Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イタリア語を独学で始める初心者に絶対オススメな1冊の本と勉強法!

イタリア語を独学で始める初心者に絶対オススメな1冊の本と勉強法!

イタリア語を独学でゼロから始めたい初心者の方へ、私がイタリア語を独学でゼロから初めて3ヶ月で実用イタリア語検定3級に受かった時に使った独学初心者におすすめの本とその本を使った勉強法をご紹介します!

Ayetta

Ayettaは最初は独学で学び、ベースを作ってから日本で半年、イタリアで3ヶ月語学学校で学びました。個人的にはゼロからベースを作るまでは独学をおすすめします。

イタリア語を独学するには、モチベーションの維持テキスト選び勉強法など悩みもあると思いますが、それさえ乗り越えれば、ゼロから語学学校に行くよりも最初は独学の方がいい!と思っています。

これからイタリア語を独学でゼロから始める方のために、自分の経験を通して本気でオススメできるテキストと勉強法を紹介します!

イタリア語を独学でゼロから始める初心者に独学をオススメする理由

・自分のペースでできる

・自分にあった学校や先生を見つけるのが大変(選択肢が少ない)

・ベースを作ってから習いに行った方が学ぶスピードが速い

自分のペースでできる

独学の一番いいところは自分のペースで学習することができること。特に仕事が忙しい社会人や家事などに追われている主婦の方、定年後に余暇をのんびり過ごしながらイタリア語を学習したい方にはオススメです。逆にペースを引っ張ってほしい、他人と競争しながら学習したい、そんな人には独学はあまりオススメできません。

自分にあった学校や先生を見つけるのが大変(選択肢が少ない)

日本でイタリア語を学べる場所は、英語や中国語、韓国語などと比べると少ないんですよね。学校などの選択肢が少ない、近くにない、どこで学んでいいかよく分からない、通うための時間の都合がつかない、まずは独学でどこまでできるかやってみたい、など色んな理由からイタリア語を独学でゼロから始めたい人はいると思います。

せっかくお金を払って学ぶなら、イタリア人から学びたい!でも自分にあった先生を探すのは結構大変!比較的場所や時間を選ばずに学ぶ方法として、オンライン学習がありますが、オンライン学習を提供するイタリア人の先生は、日本語ができないことが多いので、初心者にはあまりオススメできません説明の内容がわからなくても、イタリア語で質問する能力がなくて消化不良になったりします。Ayettaが最初の頃にオンラインレッスンのお試しを受けた時はそうでした。

ベースを作ってから習いに行った方が学ぶスピードが速い

第二 言語や第三言語などに関わる能力は、基本的に受け取る能力と発する能力の2つに分かれるので、この2つに分けて学ぶのが良いと言われています。最初に受け取る能力を学んで、それから発信する能力を学ぶのが効率がいいんです。具体的に言うと、最初に受け取る能力、リーディングとリスニングをセットにして学びます。第二、第三言語の習得の場合には、リーディングとリスニングの習得のために、脳の同じ部分を使うからです。次に発信する能力、スピーキングとライティングをセットにして学びます。スピーキングとライティングをセットで学ぶ理由も同じで、脳の同じ場所を使うからです。つまり、はじめに読む&聞く学習をして、ある程度能力をつけてから、書く&話すを練習するのが、効率的な学習方法なんです。

ちょっと難しげなことをごちゃごちゃ言いましたが、つまり、自分のペースで、まずは読む&聞く学習でベースを作ってから、継続して独学でも、日本で語学学校やカフェレッスン、オンラインレッスン、留学などでも方法はその人にあったものでいいので、話したり書いたりする能力をつけていく、のがイタリア語の学習でも効率がいい方法です!

イタリア語を独学でゼロから始める初心者が最初にすべき3つのこと

・目的を明確にして具体的にイメージする

・目標を設定する

・使い切るテキストを1冊決める

目的を明確にして具体的にイメージする

 
なぜイタリア語を勉強するのか、イタリア語を学習する目的を、自分の言葉で人に説明できるくらいクリアにしておくことをオススメします。実際に誰かに説明しなくてもいいので!(笑)
 
イタリア語でも何語でもそうなんですが、言語学習って地味な作業の積み重ねです。特に最初の基礎を作る時期は、ほんっとに地味です。理解する、覚える(暗記する)、理解を深める、をひたすら繰り返すことになります。頑張って学習してると、なんでこんなことしてるんだっけ?もうやりたくないっ!ってなったりします…(Ayettaは飽きっぽいのですぐそんな気持ちになります。笑)
地味な学習の継続が辛くなった時に、あ!そうだった!このためにイタリア語勉強してるんだった!と思い出せるように、タリア語を勉強する目的を具体的にイメージして、自分の言葉で自分に説明してあげられるようにしておくのがオススメです!

目標を設定する

目標がないと人は頑張れないです。人が頑張れるのは、あとこれだけ頑張ったら、こうなる!と具体的な目標がある時です。
目標を設定する時は、頑張れば届く一番近いゴールを具体的に描くのがオススメです!こうなりたい!という遠くの最終ゴールを描いてもいいんですが、スタートからゴールまでの距離がある時は、中間ゴールをいくつか設定するとイタリア語学習のモチベーション維持に効果的です。
例えば、1ヶ月でこのテキストを一回学び切る!とか、2ヶ月でこの問題集を1回解く!とか1週間で単語を20個覚える!とかですね。
 
目標はこれができたら、次はこれ!とスモールステップで、自分の成長に合わせて目標を成長させていくのが効果的です!

使い切るテキストを1冊決める

独学の時は、色々不安になっていっぱいテキストや参考書を買いたくなるのですが、厳選した1冊を徹底的に使い切った方がいいです!理由は3つ。

  • 1冊終わらせるという具体的な目標が設定ができて、完了した時に達成感を味わえる
  • 今どれだけやって、あとどれだけ残っているかが見える
  • 迷ったりせず一本道でベースを作ることができる。

特に重要なのは最初の2つです。目標設定って結構難しいんですが、1冊終わらせるという目標はシンプルで明確です。目標達成できたかどうかもハッキリわかります!1冊終わった時の達成感は、その後イタリア語の勉強を継続する時のモチベーションにもなります!

イタリア語を独学でゼロから始める初心者向けの勉強法

・自分でノートにまとめて復習する

・最初はいっぱい聞いて読む

・聞いて読んで学んだことを、話して書く

自分でノートにまとめて復習する

イタリア語を勉強する時に1冊のテキストを使うので、そのままそこに書き込んでもいいんですが、Ayettaのオススメの勉強方法は、わからなかったことや理解が難しかったことだけノートにサクッとメモすることです。学生時代の授業の板書みたいにテキストに書いてあることをゴリゴリ書くのはオススメしません!

ノートをとるポイントは、あとで復習するためにメモをするということです。

例えば、Mangiare(マンジャーレ:食べる)の動詞の活用が覚えられなかったら、ノートには「Mangiareの動詞の活用」って書く。復習する時は、ノートのこのメモを見て、Mangiareの動詞の活用を言ってみる。復習した時に三人称の過去形だけ言えなかったとしたら、「Mangiareの動詞の活用」というメモの近くに「三人称の過去形」って書く。そうやって一つのメモに対して5回くらい復習するとよく覚えられますよ!

最初はいっぱい聞いて読む

これからイタリア語をゼロから学ぼうとしている人にとって、イタリア語は母語じゃないですよね。第二言語とか第三言語とか母語じゃない言語を学ぶ時は、最初にリスニングやリーディングのような受け取る能力を学んでから、話したり書いたりという発信する能力を学ぶのがオススメです。

イタリア語を喋りたくても、イタリア語を知らないと喋れませんよね?こんにちは!ってイタリア語で挨拶したいなら、Ciao(チャオ:こんにちは)という単語を知ってないといけない。知らない単語をどうやって知るかというと、音を聞いたり、文字を読んで知るしかないですよね。だから、イタリア語を学ぶファーストステップは、いっぱい聞いて読む!インプットです!

CD付きのテキストがあると、リスニング&リーディングをセットで学習できていいですよ!

聞いて読んで学んだことを、話して書く

いっぱい聞いて、読んで、単語やフレーズ、文法などのルールをインプットしたら、次はアウトプット、発信する番です。学んだイタリア語を発信するというのは、話したり、書いたりするってことです。

イタリア語は動詞の活用がいっぱいあったり、形容詞や名詞まで活用します。名詞によって冠詞にも種類があって、助詞と冠詞がくっついたりします。ルールが複雑で面倒臭い!でもイタリア人は子供でもそんなルールを使いこなしてるんですね。つまり、イタリア語の発信する能力(話す&書く)は、慣れです!しっかりベースをインプットしたら、話したり書いたりのアウトプットは、とにかく練習!車の運転とか、スポーツと似てますね!

イタリア語を独学でゼロから始める初心者におすすめの1冊

あなただけのイタリア語家庭教師 新版 / 菊池正和 【本】

価格:1,944円
(2018/4/17 17:41時点)
感想(0件)

Ayettaが使い倒した一冊は、国際語学社出版の「あなただけのイタリア語家庭教師」家庭教師のマルコが語り口調で教えてくれるわかりやすいテキストで、特に独学の初心者にオススメ!

この本のいいところは7つ。

  • テキストに沿った音声のCDが付いていて、リーディング&リスニングの同時学習ができる
  • レッスン形式のかたまりの章になっていて自学しやすい
  • 理解すべきかたまりごとに小テストが付いていて、理解度チェックが自分でできる
  • 巻末の動詞の活用一覧表が便利
  • テキストに出てくる単語が巻末にまとめてあるので便利
  • 架空の家庭教師マルコの語り口調で説明されていて、テキストが創り出す世界に入り込みやすい
  • 説明が無駄なくシンプルでわかりやすい

オススメの勉強法として「最初にいっぱい聞いていっぱい読む」と説明しましたが、このテキストはそれができます!まずイタリア語の音からレッスンが始まります。付属のCDで、テキストを使いながらリスニングの練習をして、書いてあることが聞き取れるようになってきたら、聞こえたとおりに発音する練習をしたり、書いてあるとおりに読んでみたり、読んだとおりに書いてみたり、聞こえたとおりに書いてみたり、スピーキングやライティングなどの発信する練習もするといいです!

このテキストのコンセプトが、マルコ先生が1人の生徒にマンツーマンでレッスンをしているとなっています。学習内容の順番は一般的なイタリア語のテキストと変わりませんが、マンツーマンレッスンというコンセプトに沿った構成になっているので、1回ずつレッスンを受けているように学べます。マルコ のキャラ設定がしっかりしていて、生徒に語りかけるような文章で、メンタルに訴えかけるメッセージなども盛り込まれていて、孤独な独学でも励まされます

巻末の付録として、動詞の活用表やテキスト内で使われる単語がアルファベット順にイタリア語&日本語でシンプルに記載されており、このテキストだけの辞書としても使えて便利です。ただし、少しずつ本当の辞書も使うようにした方が語彙力を養うには効果的です。Ayettaはイタリアに来てから紙の辞書も少し使ってましたが、重たいのと探すのが面倒なので、オンライン辞書でもいいと個人的には思っています。

オススメのイタリア語のオンライン辞書サイトはこちらの二つです。今もよく使ってます。

 テキストが一通り終わってからの利用がオススメ。伊伊辞書 HOEPLI.itのDizionario Italiano 

 英語がわかる人にはこちらもオススメ WordReference.com

独学でもイタリア語検定3級くらいは絶対できる!

独学で「イタリア語検定3級」!そんなに高い目標ですみません。でも、独学でイタリア語検定1級とかCILS C2とか言われるより現実味ありませんか?(笑)このくらいのレベルでイタリア語が楽しくなってきます。

独学でイタリア語を学ぶ楽しさ&自信を養いながら情報を集めて、語学学校に通ったり、オンラインスクールを活用するので全然OKだと思います。

イタリア語を学びたいけど、どうしようかなぁ〜と思っている人や、とりあえず始めてみたい!近くに通えるところはないし…と機会がなくて困っている人、お金を節約したい人には独学スタートがオススメです!

Ayetta

このブログでもイタリア語独学したい人に向けての情報をこれからも発信していく予定です!Ayettaと一緒にイタリア語を勉強していきましょう!

のっぽさん

イタリア語について質問や相談があれば、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。のっぽさん&Ayettaが可能な限りでお答えします!

Impariamo l’italiano insieme!

(インパリアーモ・イタリアーノ・インシエメ!:一緒にイタリア語を学んでいきましょう!)

イタリア語カテゴリの最新記事