Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英語やイタリア語…外国語をしゃべれるようになりたい!を叶えるための5つのポイント!

英語やイタリア語…外国語をしゃべれるようになりたい!を叶えるための5つのポイント!

英語やイタリア語など、外国語をしゃべれるようになりたい!と思っているけど、

なかなか思うように結果が出せなくて、悩んでいる人は多いですよね。

 

 

60代の母が数年前に英会話のレッスンを始めました。

イタリア人と結婚した娘、イタリアに義理の息子、孫、親戚ができた!ので…

イタリア語はハードル高すぎるけど、せめて英語で会話できるようになりたいっ!!!と考えたのがきっかけなんだそうです。

60代で新しいことにチャレンジする母、カッコイイ!と思います☆(⋈◍>◡<◍)。✧♡しかも私たちのためにありがとう!!!

 

ところが、1年ほどオンラインレッスンを続けるものの、なかなか話せるようにならないと、

最近ではすっかり自信を喪失している模様…。

どんな感じか聞いてると、

この1年、一番苦戦しているのが苦手な発音ができるようになること!(具体的にはZとかLとかRとか)

 

どうやら大きな夢を描いて、学習を始めたものの、

小さな挫折を積み重ね過ぎて、心が折れて、やる気を失いつつあるようです。

もったいなさ過ぎるっ!!!

 

そこで、私の母のように、

何か目的があって、英語など

外国語を学習しているけど、なかなか成果が悩んでいる方に向けて、

 


Bellezza87 / Pixabay

外国語がしゃべれるようになる!を叶えるための5つのポイントをご紹介します!

 

レッスンを受けてる、勉強頑張ってる!のに…なかなか喋れるようにならない…

むしろ上達が感じられない…

自分にはセンスがないのかも…

 

外国語学習中だけど心が折れそうになっている方、

あなたの貴重なお時間をほんの少し使って、最後まで読んで頂きたです。

 

少しでもあなたの悩みを解消するお役に立てれば嬉しいです!

もしよかったら、続きをどうそ♪

外国語が話せるようになりたい!を実現するための5つのポイント!


NRThaele / Pixabay

まず、これからご紹介する5つのポイントは、

外国語の学習をしなくてもしゃべれるようなるよ!みたいな、魔法ではありません!

 

英語やイタリア語など「外国語を話せるようになる」とはあなた自身、そのための努力をするのもあなたです。

 

ただ、ガムシャラにとにかく努力すれば成果が出るか、というと、それはノーです。

想像してみて下さい。

英語やイタリア語を話せるようになりたい!と思って、

ずっと毎日1時間ABC…とアルファベットを1年間書き続けた!スゴイ努力ですよね!

でも話せるようになるでしょうか? 

なるわけないですね…(;^_^A

英語を話したいなら、単語やフレーズを覚えたり、使う練習をしたりする必要があります。

 

一度も料理したことない人が、料理上手になるっ!と

毎日レシピ本を30分読むことを1年間続けただけでは、料理上手にはなりません。

実際にレシピに従って料理してみて、うまくできたり、できなかったり…を繰り返して、

毎日料理していれば、1年も続ければ、それなりに何でも作れるようになりますよね。

 

「〇〇できるようになる!」っていう結果を出すのは、情熱やセンスじゃなくて、具体的な行動!

行動は、実際に「〇〇できるようになる!」を実現するために必要な行動をする必要があります。

 

英語やイタリア語など「外国語が話せるようになりたい!」を実現するために、どんな行動をしたらいいのか、

それを5つのポイントにまとめました。

 

目標に応じて、目標達成に必要な具体的な行動は変わるので、

あなたがあなたの到達したい「外国語が話せる!」レベルに達成するための行動をお伝えすることは、

私にはできません。

あなたの目標を達成するための行動は、あなたが決めて頂く必要があります。

 

でも!!!!

 

あなたが到達したい

「外国語を話せる!」を実現するためのあなたの行動を決める時の4つのポイント

を紹介することができます!

 

この5つのポイントを考慮して、チャレンジすれば、

あなたが達成したい「外国語を話せる!」を実現する可能性はぐっと高まるはずですよ!

 

では、具体的に「外国語を話せる!」を実現するための4つのポイントを見ていきましょう♪

「外国語を話せる!」を実現するための5つのポイント

1 達成可能な近い未来の目標を設定する!

2 目標を習慣に変換する!

3 できる条件を探す!

4 行動の引き金を決める!

5 成長を実感する工夫をする!

1 達成可能な近い未来の目標を設定する!


Tama66 / Pixabay

「英語がぺラぺラにしゃべれるようになる!」と目標設定して、

「よーし、毎日1時間英語を勉強しよ!」なんて学習してませんか?

 

大きすぎる目標はいつどうやって達成できるか分からないですよね…

その目標を達成するための具体的なステップ(自分の成長過程)がしっかりイメージできるなら、まぁまだいいと思いますが、

私もそうだったんですが、大きすぎる目標を掲げる人は、

大抵、ゴールイメージは描けるけど、

それを達成する過程がブラックボックス…どうやってそこに辿り着くかが分かってないことが多いです…。

 

毎日1時間英語を勉強すれば、1年後にはある程度英語をしゃべれるようになってる!

とか思ってたり…( ̄▽ ̄;)

じゃあ、具体的に1時間何をする?1週間でどのくらい何ができるようになってる?1か月後、3か月後は?

やってみて、実際にそうなってる?

 

ふわっとした大きな最終ゴールを設定するのはOKなんですが、

目標は、近い未来に達成可能な目標を立てるのがおすすめです!

 

具体的な目標設定方法については、こちらを参考にしてください♪

意思の弱い人の目標の立て方!行動は具体的に!目標は幅を持たせて曖昧に!

2 目標を習慣に変換する!


andremsantana / Pixabay

近い未来に達成できそうな目標を設定したら、

次はそれを達成するための具体的な行動を決めますよね。

 

「毎日1時間英語を勉強する!」っていうのは行動を設定したとは言いません!

 

目標を達成するための行動は、具体的に、どう習慣化するかを考えて決めるのがおすすめです!

「隙間時間に英語を勉強する!」

なら、毎日どんな隙間時間があるのか?考えてみます。

 

朝起きて、顔を洗ったら、昨日覚えたフレーズを1つ言ってみる! (1分)

朝食を作っている時に、目に入る野菜や調理道具、食器などを英語で言ってみる!(15分)

通勤中に、電車に乗ったら、問題を5つ解く!(20分)

ランチタイムに、ご飯を食べ終わったら、通勤中に間違えた問題を見返して、ノートにメモをする。(15分)

夜寝る前に、パジャマに着替えてから、3つ新しいフレーズを覚える!(14分)

例えば、↑こんな感じで隙間時間を使って1時間の勉強時間が確保できたりします♪

 

ポイントは、

目標を達成するための具体的な行動を「習慣にする」ことです。

 

毎日1時間の勉強時間を作ろう!とか言ってると、

できる日もあれば、できない日もあるし、

できないと落ち込みます…

成果が実感できないと、毎日1時間勉強するって決めたのにやってないからだ…と自分を責めたりします。

 

習慣になると、やるぞ!と思わなくても、当たり前にやれるようになります!

朝起きたら、トイレに行く、顔を洗う、服を着替える…など気合入れなくてもできますよね。

これを目指すんです!!!

 

「外国語が話せるようになる!」といった目標を実現するためには、

できるだけ毎日学習を続ける方が大事なので、

それを習慣化するためには、ガッツリやる時間をまとめて取るより、

日常生活の中で習慣化する行動に落とし込むのがおすすめです!

3 できる条件を探す!


poppicnic / Pixabay

近い未来に達成できそうな目標を設定して、それを達成するための具体的な行動を決めてやってみたけど、

決めたことができない…と落ち込むこともありますよね。

 

そんな時は、できる時とできない時は何が違うのか?考えてみてください。

例えば、次の2つの行動ができない日があるとします。

朝起きて、顔を洗ったら、昨日覚えたフレーズを1つ言ってみる! (1分)

朝食を作っている時に、目に入る野菜や調理道具、食器などを英語で言ってみる!(15分)

 

Q:どんな時はできて、どんな時はできないのかな?何が違うのかな?

A:朝6時半前に起きた時はできるけど、6時45分くらいまで寝ちゃった日はできないな…

!:朝は6時半に絶対起きれるように、6時15分~30分に起きるようにしよっ!

 

思ったような成果が出ない時、

わたしたちは、「なんでできないんだろう?」と考えがち。

でも、「なんで?」とか言い出すと、

自分の意思が弱いとか、朝が苦手だからとか、できない理由を色々探して改善できなかったり、

根性や情熱に頼ろうとしたりします。

そんな不安定なものに依存すると、できたりできなかったりしますよね…(;^_^A

 

「どうやったらできるか?」

あなたの悩みの突破口は、この一言を使って見つけることができますよ!

 

どうせ頭を使うなら、なんでできないかより、どうやったらできるかを考えてみて下さい!

根性論や情熱ではなく、実際の自分の過去の行動&実績に基づく、「条件」を探すのがポイントです!

4 行動の引き金を決める!


422737 / Pixabay

実は、すでにサラッと紹介しちゃったのですが、ちゃんと説明しますね!

 

近い未来に達成できそうな目標を設定して、それを達成するための具体的な行動を決める時に、

行動の引き金、つまりやりたい行動の前に必ずやる行動を決めておくのです!

 

朝起きて、顔を洗ったら、昨日覚えたフレーズを1つ言ってみる! (1分)

朝食を作っている時に、目に入る野菜や調理道具、食器などを英語で言ってみる!(15分)

通勤中に、電車に乗ったら、問題を5つ解く!(20分)

ランチタイムに、ご飯を食べ終わったら、通勤中に間違えた問題を見返して、ノートにメモをする。(15分)

夜寝る前に、パジャマに着替えてから、3つ新しいフレーズを覚える!(14分)

↑この習慣に落とし込む5つの行動の場合、

下線を引いた文章の後半にあるのが、「やりたい行動」

文章の前半にある赤い太文字で書いたのが、「やりたい行動の前に必ずやる行動」、つまり「行動の引き金です。

 

 

↓これはちょっと分かりにくいかもしれないので補足すると、

朝食を作っている時に、目に入る野菜や調理道具、食器などを英語で言ってみる!(15分)

朝食を作る時に、野菜や調理道具、食器が目に入ったら(行動の引き金)

「それを英語で言ってみる」!(やりたい行動)ということです!

 

 

やりたい行動の前に必ずやる行動を決めるのは、何か新しい習慣を身に付けたい時のおすすめテクニックです。

やるぞ!と意思の力に頼ると、気分や体調、その他の理由で、できたり、できなかったりするので…(;^_^A

あれをやったら、これをやる!と決めた方が、実行率がUPします!

私のように意志の弱い人にはすごくおすすめです!

5 成長を実感する工夫をする!


picjumbo_com / Pixabay

近い未来に達成できそうな目標を設定したら、それを達成するための具体的な行動を決めて、

それを愚直に実行して習慣化すれば、

行動そのものが間違っていない限り、目標に確実に一歩ずつ近づきます!

 

これは間違いない!

 

それでも自分の成長など成果が実感できないこともあります。

そんな時は、成果を実感できる工夫をするのがおすすめです!

 

成長や成果を実感できる工夫とは具体的には、記録すること。

記録するのは、やったこと、できるようになったこと、できたこと!

 

カレンダーや手帳に書き込んでもいいですし、学習ノートに記録していってもいいです。

覚えた単語をノートに書いていく、覚えた単語の数を手帳に書くとか!

できるだけやったこと、できるようになったこと、できたことが

増えていくことが実感できるように記録するのがポイント!

 

意思が弱い人、心が折れやすい人は、

「今日は勉強全然できなかった…」など、できなかったことのショックが与える影響が大きいので、

「昨日できなかったけど、今日できた!」の数を数えるのもおすすめです!

その日の目標「〇〇をやる」ができなかった…から「復活した!」数を数えるんです!

そしたら、小さな挫折や失敗も成功として数えられますよね!

 

挫折や失敗したことは数えても数えなくても、記録してもしなくてもいいです。お好きなようにどうぞ。

私は数えないし、記録しないです…凹むから!( ´艸`)

 

10個覚える!が7個しか覚えられなかった…とか

5問解く!が2問しか解けなかった…とか

中途半端な達成の時は、パーセンテージを書いたりします。%達成!とか

大抵無理のない行動を決めていれば、全くできない日でない限り、60%くらい達成できることが多いです。

自分の経験だけの話ですが…

考えてみて下さい!多くの試験(語学検定、受験など)では、6割取れれば合格ですよね!

じゃあ、60%達成は合格でいいですよね! 達成は△じゃなくて〇とします!

 

成長や成果を実感できるように、

やったこと、できるようになったこと、できたこと!記録しましょ♪

学習のモチベーション維持、継続につながるし、

記録したことが、学習そのものが成果につながるように学習方法などを工夫する材料にもなります!

まとめ

 

英語やイタリア語など、「外国語を話せるようになりたい!」と学習中の方のために、

「外国語を話せる!」を実現するための5つのポイントをご紹介しました!

 

「外国語を話せる!」を実現するための5つのポイント

1 達成可能な近い未来の目標を設定する!

2 目標を習慣に変換する!

3 できる条件を探す!

4 行動の引き金を決める!

5 成長を実感する工夫をする!

 

5つのポイントの大事なことは以下のとおりです。

 

1 達成可能な近い未来の目標を設定する!

大きな目標は挫折しやすいので、近い未来に達成可能な目標を立てるのがおすすめです!

2 目標を習慣に変換する!

「外国語が話せるようになる!」といった目標を実現するためには、日常生活の中で習慣化する行動に落とし込むのがおすすめです!

3 できる条件を探す!

「なぜできなかったのか?」より、どうやったらできるか」を考える!

根性論や情熱ではなく、自分の過去の行動や結果を振り返って、こんな時はできる!という「条件」を探すのがポイント

4 行動の引き金を決める!

やりたい行動の前に必ずやる行動を決める!

あれをやったら、これをやる!と決めた方が、実行率がUPする!

5 成長を実感する工夫をする!

成長や成果を実感できるように、やったこと、できるようになったこと、できたこと!を記録する!

 

英語やイタリア語など、外国語が話せるようになりたい!と思って頑張ってるけど、

なかなか話せるようにならない…と悩んでいる方は、

ぜひこの5つのポイントを押さえて、学習スタイルを見直してみて下さいね!

あなたの努力がきっと結果につながりますように!

応援していますっ!!!

 

英語やイタリア語など外国語を話せるようになるために、

どう勉強したらいいか…悩んでいる方は、こちらの記事もどうぞ♪

「イタリア語」の学習方法となっていますが、

英語や他の外国語学習にも十分応用できるテクニックが詰まってますよ!

イタリア語を覚えるのにおすすめな10の学習方法♪【動画あり】

本ブログでは、イタリア語が話せるようになる!ための、色んな学習教材を無料で提供しています!

もし宜しければ、あなたのイタリア語学習にご活用くださいませ♪

独学でイタリア語を勉強する!【おすすめ学習方法・コツ・教材・アドバイスまとめ】

イタリア語を独学で始める初心者に絶対オススメな1冊の本と勉強法!

【イタリア語の難しい文法をわかりやすくサクッと解説!】シリーズまとめ

<独学でイタリア語>「日常会話ができるようになる」を目指すのにオススメの本

【イタリア語で日常会話ができるようになる!フレーズ学習】まとめ

とっさの一言!イタリア語でなんて言うの?まとめ

【英語でイタリア語】日本語よりも伊語に近い英語の知識を活用して効率よく伊語をマスターする方法

【イタリア語日常会話チャレンジ】SNS/SMSのグループチャットで会話する!久しぶり×待ち合わせ×約束×挨拶

子供と一緒に歌でイタリア語♪まとめ【動画あり】

独学で「イタリア語検定3級」に合格した時の体験談【勉強法と実際に使ったテキスト・問題集・単語帳】

イタリア語カテゴリの最新記事