数).

 Siamo stati/e + 名詞・形容詞(複数).

「Sono〜:私は〜です」の過去パターンは、基本パターンの「Sono→Sono stato/a」「Siamo→Siamo stati/e」に変えるだけです。

チャレンジフレーズ⑤

Sono stato impegnato ieri.(ソノ スタート インペニャートイエリ)

僕は昨日、忙しかった。

チャレンジフレーズ⑥

Siamo stati impegnati ieri.(シアモ スターティ インペニャーティイエリ)

僕たちは昨日、忙しかった。

 

基本のパターンを使ったフレーズを3つご紹介しました。

Non sono sicuro. : 確かではないです。

Sei guarito? :体調は良くなった?

Siamo stati fortunati. :僕たちはラッキーだった。

今日の基本編のレッスンは以上です。

次回は「<独学でイタリア語>「〜します」テキスト1冊徹底活用法!#3」をお届けします。

初回のレッスン「<独学でイタリア語>「これは〜です」テキスト1冊徹底活用法!#1」をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

各レッスンは、1本〜2本の記事にまとめたバージョンと、基本フレーズ編、基本文法編、応用編とレベルや学習目的ごとに分けたバージョンがあります。

レッスンごとにあなたの学習しやすいものをご活用くださいませ。

レッスンに関する質問やご要望、その他何でもリクエスト・コメント・質問がございましたら、コメント欄にてご連絡くださいませ。よろしくお願い致します。

イタリア語カテゴリの最新記事